霊界通信 小桜姫物語

四十三、天狗の力業

 んなふう物語ものがたると、すべてがいかにも人間界にんげんかい出来事できごとのようにえて、をかしなものでございますが、もちろんこの天狗てんぐさんは、私達わたくしたちせるめに、わざ人間にんげん姿すがたけて、そして人間にんげんらしい挨拶あいさつをしてたのでございます。道場どうじょうだっておなじこと、天狗てんぐさんに有形ゆうけい道場どうじょうらないはずでございますが、たねがなくてはつかまえどころがなさぎますから、人間界にんげんかい剣術けんじゅつ道場どうじょうのようなものをりにつくげて私達わたくしたちせたのでございましょう。すべて天狗てんぐかぎらず、幽界ゆうかい住人じゅうにんばけるのが上手じょうずでございますから、あなたがた何卒どうぞそのおつもりで、わたくし物語ものがたりをきいていただぞんじます。さもないと、すべてが一ぺんのお伽噺とぎばなしのようにえて、さっぱり値打ねうちちがないものになりそうでございます。

 それはそうと、私達わたくしたちがそのとき面会めんかいした天狗てんぐさんの頭目かしらというのは、仲間なかまでもなかなかちからのある傑物えらものだそうでございまして、おじいさんがなにひと不思議ふしぎことせてくれとたのみますと、早速さっそくふた返事へんじ承諾しょうだくしてくれました。

『われわれのげいもうすはずざっとんなもので……。』

 うよりはや天狗てんぐさんは電光いなづまのように道場どうじょうからしたとおももなく、たちまちするすると庭前ていぜんそびえている、一ぽんすぎ大木たいぼくあがりました。それは丁度ちょうど人間にんげん平地へいちけるとおなじく、指端ゆびさきひとれずに、大木たいぼくみきをばって、そらけてあがるのでございますが、そのはやさ、見事みごとさ、とてもふで言葉ことばにつくせるわけのものではありませぬ。わたくしおぼえず坐席ざせきからあがって、あきれて上方うえ見上みあげましたが、そのときはモー天狗てんぐさんの姿すがた頂辺てっぺんえだしげみのなかかくれてしまって、どこにるやらわからなくなってました。

 と、やがてこずえほうで、バリバリというたかおといたします。

えだっているナ……。』

 おじいさんがそうわれているうちに、天狗てんぐさんは直径ちょくけい一尺いっしゃくもありそうな、ながおおきなすぎえだ片手かたてにして、二三十じょう虚空こくうから、ヒラリとおどらしてわたくしている、すぐまえちました。

『いかがでござる……人間にんげんよりもうでぶしがつよいでござらうが……。』

 いとど得意とくい面持おももち天狗てんぐさんはそうって、つづいてにせるえだをば、あたかもそれが芋殻いもがらでもあるかのように、片端かたっぱしから ひきむしってはて、むしってはて、すっかり粉々こなごなにしてしまいました。

 が、わたくしとしては天狗てんぐさんの力量りきりょうおどろくよりも、しろそのくまで天真てんしん爛漫らんまん無邪気むじゃきさに感服かんぷくしてしまいました。

『あんな鹿爪しかつめらしいかおをしているくせに、そのこころなかなんという可愛かわいいものであろう! これなら神様かみさまのお使者つかいとしておやくはずじゃ……。』

 わたくしこころうちでそんなことをかんがえました。わたくし天狗てんぐさんをきになったのはまったくこのときからでございます。もっと天狗てんぐもうしましても、それには矢張やは沢山たくさん階段かいだんがあり、たちのよくない、修行しゅぎょう未熟みじゅく野天狗のてんぐなどになると、神様かみさま御用ごようどころか、つまらぬ人間にんげん玩具おもちゃにして、どんなに悪戯いたずらをするかれませぬ。そんなのはわたくしとしても勿論むろん大嫌だいきらいで、皆様みなさまるべくそんな悪性あくせい天狗てんぐにはかかりわれぬことをこころからおねがいたします。が、こまったことに、わたくしどもがこちらから人間にんげん世界せかいのぞきますと、つまらぬ野天狗のてんぐ捕虜とりこになっている方々かたがた随分ずいぶん沢山たくさんられますようで……。おおきなお世話せわかはぞんじませぬが、わたくしかげながら皆様みなさまめにこころいためてるのでございます。くれぐれも天狗てんぐとお交際つきあいになるなら、できるだけつよい、ただしい、立派りっぱ天狗てんぐをおえらびなさいませ。まごころから神様かみさまにおねがいすれば、きっとすぐれたのをお世話せわしてくださるものとぞんじます……。


四十二、天狗界探検

目  次

四十四、天狗の性来


心霊図書館: 連絡先