霊界通信 小桜姫物語

七十五、入水者の救助

 今度こんどは一つ夫婦めおとのいさかいから、あやう入水にゅうすいしようとしたおんなのおはなしいたしましょうか……。だいたい夫婦めおとあらそいにあまり感心かんしんしたものはすくのうございまして、なかにははたているほうかえって心苦こころぐるしく、おぼえずかおそむけたくなる場合ばあいもございます。これなども幾分いくぶんかそのたぐいでございまして……。

 一人ひとりおとこ蒼白まっさおかおをして、あわててやしろまえけつけました。何事なにごとかしらと、じっとりますると、そのおとこはせかせかとはずむ呼吸いきしずめもえず、んなことをうたえるのでした。――

かみさま、うぞわたくしの一しょうねがいをおとどくださいませ……。わたくし女房奴にょうぼうめ入水にゅうすいするともうして、家出いえでをしたきり皆目かいもく行方ゆくえわからないのでございます。神様かみさまのおちからでどうぞその足留あしどめをしてくださいますよう……。実際じっさいのところわたくしはあれになれるとはなはこまりますので……。わたくし他所よそ情婦おんなをつくりましたのは、あれはホンの当座とうざ出来心できごころで、しんから可愛かわいいとおもっているのは、矢張やは永年ながねんって自家うち女房にょうぼうなのでございます……。ただ彼女あれんまり嫉妬やきもちいて仕方しかたがございませんから、ツイ腹立はらだちまぎれに二つ三つあたまをどやしつけて、貴様きさまのようなやつはくたばってしまえと呶鳴どなりましたが、こころそこけっしてそうはおもっていないのでございます……。あんなことをったのはわたくし重畳じゅうじゅうわるうございました。これにりまして、わたくし早速さっそく情婦おんなります……。あの大切たいせつ女房にょうぼうなれては、わたくしはもうこのきている甲斐かいがありませぬ……。』

 このおとこ三崎みさき町人ちょうにんで、年輩としごろは三十四五の分別ふんべつざかり、それがなみだまじりにんなことをもうすのでございますから、わたくし可笑おかしいやら、どくやら、まったあきれてしまいました。でも折角せっかくたのみでございますから、かく家出いえでした女房にょうぼう行方ゆくえさぐってますと、すぐその所在地ありかわかりました。おんなあぶらつぼ断崖がけうえりまして、しきりに小石こいしひろってたもとなかれてるのは、矢張やは本当ほんとう入水にゅうすいするつもりらしいのでございます。そしてしくしくきながら、んなことをってりました。――

口惜くやしい口惜くやしい! 自分じぶん大切たいせつ良人おっとをあんなおんなとられて、なんだまってけるものか! これからんで、あのおんな憑依とりついてかたきってやるからそうおもってるがよい……。』

 平生へいぜいはちょいちょいわたくしのところへもおまいりにる、いたって温和おんわな、そして顔立かおだちもあまりわるくはないおんななのでございますのに、嫉妬しっとめにはんなにも精神こころくるって、まるきりがつけられないものになってしまうのでございます。

 るに見兼みかねてわたくし産土うぶすな神様かみさまに、氏子うじこ一人ひとりんな事情ことになってりますから、うぞしかるべく……と、おねがいしてやりました。寿命じゅみょうのないものは、いかにおねがいしてもおききがございませぬが、矢張やはりこのおんなにはまだ寿命じゅみょうのこってたのでございましょう、産土うぶすな神様かみさま御眷族ごげんぞく丁度ちょうど神主かんぬしのような姿すがたをしてそのあらわれ、いましも断崖がけからまうとする女房にょうぼうまえ両手りょうてひろげてちはだかったのでございます。

 不意ふい出来事できごとに、女房にょうぼうおもわずキャッ! とさけんで、地面じべた臀餅しりもちをついてしまいましたが、そのころ人間にんげん現今いま人間にんげんとはちがいまして、すこしはかみごころがございますから、このおんなもすぐさまそれとがついて、んだ心得こころえちがいをしたとこころから悔悟かいごして、ぬることをおもいとどまったのでございました。

 一ぽうわたくしほうではそれとなく良人おっとこころはたらきかけて、あぶらつぼ断崖がけうえみちびいてやりましたので、二人ふたりはやがてバッタリとかおかおわせました。

『ヤレヤレきていてくれたか……なん難有ありがたいことであろう……。』

『これというのもみな神様かみさまのおかげ……これからなかよくくらしましょう……。』

わしわるかった、勘弁かんべんしてくれ。』

『おまえもこれからわたしを可愛かわいがって……。』

 二人ふたりなみだながらに、しがみついていつまでもいつまでもはなれようとしないのでした。

 そののちおとこはすっかりこころれかえ、村人むらびとからもうらやまるるほど夫婦仲ふうふなかくなりました。現在げんざいでもその子孫しそんはたしか彼地かのちさかえてはずでございます……。


七十四、命乞い

目  次

七十六、生木を裂れた男女


心霊図書館: 連絡先