霊界通信 小桜姫物語

七十一、神馬

 鎮座祭ちんざさいんでからわたくしは一たんうみ修行場しゅぎょうばげました。それは小桜こざくら神社じんじゃ祭神さいしんとして実際じっさい仕事しごとにかかるまえにまだなにやらこころ準備じゅんびるとかんがえましたからで……。

 で、わたくしは一生懸命しょうけんめいふか統一とういつはいり、過去かこの一さい羈絆きずなることによりて、一そう自由じゆう自在じざい神通力じんつうりきめぐまれるよう、こころから神様かみさま祈願きがんしました。それは時間じかんにすればおそらくようやく一ときぐらいみじかい統一とういつであったとおもいますが、こころ引緊ひきしまっているせいか、わたくしとすれば前後ぜんごにないくらいのすぐれてふか統一とういつ状態じょうたいはいったのでございました。おそおおくもわたくしとして、天照大御神様あまてらすおおみかみさままた皇孫命様こうそんのみことさまとうと御神姿おすがたはいたてまつったのはじつにそのとき最初さいしょでございました。ほかにいろいろ申上もうしあげたいこともありますが、それはおもわたくし一人ひとり関係かんけいした霊界れいかい秘事ひじぞくしますので、しばらくひかえさせていただくことにいたしましょう。

 ただ一つここで御披露ごひろうしてきたいとおもいますことは、神馬しんめけんで……。つまり不図ふとした動機どうきから小桜こざくら神社じんじゃ神馬しんめが一とうあらたにわれることになったのでございます。その経緯いきさつうなのでございます。

 わたくしふか統一とういつからめたときに、おもいもらず最前さいぜんからそこにひかえてっていたのは、数間かずまじいやでございました。じいやは今日きょう鎮座祭ちんざさいよろこびをべたあとで、突然とつぜんんなことをしました。――

ひいさまが今回こんかい神社じんじゃにおはいりなされるにつけては、是非ぜひ神馬しんめが一とうしいとおもいまするが……。』

『ナニ神馬しんめ?』とわたくしはびっくりしまして『そなたはまたうしてそんなことすのじゃ……。』

じつ姫様ひいさまむかし可愛かわいがりになった、あの若月わかつき……あれがこちらの世界せかいるのでござります。わたくし何回なんかいかあの若月わかつきってりますので……。』

若月わかつきならわたくしも一こちらでいました……。』

『もうおいなされましたか……んとおはやいことで……。が、それなら尚更なおさらのことでござります。是非ぜひあの若月わかつき小桜こざくら神社じんじゃ神馬しんめ出世しゅっせさせておやりくださいませ。若月わかつきがどんなによろこぶかれませぬ。また苟且かりそめにも一つの神社じんじゃに一とう神馬しんめもないとあってはなんとなく引立ひきたちませんでナ……。』

『そんな勝手かってことが、できるかしら……。』

『できても、できなくても一おう神様かみさま談判だんぱんしていただきます。これくらいねがいがゆるされないとあっては、わしにも料簡りょうけんがござります……。』

 数間かずまじいやの権幕けんまくったらたいへんなものでした。

 そこでとうとうわたくしから指導役しどうやくのおじいさんにおはなしすると、意外いがいにも産土うぶすな神様かみさまほうではすでにその手筈てはずととのってり、神社じんじゃ横手よこて小屋こや立派りっぱ出来できるとのことでございました。それとったとき数間かずまじいやの得意とくいさとったらありませんでした。

『ソーれおなされ姫様ひいさまほかのことにかけては姫様ひいさまがおえらいかれぬが、うまことにかけては矢張やはりこのじいやのほうが一まい役者やくしゃうえでござる……。』

 もなくわたくしうみ修行場しゅぎょうばげて、永久えいきゅう神社じんじゃほううつりましたが、それとほとんど同時どうじうま数間かずまじいやにかれて、あたま打振うちふ打振うちふよろこいさんでわたくしところあらわれました。それからずっと今日こんにちまでうまわたくし手元てもと元気げんきよくくらしてりますが、ただこちらではうまがいつも神社じんじゃ境内けいないにつながれてわけではなく、どこにってっても、わたくしべばすぐるだけでございます。さびしいときわたくしはよくうま相手あいてあそますが、うまほうでもあのおおきなしたってわたくしかおめたりします。それはまことに可愛かわいらしいものでございまして……。

 それからうま呼名よびなでございますが、わたくしかねての念願ねんがんどおり、若月わかつきあらためて、こちらでは鈴懸すずかけぶことにいたしました。わたくし神社じんじゃちついてから、真先まっさきにたずねてくれたのはちちだの、ははだの、良人おっとだのでございましたが、わたくしなにいてもずこの鈴懸すずかけ紹介しょうかいしました。そのさいだれよりも感慨かんがいふかそうにえたのは矢張やは良人おっとでございました。良人おっとはしきりにうま鼻面はなづらでてやりながら『おまえもとうとう出世しゅっせして鈴懸すずかけになったか。イヤ結構けっこう結構けっこう! わしはもう呼名よびなについて反対はんたいはせんぞ……。』そうって、わたくしほうかえりみて、意味いみありげな微笑ほほえみもらしたことでございました。


七十、現界の祝詞

目  次

七十二、神社の
その日その日


心霊図書館: 連絡先