霊界通信 小桜姫物語

三十七、初対面

 龍宮界りゅうぐうかいからかねてくわしい指図さしずけてりましたので、そのときわたくしおもってたった一人ひとり出掛でかけました。初対面しょたいめんのことゆえ服装ふくそうなども失礼しつれいにならぬよう、日頃ひごろこのみの礼装れいそうに、れい被衣かつぎ羽織はおりました。

 ズーッと何処どこまでもつづく山路やまじ……たいへんたかとうげにかかったかとおもうと、今度こんどくだざかになり、みぎひだりにくねくねとつづらにれて、とき樹木じゅもくあいだからあお海原うなばらがのぞきます。やがてきついたところはそそりおおきないわいわとのあいだえぐりとったようなせま峡路はざまで、そのおくふかふか洞窟どうくつになってります。そこが弟橘姫様おとたちばなひめさま日頃ひごろこのみの御修行場ごしゅぎょうばで、洞窟どうくつ入口いりぐちにはチャーンと注連縄しめられてりました。むろん弟橘姫様おとたちばなひめさまはいつもここばかりに引籠ひきこもってられるのではないのです。現世げんせ立派りっぱなおやしろがあるとおり、こちらの世界せかいにも矢張やはりそうったものがあり、御用ごようがあればすぐそちらへおましになられるそうで……。

御免遊ごめんあそばしませ……。』

 くちにこそしませんが、わたくしこころでそうおもって、会釈えしゃくして洞窟いわや内部なかあゆりますと、はやくもそれとさっしておくほうからおましになられたのは、わたくし年来ねんらいしたもうしていた弟橘姫様おとたちばなひめさまでございました。るところお年齢としはやっと二十四五、小柄こがら細面ほそおもての、たいそううつくしい御縹緻ごきりょうでございますが、どちらかといえばすこしずんだほうで、きりりとやや気味ぎみ眼元めもとには、すぐれた御気性ごきしょうがよくうかがわれました。御召物おめしものは、これはまたわたくしどもの服装ふくそうとはよほどちがいまして、上衣うわぎはややひろ筒袖つつそでで、色合いろあいはむらさきがかってりました、下衣したぎ白地しろじで、上衣うわぎより二三寸下ずんしたび、それにははかまのようにひだってありました。頭髪おぐしあたま頂辺てっぺんつくったもので、ここにも古代こだいらしいにおい充分じゅうぶんただよってりました。また履物はきもの黒塗くろぬりりのくつみたいなものですが、それはかわなんぞでんだものらしく、そうおもそうにはえませんでした……。

わたくしういうものでございますが、現世げんせりましたときからふかくあなたさまをおしたもうし、こと先日せんじつ乙姫様おとひめさまから委細いさいうけたまわりましてから、一層いっそうなつかしく、是非ぜひ一度いちど目通めどおりをねがわずにはられなくなりました、一向いっこう何事なにごとわきまえぬ不束者ふつつかものでございますが、これからは末長すえながくおおしえをけさせていただきとうぞんじまする……。』

『かねて乙姫様おとひめさまからのお言葉ことばにより、あなたのおでを心待こころまちにおもうしてりました。』とあちらさまでもたいそうよろこんでわたくしむかえてくださいました。『自分じぶんとて、ただすこはやくこちらの世界せかい引移ひきうつったというだけ、これからはともどもにって、修行しゅぎょうすることにいたしましょう。うぞこちらへ……。』

 その口数くちかずすくない、ひかものごしが、わたくしにはなにより有難ありがたおもわれました。『矢張やは歴史れきし名高なだか御方おかただけのことがある。』わたくしこころなかひとりそう感心かんしんしながら、さそわるるままに岩屋いわや奥深おくふかすすりました。

 わたくし自身じしんやま修行場しゅぎょうばうつるまでは、矢張やは岩屋いわやずまいをいたしましたが、しかし、ここはずっとおおがかりに出来でき岩屋いわや両側りょうがわ天井てんじょうもものすごいほどギザギザした荒削あらけずりのいわになってました。しかし外面おもてからたのとはちがって、内部なかはちっともくらいことはなく、ほんのりといかにも落付おちついたひかりが、へや全体ぜんたいみなぎってりました。『これなら精神統一せいしんとういつがうまくできるに相違そういない。』餅屋もちや餅屋もちやもうしますか、わたくし矢張やはりそんなことをかんがえるのでした。

 ものの二ちょうばかりもすすんだところひめ御修行ごしゅぎょう場所ばしょで、床一面ゆかいちめんなにやらふわっとした、やわらかい敷物しきものきつめられてり、そして正面しょうめんたなたいにできた凹所くぼみ神床かんどこで、ひとつのまる御神鏡ごしんきょうがキチンとえられてるばかり、ほかには何一なにひと装飾そうしょくらしいものは見当みあたりませんでした。

 私達わたくしたち神床かんどこ前面ぜんめんに、ひだりみぎってめました。そのころわたくし大分だいぶん幽界ゆうかい生活せいかつれてていましたものの、かく自分じぶんより千年せんねんあまりも以前いぜん帰幽きゆうせられた、史上しじょう名高なだか御方おかたうしてひざまじえてしたしく物語ものがたるのかとおもうと、なにやらゆめでもるようにかんじられて仕方しかたがないのでした。


三十六、弟橘姫

目  次

三十八、姫の生立


心霊図書館: 連絡先