霊界通信 小桜姫物語

七十二、神社のその日その日

 まえ申上もうしあげましたように、かくわたくし小桜こざくら神社じんじゃあずかるとなったのでございますが、それから今日こんにちまできつづいてざっと二百ねんかんがえてれば随分ずいぶんながいことでございます。わたくし任務つとめというのはごく一とすじのもので、したがって格別かくべつてて吹聴ふいちょうするようなめずらしいはなしたねとてもありませぬが、それでもこのなが星霜つきひあいだにはなにやとあとからあとからさまざまの事件こといてまいり、とてもその全部ぜんぶ御伝おつたえするわけにもまいりませぬ。なかにはまた現世げんせ人達ひとたちに、いまここで御漏おもらししてはならないこともすこしはあるのでございまして……。

 で、いろいろとかんがえましたすえ、これからあなたがた幾分いくぶん御参考ごさんこうになりそうな事柄ことがらだけをひろして御話おはなしをいたし、そろそろこのつたな通信つうしんげさせていただこうとぞんじます。

 えず祭神さいしんとなってからの生活せいかつ変化へんかったようなてん簡単かんたん申上もうしあげてこうかとぞんじます。御承知ごしょうちとおり、わたくし仕事しごと大体だいたいうえ神界しんかいした人間界にんげんかいとの中間あいだちて御取次おとりつぎをいたすのでございますが、これでも相当そうとう気骨きぼねれまして、うっかりしてればどんな間違まちがいをするかれません。修行しゅぎょう時代じだいには指導役しどうやく御爺おじいさんがわきから一々面倒めんどうてくださいましたかららくでございましたが、だんだんそうばかりもかなくなりました。『そなたには神様かみさまうかがうこともちゃんとおしえてあるから、大概たいがいこと自分じぶんちかららねばならぬぞ……。』そうわれるのでございます。またわたくしとしても、いつまでおじいさんにばかりおすがりするのもあまりに意気地いきぢがないようにかんじましたので、よくよくの重大事じゅうだいじでもなければ、めったに御相談ごそうだんはせぬことに覚悟かくごをきめました。

 で、わたくしとして真先まっさきに工夫くふうしたことは一にち区画くぎりけることでございました、本来ほんらいからいえばこちらの世界せかい昼夜ちゅうや区別くべつはないのでございますが、それでは現界げんかい人達ひとたちせっするのにひどく勝手かってわるく、どうにも仕方しかたがございません。にしろ人間界にんげんかいほうではあさあさよるよるとちゃんと区画くぎりをつけて仕事しごとをしてるのでございますから……。

 そこで、わたくしほうでもそれに調子ちょうしわせて生活せいかつするようにいたし、丁度ちょうど現世げんせ人達ひとたちあさきて洗面せんめんをすませ、神様かみさま礼拝らいはいするとおなじように、わたくしあさになれば斎戒さいかい沐浴もくよくして、天照大御神様あまてらすおおみかみさまをはじめたてまつり、皇孫命様こうそんのみことさま龍神りゅうじんさままた産土神様うぶすなかみさま礼拝らいはいし、今日きょうにち任務つとめ無事ぶじつとめさせてくださいますようにと祈願きがんめることにしました。不思議ふしぎなことにそんな場合ばあいには、いつもぬかづいているわたくしあたまうえで、さらっとぬさおといたします。そのくせけてても、べつなにえはしませぬ。おそらくうして神界しんかいから、人知ひとしれずわたくしからだきよめてくださるのでございましょう……。

 よるよるで、また神様かみさま御礼おれい申上もうしあげます。『今日きょうにち仕事しごと無事ぶじつとめさせていただきまして、まことに難有ありがとうございました……。』その気持きもちべつ現世げんせときすこしもかわりはしませぬ。かくこれではじめて重荷おもにりたようにかんじ、自分じぶんもどってくつろぎますが、ただ現世げんせちがうのは、それからとこいてるでもなく、たったひとりでなつかしいむかしおもふけって、しんみりした気分きぶんひたくらいのものでございます。

 かくうして一にち区画くぎってはたらくことは指導役しどうやくのおじいさんからもたいへんにめられました。『よくそれだけかんがえがついた。それでこそ任務つとめ立派りっぱはたされる……。』そうおっしゃっていただいたのでございます。

 ナニ参拝人さんぱいにんはなしをいたせとっしゃるか……よろしゅうございます。わたくしもそのつもりでりました。これからポツポツおもしてその御話おはなしをしてることにいたしましょう。


七十一、神馬

目  次

七十三、参拝者の種類


心霊図書館: 連絡先