霊界通信 小桜姫物語

七十七、神の申子

 社頭しゃとう階段きざはしほとりひと気配けはいいたしますので、こころしずめてこちらからのぞいてますと、其処そこには二十五六のわかうつくしいおんなが、六十ぐらい老女ろうじょれてってりましたが、血走ちばしったまなこあらかみをふりみだして様子ようすは、ても只事ただごととはおもわれないのでした。

 おんなはやがて階段きざはししたひざまづいて、こまごまと一伍一什いちぶしじゅう物語ものがたったうえで、『何卒なにとぞ神様かみさまのおちから子供こども一人ひとりさずくださいませ。それがおとこであろうと、おんなであろうと、けっして勝手かってもうしませぬ……。』と一心不乱しんふらん祈願きがんめるのでした。

 これで一ととおおんな事情じじょうわかったのでございますが、おとこほうしらべなければなんとも判断はんだんしかねますので、わたくしはすぐ其場そのばで一そうふか精神統一せいしんとういつ状態じょうたいはいり、仔細しさいにそのこころなかまでさぐってました。するとおとこいたって志繰こころたしかな、やささしい若者わかもので、ほかおんななどにはもくれず、かたかた決心けっしんをしてることがよくわかりました。

 これでわたくしほうでも真剣しんけんれるになりましたが、何分なにぶんにもんな祈願きがんは、まだ一手掛てがけたことがないものでございますから、うすれば子供こどもさずけることができるのか、さら見当けんとうがとれませぬ。よんどころなくわたくし守護霊しゅごれい相談そうだんをかけてましたが、あちらでも矢張やはりよくわからないのでございました。

 そうするうちにも、おんなほうでは、あめにもかぜにもめげないで、初夜しょやころになるとかならず願掛がんがけにまいり、熱誠ねっせいをこめて、はや子供こどもさずけていただきたいとせがみます。それをきくわたくしまったでないのでございました。

 とうとう思案しあんあまりまして、わたくし指導役しどうやくのおじいさんに御相談ごそうだんをかけますと、おじいさんからは、んな御返答ごへんじがまいりました。――

『それは結構けっこうなことであるから、是非ぜひ子供こどもさずけてやるがよい。ただしその方法ほうほう自分じぶんかんがえなければならぬ。それがつまり修行しゅぎょうじゃ。こちらからはおしえることはできない……。』

 わたくしとしては、これはんでもないことになったとおもいました。かく相手あいてなしに妊娠にんしんしないことはよくわかってりますので、不取敢とりあえずわたくし念力ねんりきをこめて、あの若者わかもの三崎みさきほうせることにいたしました……。つまりおとこにそうおもわせるのでございますが、これはなかなか並大なみたいていの仕事しごとではないのでございまして……。

 さいわいにもわたくし念力ねんりきとどき、おとこはやがて実家さとからして、ちょいちょい三崎みさきおんなもとちかづくようになりました。そこ今度こんど産土うぶすな神様かみさまにおねがいして、その御計おはからいで首尾しゅびよく妊娠にんしんさせていただきましたが、これがつまりかみ申子もうしごもうすものでございましょう。ただそのくわしい手続てつづきはわたくしにもよくわかりかねますので……。

 これで仕事しごとの一段落だんらくはつきましたようなものの、ただこのままいては、折角せっかく願掛がんがけがかなったのか、かなわないのかが、さっぱり人間にんげんほうわかりませんので、なんとかしてそれを先方せんぽうつうじさせる工夫くふうるのでございます。これも指導役しどうやくのおじいさんからおしえられて、わたくしおんなねむっているときに、しろたま神様かみさまからさずかるゆめせてやりました。御存ごぞんじのとおり、しろたまはつまりおとこ徴号しるしなのでございまして……。

 おんなはそれからもきつづいておみや日参にっさんしました。ゆめしろたまがよほどがかりとえまして、いつもいつも『あれはういうわけでございますか?』とたずねるのでございましたが、幽明ゆうめい交通こうつうみちひらけていないめに、こればかりはおしえてやることはできないのではなはこまりました。――が、そのうち妊娠にんしんということが次第しだいわかってたので、夫婦ふうふよろこびはとおりでなく、三崎みさきあいだは、よく二人ふたりちておれいにまいりました。

 やかて月満つきみちてうまれたのは、はたしてたまのような、きれいなおとこでございました。ぞくかみ申子もうしごよわいなどともうしますが、けっしてそのようなものではなく、この立派りっぱ成人せいじんして、父親ちちおや実家じっかあとぎました。わたくしのところにまいる信者しんじゃなかでは、この人達ひとたちなどが一ばん手堅てがたかったほうでございまして……。


 った実話じつわは、まだいくらでもございますが、そのおうわさはべつ機会おりゆづり、これからごく簡単かんたん神々かみがみのお受持うけもちにつきて、わたくしぞんじてるところをもうげて、ずこの通信つうしんらせていただきとうございます。


七十、現界の祝詞

目  次

七十八、神々の受持


心霊図書館: 連絡先