霊界通信 小桜姫物語

七十八、神々の受持

 神々かみがみのお受持うけもちもうしましても、これはわたくしがこちらで実地じっちたり、いたりしたところを、なん理窟りくつもなしに、ありのまま申上もうしあげるのでございますから、何卒どうぞそのおつもりできいていただきます。こんなものでもいくらかみなさまのがかりになればなにより本望ほんもうでございます。

 現世げんせ方々かたがたが、なにいてもだい一に心得こころえかねばならぬのは、産土うぶすな神様かみさまでございましょう。これはつまり土地とち御守護ごしゅごあたらるる神様かみさまでございまして、その御本体ごほんたい最初はじめからどおしの自然霊しぜんれい……つまり龍神りゅうじんさまでございます。げんわたくしどもの土地とち産土様うぶすなさま神明様しんめいさま申上もうしあげてりますが、矢張やは龍神りゅうじんさま……。まれ人霊じんれい場合ばあいもあるようにお見受みうけしますが、その補佐ほさには矢張やは龍神りゅうじんさまいてられます。ドーもこちらの世界せかいのお仕事しごとは、人霊じんれいのみでは何彼なにかにつけて不便ふべんがあるのではないかとぞんじられます。

 さて産土うぶすな神様かみさまのお任務しごとなかで、なにより大切たいせつなのは、矢張やは人間にんげん生死せいし問題もんだいでございます。現世げんせ役場やくばでは、子供こどもうまれてからはじめて受附うけつけますが、こちらではうまれるずっと以前いぜんからそれがおわかりになってりますようで、なんにしましても、一人ひとり人間にんげん現世げんせうまれるともうすことは、なかなか重大じゅうだい事柄ことがらでございますから、みぎ次第しだい産土うぶすな神様かみさまから、それぞれうえ神様かみさまにおとどけがあり、やがて最高さいこう神様かみさまのお手許てもとまでもたっするとのことでございます。もうすまでもなく、うまれる人間にんげんにはかならず一人ひとり守護霊しゅごれいけられますが、これもみなうえ神界しんかいからのお指図さしずめられるようにうけたまわってります。

 それから人間にんげん歿なくなる場合ばあいにも、だい一に受附うけつけてくださるのが、矢張やは産土うぶすな神様かみさまで、誕生たんじょうのみがけっしてそのお受持うけもちではないのでございます。これは氏子うじことして是非ぜひ心得こころえかねばならぬこととぞんじられます。もっともそのお仕事しごとはただ受附うけつけてくださるだけで、直接ちょくせつ帰幽者きゆうしゃをお引受ひきうくださいますのは大国主命様おおくにぬしのみことさまでございます。産土神様うぶすながみさまからお届出とどけいでがありますと、大国主命様おおくにぬしのみことさまほうでは、すぐに死者ししゃべきところ見定みさだめ、そしてそれぞれ適当てきとう指導役しどうやくをおけくださいますので……。指導役しどうやく矢張やは龍神りゅうじんさまでございます。人霊じんれいでは、ややもすれば人情味にんじょうみがありぎて、こちらの世界せかいしつけをするのに、あまり面白おもしろくないようでございます。わたくしなども矢張やは一人ひとり龍神りゅうじんさんの御指導ごしどうあずかったことは、かねがね申上もうしあげてりますとおりで、これはわたくしかぎらず、どなたもみな、その御世話おせわになるのでございます。つまり現世げんせではしゅとして守護霊しゅごれいまた幽界ゆうかいではしゅとして指導霊しどうれい、のお世話せわになるものとおおもいになればよろしゅうございます。

 生死せいし以外いがいにも産土うぶすな神様かみさまのお世話せわあずかることは数限かずかぎりもございませぬが、ただ産土うぶすな神様かみさまわば万事ばんじ切盛きりもりをなさる総受附そううけつけのようなもので、実際じっさい仕事しごとにはみなそれぞれ専門せんもん神様かみさまひかえてられます。つまり病気びょうきには病気びょうきなおしの神様かみさま武芸ぶげいには武芸ぶげい専門せんもん神様かみさま、そのほか世界中せかいじゅうのありとあらゆる仕事しごとは、それぞれみな受持うけもち神様かみさまがあるのでございます。人間にんげんもうすものは兎角とかく自分じぶんちから一つでなんでもできるようにかんがちでございますが、じつだいなりしょうなりみなかげから神々かみがみ御力添おちからぞえがあるのでございます

 さすがに日本国にっぽんこく神国しんこくもうされるだけ、外国がいこくとはちがって、それぞれいた、とうと神社じんじゃいたところ見出みいだされます。それ御本体ごほんたいしらべてますると、二たとおりあるようにぞんじます。一つはすぐれた人霊じんれい御祭神ごさいじんとしたもので、橿原かしわら神宮じんぐう香椎宮かしいのみや明治めいじ神宮じんぐうなどがそれでございます。またの一つは活神様いきかみさま御祭神ごさいじんいたしたもので、出雲いずも大社たいしゃ鹿島かしま神宮じんぐう霧島きりしま神宮じんぐうなどがそれでございます。ただし、いかにすぐれた人霊じんれい御本体ごほんたいでありましても、そのひかえとしては、かならず有力ゆうりょく龍神りゅうじんさまがおあそばしてられますようで……。

 今更いまさら申上もうしあぐるまでもなく、すべての神々かみがみうえには皇孫命様こうそんのみことさまがおひかえになってられます。つまりこの御方おかた大地だいち神霊界しんれいかい主宰神しゅさいしんおわしますので……。さらにそのモー一つおくには、天照大御神様あまてらすおおみかみさまがおひかえになってられますが、それは高天原たかまがはら……つまり宇宙うちゅう主宰神しゅさいしんおわしまして、とてもわたくしどもからはかることのできない、とうと神様かみさまなのでございます……。

 神界しんかい組織そしきはざっとみぎ申上もうしあげたようなところでございます。これ神々かみがみほかに、このくにには観音様かんのんさまとか、不動様ふどうさまとか、そのほかさまざまのものがございますが、わたくしがこちらで実地じっちしらべたところでは、それはただ途中とちゅう相違そうい……つまり幽界ゆうかい下層かそう眷族けんぞくが、かれこれ区別くべつてているだけのもので、おくほうみな一つなのでございます。富士山ふじさんのぼりますにも、みちはいろいろつけてございます。おしえのみち矢張やはりそうしたわけのものではなかろうかとぞんじられます。では一とずこれで……。


七十七、神の申子

目  次

完結


心霊図書館: 連絡先