霊界通信 小桜姫物語

六十九、鎮座祭

 そうするうちにいよいよ鎮座祭ちんざさいがまいりました。

現界げんかいほうでは今日きょうはえらいお祭騒まつりさわぎじゃ。』と指導役しどうやくのおじいさんがききかせてくださいました。『地元じもとさとはいうまでもなく、三近郷きんごう近在きんざいからもたいへんな人出ひとでで、あのせま海岸かいがん身動みうごきのできぬ有様ありさまじゃ。往来おうらいには掛茶屋かけちゃややら、屋台店やたいみせやらが大分だいぶできてる……。が、それは地上ちじょう人間界にんげんかいのことで、こちらの世界せかいいたって静謐しずかなものじゃ。わし一人ひとりでそなたをあのおみや案内あんないすればそれでことむので……。まァこれまでの修行場しゅぎょうば引越ひっこしと格別かくべつ相違そういもない……。』

 そうっておじいさんは一こう取済とりすましたものでしたが、わたくしとしては、それではなにやらすこ心細こころぼそいようにかんじられてならないのでした。

『あのおじいさま、』わたくしはとうとうしました。『わたくし一人ひとりではなにやら心許こころもとのうございますから、お差支さしつかえなくばわたくし守護霊しゅごれいさまに一しょいただきたいのでございますが……。』

『それは差支さしつかえない。そなたをここまで仕上しあげるのには、守護霊しゅごれいさんのほうでもかげで一とかたならぬ骨折ほねおりじゃった。――もうッつけ現界げんかいほうでは鎮座祭ちんざさいはじまるから、こちらもすぐにその支度したくにかかるといたそうか……。』

 毎々まいまい申上もうしあげますとおり、わたくしどもの世界せかいでは何事なにごとはなは手取てっとばやはこびます。わたくし服装みなり瞬間しゅんかんかわりましたが、今日きょう平常いつもとはちがって、には白練しろねり装束しょうぞくには中啓ちゅうけいあしにはつるんだ一しゅ草履ぞうり頭髪かみはもちろん垂髪さげがみ……はなはださッぱりしたものでございました。ほかにつけていたものといえばただはは紀念かたみ守刀まもりがたな――こればかりはおんなたましいでございますから、いかなる場合ばあいにもふところからはなすようなことはないのでございます。

 わたくし服装みなりかわった瞬間しゅんかんには、もうわたくし守護霊しゅごれいさんもいそいそとわたくし修行場しゅぎょうばへおえになりました。お服装みなり広袖ひろそで白衣びゃくいはかまをつけ、うえなにやらしろ薄物うすもの羽織はおってられました。

今日きょううこそわたくしをおびくださいました。』と守護霊しゅごれいさんはいつものひかちな態度たいどうちにもこころからのうれしさをたたえ、『わたくしがこちらの世界せかい引移ひきうつてから、かれこれ四百ねんにもなりますが、そのながあいだ今日きょうほど肩身かたみひろかんじられることはただの一もございませぬ。これともうすもひとえ御指導役ごしどうやくのおじいさまのお骨折ほねおりわたくしからもあつくおれい申上もうしあげます。こののちとも何分なにぶんよろしゅうおたのもうしまする……。』

『イヤそうわれるとわしはうれしい。』とおじいさんもニコニコがお、『最初さいしょこのひとあずかった当座とうざは、つまらぬ愚痴ぐちならべてかれることのみおおく、さすがのわしもいささか途方とほうれたものじゃが、それにしてはようここまで仕上しあがったものじゃ。これからは、なんおうが、小桜こざくら神社じんじゃ祭神さいしんとしてしもされもせぬ身分みぶんじゃ……。早速さっそく出掛でかけるといたそう。』

 おじいさんはいつものとおりの白衣姿びゃくいすがた藁草履わらぞうりながつえいて先頭せんとうたれたのでした。

 浪打際なみうちぎわあるいたようにかんじたのはホンの一瞬間しゅんかん私達わたくしたちはいつしか電光でんこうのように途中とちゅうばして、れいのおみや社頭しゃとうっていました。

 内部なかはいってホッと一といきつくもなく、たちま産土うぶすな神様かみさま御神姿おすがたがスーッと神壇しんだん奥深おくふかくおあらわれになりました。その場所ばしょとおいようでちかく、またちかいようでとおく、まことに不思議ふしぎかんじがいたしました。

 うやうやしくあたまげているわたくしみみには、やがて神様かみさま御声おこえ凛々りんりんひびいてまいりました。それは大体だいたいのような意味いみのお訓示さとしでございました。

いまよりかみとしてまつらるるうえこころして土地とち守護しゅごあたらねばならぬ。人民じんみんからはさまざまの祈願きがんるであろうが、その正邪せいじゃ善悪ぜんあくべつとして、土地とち守護神しゅごじんとなったうえは一おう丁寧ていねい祈願きがん全部ぜんぶいてやらねばならぬ。取捨しゅしゃ其上そのうえことである。かみとしてもっといましむべきは怠慢たいまん仕打しうち同時どうじもっとつつしむべきは偏頗不正へんばふせい処置しょちである。怠慢たいまんながるるときはしばしば大事だいじをあやまり、不正ふせいながるるときはややもすれば神律しんりつみだす。よくよくこころして、かみからたくされた、このおも職責しょくせきはたすように……。』

 産土うぶすな神様かみさまのお馴示さとしおわると、つづいて龍宮界りゅうぐうかいからのお言葉ことばがありましたが、それは勿体もったいないほどおさしいもので、ただ『何事なにごと六ヶむずかしいことはこちらにくように……。』とのことでございました。

 わたくし今更いまさらながらにあまる責任せきにんおもさをかんずると同時どうじに、かぎりなき神恩しんおんかたじけなさをしみじみとあじわったことでございました。


六十八、幽界の神社

目  次

七十、現界の祝詞


心霊図書館: 連絡先