霊界通信 小桜姫物語

七十、現界の祝詞

 そうするうちにも、今日きょう鎮座祭ちんざさいのことは、はやくもこちらの世界せかい各方面かくほうめんつうじたらしく、わたくし両親りょうしん祖父母そふぼ良人おっとをはじめ、そのほかおおくの人達ひとたちからのおいわいの言葉ことばが、頻々ひんひんわたくしみみにひびいでまいりました。それはべつにあちらで通信つうしんしようとする意思いしはなくても、自然しぜんとそうかんじられてるのでございます。近頃ちかごろ現界げんかいでも、電信でんしんとか、電話でんわとかもうすものが出来できて、うした場合ばあいによく利用りようされるそうでございますが、こちらの世界せかいでする仕事しごと大体だいたいそれにたもので、ただもうすこ便利べんりなようにおもわれます。『おもえばつうずる……。』それがいつもわたくしどものヤリくちなのでございまして……。

 さてそのさいわたくしかんじて通信つうしんなかでは、矢張やは良人おっとのが一ばん力強ちからづよくひびきました。『そなたはいよいよかみとしてまつられることになり、多年たねん連添つれそった良人おっととしてけっしてあだやおろそかにはかんがえられない。しかもその神社じんじゃ所在地しょざいちは、あの油壷あぶらつぼ対岸たいがんかくあととやら、このうえともしっかりやってもらいますぞ……。』

 兎角とかくしてうちに、指導役しどうやくのおじいさんから御注意ごちゅういがありました。――

現界げんかいではいよいよ御霊鎮みたましずめのりかかった。そなたはすぐにその準備したくにかかるように……。』

 わたくしこころも、そのとききゅうきしまるようにおぼえました。

『これから自分じぶんはこのおみやしずまるのだ……。』

 そうおもった瞬間しゅんかんに、わたくし姿すがたはいずくともなくえてせてしまいました。

 あとでおじいさんからうけたまわるところによると、わたくしというものはそのときすっかり御幣ごへいなかはいってしまったのだそうで、つまり御幣ごへい自分じぶんか、自分じぶん御幣ごへいか、その境界さかいすこしもわからなくなったのでございます。

 その状態じょうたいがどれぐらいつづいたかは自分じぶんにはすこしもわかりませぬ。が、不思議ふしぎなことに、そうしてあいだ現世げんせ人達ひとたち奏上そうじょうする祝詞のりとるようにはっきりとみみひびいてるのでございます。そののち何回なんかいうした儀式ぎしきのぞんだかれませぬが、いつもいつもおな状態じょうたいになるのでございまして、それはまった不思議ふしぎでございます。

 不図ふと自分じぶんかえってると、おじいさんも、また守護霊しゅごれいさんも、先刻せんこく姿勢しせいのままで、ならんで神壇しんだんまえってられました。

『これでわしも一と安心あんしんじゃ……。』

 おじいさんはしんみりとした口調くちょうで、ただそうッしやられたのみでした。つづいて守護霊しゅごれいさんもくちひらかれました。――

『ここまでるのには、御本人ごほんにん苦労くろうも一ととおりではありませぬが、かげになり、日向ひなたになって、親切しんせつにおみちびきくだされたかみさまがたのお骨折ほねおりは容易よういなものではございませぬ。けっしてけっしてその御恩ごおんをおわすれにならぬよう……。』

 そのおりわたくしとしましては感極かんきわまりて言葉ことばでず、せきなみだはらえもあえず、龍神りゅうじんさま氏神様うじがみさま、そのほか方々かたがたこころから感謝かんしゃのまことをささげたことでございました。


六十九、鎮座祭

目  次

七十一、神馬


心霊図書館: 連絡先