霊界通信 小桜姫物語

四十二、天狗界探検

 あまり面会めんかいだんばかりつづいたようでございますから、今度こんどすこ模様もようをかえて、そのころ修行しゅぎょうめにわたくしがこちらで探検たんけんまいりました、めずらしい境地ところのおはなしをすることにいたしましょう。こちらの世界せかいには、現世げんせとはまったちがった、それはそれはかわったものがんでるところがあるのでございます。それがあまりにもはなぎていますので、あなたがたことによると半信はんしん半疑はんぎ、よもやとおかんがえになられるかぞんじませぬが、これが事実じじつであってれば、自分じぶんかんがえ勝手かって手加減てかげんくわえるわけにもまいりませぬ。あなたがたがそれをれるか、れないかはまったべつとして、かくわたくしえいじたままを率直あからさまべてることにいたします。

今日きょう天狗てんぐ修行場しゅぎょうばれてく……。』

 あるれい指導役しどうやくのおじいさんがわたくしにそうわれます。わたくしには天狗てんぐなどというものをべつたいというかんがえもないのでございましたが、それが修行しゅぎょうめとあればおことわりするのもドーかとおもい、かぬ気分きぶんで、だまっておじいさんのあとについて、やま修行場しゅぎょうば出掛でかけました。

 いつもとはことなり、その修行場しゅぎょうば裏山うらやまから、おくおくおくへとどこまでも険阻けんそ山路やまみちりました。こちらの世界せかいでは、どんな山坂やまさかのぼくだりしても格別かくべつ疲労ひろうかんじませぬが、しかしなにやらシーンと底冷そこびえのする空気くうきに、わたくしおぼえず総毛そうげって、からだがすくむようにかんじました。

『おじいさま、ここはよほどの深山しんざんなのでございましょう……わたくしはぞくぞくしてまいりました……。』

さむかんずるのはやまふかいからではない。ここはもうそろそろ天狗てんぐかいちかいので、 たい 空気くうき おのずとちがってたのじゃ。大体だいたい天狗てんぐかい女人にょにん禁制きんせい場所ばしょであるからそちにはあまり気持きもちよろしくあるまい……。』

『よもや天狗てんぐさんがおこってわたくしさらってくようなことはございますまい……。』

『その心配しんぱいらぬ。今日きょう神界しんかいからのお指図さしずけてたずねるのであるから、立派りっぱなお客様きゃくさまあつかいをけるであろう。二うしたところることもあるまいから、よくよくをつけて天狗てんぐかい状況ようすをさぐり、また不審ふしんてんがあったら遠慮えんりょなく天狗てんぐ頭目かしらたずねてくがよいであろう……。』

 やがてふるふるすぎ木立こだちがぎっしりと全山ぜんざんおおいつくして、ひるくらい、とてもものすごいところへさしかかりました。わたくしはますます全身ぜんしん寒気さむけかんじ、こころうちではげてかえりたいくらいおもいましたが、それでもおじいさんが一こう平気へいきでズンズンあしはこびますので、やっとのおもいでついてまいりますと、いつしか一けん家屋かおくまえました。それは丸太まるたんで出来できた、やっと雨露うろしのぐだけの、きわめてざっとした破屋あばらやで、ひろさはたたみならば二十じょうけるくらいでございましょう。が、もちろんたたみいてなく、ただ荒削あらけずりの厚板あついたりになってりました。

『ここが天狗てんぐ道場どうじょうじゃ。人間にんげん世界せかい剣術けんじゅつ道場どうじょうによくるであろうが……。』

 そんなことをっておじいさんはわたくしうながしてみぎ道場どうじょうあゆりました。

 とると、室内しつないには白衣びゃくいた五十余歳よさいおもわるる一人ひとり修験者しゅけんじゃらしい人物じんぶつて、鄭重ていちょうこしをかがめて私達わたくしたちむかえました。

うこそ……。かねてのおたっしで、あなたがたのおでをおけしてりました。』

 わたくしただちにこれが天狗てんぐさんの頭目かしらであるな、とさとりましたが、かねて想像そうぞうしてたのとはちがって、格別かくべつはなたかわけでもなく、ただ体格たいかく普通ふつうじんよりすこおおきく、またいろひとるようにつよくらい相違そういで、そしてその総髪そうはつにしたあたまうえにはれい兜巾ときんがチョコンとってりました。

女人にょにん禁制きんせい土地柄とちがら格別かくべつのおもてなしとてできもうさぬ。ただいささか人間にんげんばなれのした、一ぷうかわっているところがこの世界せかい御馳走ごちそうで……。』

 案外あんがいにさばけた挨拶あいさつをして、笑顔えがおせてくれましたので、わたくしたいへんにこころおちつき、天狗てんぐさんというものは割合わりあいにやさしいところもあるものだとさとりました。

今日こんにちはとんだお邪魔じゃまいたしまする。では御免遊ごめんあそばしませ……。』

 わたくし履物はきものいで、とうとう天狗てんぐさんの道場どうじょうあがんでしまいました。


四十一、海神の怒り

目  次

四十三、天狗の力業


心霊図書館: 連絡先