霊界通信 小桜姫物語

四十四、天狗の性来

 さてこの天狗てんぐもうすものの性来せいらい――これはどこまでってもわたくしどもにはひとつのおおきななぞで、しらべればしらべるほどちなくなるようなところがございます。かくわたくしがあのとき天狗てんぐ頭目かしらいていただしたところにもとづき、ざっとそのおはなしをいたしてることにしましょう。

 天狗てんぐ姿すがたからもうげましょう。まえにものべたとおり、天狗てんぐとき場合ばあいで、人間にんげんそのいろいろなものの姿すがた上手じょうずけます。かくもうわたくしなども最初さいしょはうっかりそのせられましたもので……。しかし近頃ちかごろではもうそんなへた真似まねはいたしません。天狗てんぐがどんな立派りっぱ姿すがたけていても、すぐその正体しょうたい看破かんぱしてしまいます。大体だいたいおいもうしますと、天狗てんぐ正体しょうたい人間にんげんよりはすこおおきく、そして人間にんげんよりはむしけものり、普通ふつう全身ぜんしんだらけでございます。天狗てんぐなかのごくごく上等じようとうのもののみが人間にんげんちか姿すがたをしてりますようで……。

 ただしこれは姿すがたのある天狗てんぐいてもうしたのでございます。天狗てんぐなかには姿すがたたないのもございます。それは青味あおみがかったまるたまで、直径ちょくけいは三寸位ずんくらいでございましょうか。げんわたくしどもが天狗てんぐかい修行場しゅぎょうばったときにも、三つ四つえだにひっついてひかってりました。

『あれはモーすっかり修行しゅぎょうんで、姿すがたてた天狗てんぐたちでござる……。』

 天狗てんぐ頭目かしらはそうわたくし説明せつめいしてくれました。

 天狗てんぐ姿すがた不思議ふしぎでございますが、その生立おいたちは一そう不思議ふしぎでございます。天狗てんぐにはべつ両親りょうしんというものがなく、人間にんげん地上ちじょう発生はっせいした、とおとお原始時代げんしじだいに、ういうものも必要ひつようであろうという神様かみさま思召おぼしめしわば一しゅ副産物ふくさんぶつとしてうまれたものだともうすことでございます。天狗てんぐ頭目かしらも『自分達じぶんたち人間にんげんになりれなかったたましいでござる……。』と、あっさり告白こくはくしてりました。わたくしはそれをきいたときに、なにやら天狗てんぐさんにたいしてどくかんじられたのでございました。

 かくんな手続てつづきでうまれたのでございますから、天狗てんぐというものは全部ぜんぶ中性ちゅうせい……つまり男性だんせいでも、また女性じょせいでもないのでございます。これでは天狗てんぐ気持きもち容易ようい人間にんげんにのみめないはずでございます。人間にんげん世界せかいは、主従しゅじゅう親子おやこ夫婦ふうふ兄弟きょうだい姉妹しまいなど複雑こみいった関係かんけいで、いろとりどりの綾模様あやもようしてりますが、天狗てんぐ世界せかいはそれにきかえて、どんなにも一本調子ぽんちょうしまたどんなにも殺風景さっぷうけいなことでございましょう。天狗てんぐ生活せいかつくらべたら、女人にょにん禁制きんせい禅寺ぜんでら男子だんし禁制きんせい尼寺あまでら生活せいかつでも、まだどんなにも人情味にんじょうみたっぷりなものがありましょう。『まった不思議ふしぎ世界せかいがあればあるもの……。』わたくしはつくづくそうかんじたのでございました。

 天狗てんぐ本来ほんらい中性ちゅうせいではありますが、しかし性質せいしつからいえば、非常ひじょうおとこらしく武張ぶばったのと、また非常ひじょうおんならしくさしいのとの区別くべつがあり、ばけ姿すがたもそれにじゅんじて、あるいおとこになったり、あるいおんなになったりするとのことでございます。日本にっぽんもうくに古来こらい尚武しょうぶ気性きしょうんだお国柄くにがらであるめ、武芸ぶげい偵察ていさつ戦争いくさ駈引かけひきとうにすぐれた、つまり男性だんせいてき天狗てんぐさんはほとんど全部ぜんぶこのくにあつまってしまい、いざとなれば目覚めざましいはたらきをしてくれますので、そのてんたいそう結構けっこうでございますが、ただあいとか、慈悲じひとかったような、さしい女性じょせいしき天狗てんぐは、あまりこのくににはあらわれず、大部分だいぶぶん外国がいこくほうってしまっているようでございます。西洋せいようひともう天使てんし――あれにはいろいろ等差とうさがあり、たまには高級こうきゅう自然霊しぜんれいしている場合ばあいもありますが、しかしちょいちょい病床びょうしょうあらわれたとか、画家えかきうつったとかいうのは、たいてい女性じょせいした天狗てんぐさんのようでございます。

 大体だいたい天狗てんぐはたらきはそうおおきいものではないらしく、普通ふつう人間にんげんかかって小手先こてさきの仕事しごとをするのがなにより得意とくいだともうすことでございます。たまには局部的きょくぶてき風位かぜくらいせても、おおきな自然しぜん現象げんしょう大抵たいていみな龍神りゅうじんさんの受持うけもちにかかり、とても天狗てんぐにはその真似まねができないともうすことでございます。

 最後さいごわたくしがあのとき天狗てんぐさんの頭目かしらからきかされた、人浚ひとさらいの秘伝ひでんをおつたえしてきましょう。

ひとさらうということが本当ほんとうにできるものでございますか?』

 そうわたくしたずねますと、天狗てんぐ頭目かしらはいとど得意とくい面持おももちで、んなふう説明せつめいしてくれたのでした。――

『あれは本当ほんとうといえば本当ほんとう、ゴマカシといえばゴマカシでござる。われわれは肉体にくたいぐるみ人間にんげん遠方えんぽうれてくことはめったにござらぬ。肉体にくたい通例つうれい附近ふきん森蔭もりかげ神社やしろ床下ゆかしたなどにかくき、ただいたたましいのみを遠方えんぽうすものでござる。人間にんげんというものは案外あんがいかんじのにぶいもので、自分じぶんたましいからだからたり、はいったりすることにづかず、たましいのみで経験けいけんしたことを、あたかも肉体にくたいぐるみ実地じっち見聞けんぶんしたように勘違かんちがいして、得意とくいになってるもので……。わきでそれをるのはよほど滑稽こっけいかんじがするものでござる……。』


四十三、天狗の力業

目  次

四十五、龍神の修行場


心霊図書館: 連絡先