心霊図書館」 > 「総合索引」  > 吉田作弥

他界に在る ジュリヤの音信

ウイリヤム・テイ・ステッド(W. T. STEAD)著

吉田作弥訳

凡例

一、本書は AFTER DEATH, A Personal Narrative, New and Enlarged Edition of LETTERS FROM JULIA, Amanuensis W. T. STEAD, LONDON  を訳述したものである。

一、本書の増補は ESTELLE W. STEAD 女史の序文に褐げある事情の下に成ったもので、第三編はすなわれである。

一、同女史に翻訳の許可を照会せしとき、それは先考の遺志であるとて、ただちに快諾せられたるを多謝するのである。

一、成るべく平易なる翻訳を本旨と為せしも、原文の意を出来る丈其侭そのままに訳述するには、散々漢字を使用するの避け難きこと、及び行文の欧文風に傾き易きことゝを恨むのである。先輩 松山高吉氏は国学の造詣深きは世人周知のことであるが、訳者はここの懇切な注意と助成とを厚謝するのである。

一、ステッド氏の自序は梢々しょうしょう長きに失する恐あるも、同氏はおおいこれを重要視し、かつては英国一流の大雑誌に寄せられた基礎的論証であるが故に、読者は宜しく熟読玩味せられんことを希望す。

昭和二年二月

訳者識


 

ウイリヤム・ティ・ステッド氏略伝


底本 「他界に在る ジュリヤの音信」

ウイリヤム・テイ・ステッド (W. T. STEAD) 著
吉田作弥訳
発行 警醒社書店 1927(昭和2)年5月14日


※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準じて、底本の旧字表記をあらためました。

※ エステル・ダブリウ・ステッド (ESTELLE W. STEAD)  女史の序文は、割愛してあります。

※ 「操觚者」の読み仮名は「そうこしゃ」ですが、入力者は意味のわかりやすさを考慮して本文中で「ジャーナリスト」とルビを振っています。

※ 青空文庫の推奨では、原則、原文の尊重ですが、入力者は関連情報の検索の利便を考え、底本中の「セシル・ロウズ」 を「セシル・ローズ」と表記してあります。

※ 適宜に薄い字色でルビが附けてあります。必要な場合、マウスやカーソルで選択することでルビが読みやすくなります。

※ 入力:いさお      2007年4月28日

※ 公開:新かな版     2007年5月14日〜


 

心霊図書館: 連絡先