霊界通信 小桜姫物語

四十、相摸の小野

 幾年いくとせかにまたが賊徒ぞくと征伐せいばついくさ旅路たびじに、さながらかげかたちともなごとく、ただの一にちとしてきみのおそばはなれなかった弟橘姫おとたちばなひめなみだぐましい犠牲ぎせい生活せいかつは、じつにそのとき境界さかいとしてはじめられたのでした。としふゆ雪沓ゆきぐつ穿いて、吉備国きびのくにから出雲国いずものくにへの、国境くにざかい険路けんろえる。またとしなつにはくような日光びつつ阿蘇山あそざん奥深おくふかくくぐりりてぞく巣窟そうくつをさぐる。そのほか言葉ことばにつくせぬ数々かずかず難儀なんぎなこと、危険きけんなことにわれましたそうで、歳月つきひつとともに、そのくわしい記憶きおく次第しだいうすれてはっても、そのときむねにしみんだ、かんじのみはいまたましいそこからはなれずにるとのおおせでございました。

 こんなくるしい道中どうちゅうのことでございますから、御服装おみなりなどもそれはそれは質素しっそなもので、あしには藁沓わらぐつには筒袖つつそで、さして男子だんし旅装束たびしょうぞく相違そういしていないのでした。なれども、ひめ最初さいしょからこころかた覚悟かくごしてられることとて、ただの一愚痴ぐちめきたことはおくちされず、それにおからだも、かぼそいながらいたって御丈夫おじょうぶであっため、一こう足手纏あしてまといになられるようなことはけっしてなかったともうすことでございます。

 かかる艱苦かんく旅路たびじうちにありて、ひめこころささうるなによりのほこりは、御自分ごじぶん一人ひとりがいつもみことのおともきまってることのようでした。『日本にっぽん一の御子みこからまたなきものにいつくしまれる……。』そうおもときに、ひめこころからは一さい不満ふまん、一さい苦労くろうけむりのようにえてしまうのでした。当時とうじ習慣しゅうかんでございますから、むろんみこと御身辺ごしんぺんには夥多あまた妃達きさきたちがとりまいてられました。それなかには弟橘姫様おとたちばなひめさまよりもはるかに家柄いえがらたかいおかたもあり、また縹緻きりょう自慢じまんの、それはそれは艶麗あでやか美女びじょないのではないのでした。が、それわば深窓しんそうかざ手活ていけはなみことのおくつろぎになられたおりかるいお相手あいてにはなりても、いざ生命いのちけのそとのお仕事しごとにかかられるときには、きまりって弟橘姫様おとたちばなひめさまにおこえがかかる。これでは『仮令たとえんでも……。』というかんがえ弟橘姫様おとたちばなひめさまむね奥深おくふかきざまれたはずでございましょう。

 だんだんうかがってると、かずかぎりもないだいちゅうで、最大さいだい御危難ごきなんといえば、矢張やはり、あの相摸国さがみのくにでの焼打やきうちだったともうすことでございます。ひめはそのとき模様もようだけ割合わりあいにくわしく物語ものがたられました。――

『あのときばかりは、いかに武運ぶうんめぐままれた御方おんかたでも、今日きょう御最後ごさいごかとあやぶまれました。自分じぶんみことのお指図さしずで、二人ふたりばかりの従者ともにまもられて、とあるおか頂辺いただきけて、みこと御身おんみうえあんじわびてりましたが、そのうちほうからきゅうにめらめらとひろがる野火のび、やがて見渡みわたかぎりはただ一めんうみとなってしまいました。おりからはげしい疾風はやてさえつのって、みことのくぐりられた草叢くさむらほうへと、ぶがごとくにせてきます。その背後はいごは一たいふか沼沢さわで、何所どこへも退路にげみちはありませぬ。もうほんのひとあおりですべてはおわり……。そうおもうとわたくしはわれをわすれて、おかうえからりようとしましたが、その瞬間しゅんかんたちまちゴーッとみみもつぶれるような鳴動うなりともに、いままでとはちがって、西にしからひがしへときをかえた一じん烈風れっぷう、あなやとおももなく、猛火もうかぞくかくれた反対はんたい草叢くさむらうつってまいりました……。そのときたちまち、右手みぎてたかく、御秘蔵ごひぞう御神剣ごしんけんかざし、うるし黒髪くろかみかぜなびかせながら、部下ぶか軍兵つわものどもよりも十さきんじて、草原くさはら内部なかからってでられたみことたけおん姿すがた、あのときばかりは、女子おなごでありながらおぼえず両手りょうてそらにさしあげて、こえかぎりにわあッとさけんでしまいました……。あと御伺おうかがいすると、あの場合ばあいみこと御難儀ごなんぎのがたのは、矢張やはりあの御神剣ごしんけんのおかげだったそうで、ゆるなかみことがその御鞘おんさやわれると同時どうじに、風向かざむきがきゅうかわったのだともうすことでございます。みぎ御神剣ごしんけんもうすのは、あれは前年ぜんねんはざわざ伊勢いせまいられたときに、おばぎみからさずけられたにもとうと御神宝ごしんぽうで、みことはいつもそれをにしきふくろおさめて、御自身ごじしん肌身はだみにつけてられました。わたくしなどもただ一しかおがましていただいたことはございませぬ……。』

 これが大体だいたいひめのお物語ものがたりでございます。そのさいみことには、火焔かえんなかちながらも、しきりにひめうえあんじわびられたそうで、そのかたじけないおん情意こころざしはよほどふかひめむねにしみんでるらしく、こちらの世界せかい引移ひきうつって、う千ねんにもあまるというのに、いまでも当時とうじおもいだせば、おのずとなみだがこぼれるとってられました。

 かくまでふかいお二人ふたりあいだでありながら、お児様こさまとしては、若建王わかたけるおうばれる御方おかたがただ一人ひとり――それもたびからたびへといつも御不在ごふざいちであっために、御自分ごじぶん御手おて御養育ごよういくはできなかったともうすことでございました。つまり弟橘姫様おとたちばなひめさましょうはすべてをきみささげつくした、にも若々わかわかしいはなの一しょうなのでございました。


三十九、見合い

目  次

四十一、海神の怒り


心霊図書館: 連絡先