霊界通信 小桜姫物語

六十六、三浦を襲った大海嘯おおつなみ

 さて只今ただいま申上もうしあげました不図ふととした動機どうきというのは、とし三浦みうら海岸かいがんおそった大海嘯おおつなみなのでございました。それはめったにないくらいおおきな時化しけで、一三浦みうら三崎みさきたい人家じんか全滅ぜんめつしそうにおもわれたそうでございます。

 すると、そのころ諸磯もろいその、漁師りょうしつまで、平常ふだんからわたくしことたいへんに尊信そんしんしてくれている一人ひとり婦人ふじんがありました。『小櫻姫こざくらひめにおねがいすれば、どんなことでもかなえてくださる……。』そうおもんでいたらしいのでございます。で、いよいよ暴風雨あらししますと、みぎ婦人ふじん早速さっそくわたくしはかけつけて一心不乱しんふらん祈願きがんしました。――

『このままにしてきますと、三浦みうら土地とちみなながれてしまいます。小櫻姫こざくらひめさま、うぞあなたさまのおちからで、この災難さいなんまぬがれさせていただきます。この土地とちでおすがりするのはあなたさまよりほかにはござりませぬ。』

 丁度ちょうどそのときわたくしうみ修行場しゅぎょうば不相変あいかわらず統一とういつ修行しゅぎょうまいふけってりましたので、みぎ婦人ふじん熱誠ねっせいこめた祈願きがんがいつになくはっきりとわたくしむねつうじてました。これにはわたくしも一とかたならずおどろきました。――

『これはたいへんである。三浦みうら自分じぶんにとりてってもれぬふか因縁いんねん土地とち、このまま土地とち人々ひとびと見殺みごろしにはできない。ことにあそこには良人おっとをはじめ、三浦みうらぞくはかもあること……。一つ龍神りゅうじんさんに一生懸命しょうけんめい祈願きがんしてましょう……。ただしいねがいであるならきっと御神助ごしんじよくだるに相違そういない……。』

 それからわたくし未熟みじゅく自分じぶんにできるかぎりの熱誠ねっせいをこめて、三浦みうら土地とち災厄さいやくからまぬがれるようにと、龍神界りゅうじんかい祈願きがんめますと、もなくあちらから『ねがいのおもむきとどける……。』との難有ありがたいお言葉ことばつたわってまいりました。

 はたして、さしものにたけくるった大時化おおしけが、もなくおさまり、三浦みうら土地とちはさしたる損害そんがいもなくしてんだのでしたが、三浦みうら以外いがい土地とちたとえば伊豆いずとか、房州ぼうしゅうとかは百年来ねんらいためしがないとわれるほどの惨害ざんがいこうむったのでした。

 うしたときにはまたみょう不思議ふしぎ現象ことかさなるものとえまして、わたくし姿すがたがそのみぎ漁師りょうしつま夢枕ゆめまくらったのだそうでございます。わたくしとしてはべつにそんなことをしようという所思つもりはなく、ただこころにこの正直しょうじき婦人ふじんをいとしい女性じょせいおもっただけのことでしたが、たまたまみぎ婦人ふじんがいくらか霊能れいのうらしいものをっていために、わたくし思念おもい先方せんぽうつたわり、その結果けっかゆめわたくし姿すがたまでもることになったのでございましょう。そうしたことは格別かくべつめずらしいことでもなんでもないのですが、場合ばあい場合ばあいとて、それがんでもない大騒おおさわぎになってしまいました。――

小櫻姫こざくらひめはたしかに三浦みうら土地とち守護神様まもりがみさまだ。三浦みうら土地とち今度こんど不思議ふしぎにもたすかったのはみな小櫻姫こざくらひめのおかげだ。げん小櫻姫こざくらひめのお姿すがた誰某なにがし夢枕ゆめまくらったということだ……。難有ありがたいことではないか……。』

 わたくしとすればただ土地とち人達ひとたちかわって龍神りゅうじんさんに御祈願ごきがんをこめたまでのことで、私自身わたくしじしんなんはたらきのあったわけではないのでございますが、そうした経緯いきさつ無邪気むじゃき村人むらびとわかろうはずもございません。で、とうとうわたくし祭神さいしんとした小桜こざくら神社じんじゃ村人むらびと全体ぜんたい相談そうだん結果けっかとして、建立こんりゅうされる段取だんどりになってしまいました。

 みぎ事情じじょう指導役しどうやくのおじいさんからつたえられたときわたくしはびっくりしてしまいました。わたくし真紅まっかになって御辞退ごじたいしました。――

『おじいさま、それはんでもないことでございます。わたくしなどはまだ修行中しゅぎょうちゅう力量ちからといい、また行状おこないといい、とてもそんな資格しかくのあろうはずがございませぬ。ほかことちがい、こればかりは御辞退ごじたい申上もうしあげます……。』

 が、おじいさんはいっかな承知しゃうちなさらないのでした。――

『そなたがなんおうと、神界しんかいではすでに人民じんみんねがいをれ、小桜こざくら神社じんじゃてさせることにめた。そなたの器量ちから神界しんかいなにもかも御存ごぞんじじゃ。そなたはただ誠心せいしん誠意せいいひとかみとの仲介なかだちをすればそれでよい。今更いまさら我侭わがままもうしたとてなんにもならんぞ……。』

左様さようわけのものでございましょうか……。』

 わたくしとしては内心ないしん多大ただい不安ふあんかんじながら、そうおこたえするよりほか詮術せんすべがないのでございました。


六十五、小桜神社の由来

目  次

六十七、神と人との仲介


心霊図書館: 連絡先