霊界通信 小桜姫物語

三十六、弟橘姫

 あまりに平凡へいぼん人達ひとたちうわさばかりつづきましたから、その埋合うめあわせというわけではございませぬが、今度こんどはわがくに歴史れきしにお名前なまえ立派りっぱのこっている、一人ひとり女性じょせいにおにかかったおはなしいたしましょう。ほかでもない、それは大和武尊様やまとたけるのみことさまのおきさき弟橘姫様おとたちばなひめさまでございます……。

 私達わたくしたちあいだをつなぐ霊的れいてき因縁いんねんべついたしましても、不思議ふしぎ在世中ざいせちゅうからわたくし弟橘姫様おとたちばなひめさまあさからぬ関係かんけいってりました。御存ごぞんじのとおひめのおやしろ相模さがみ走水はしりみずもうすところにあるのですが、あそこはわたくしえんづいた三浦家みうらけ領地りょうちないなのでございます。で、三浦家みうらけではいつも社殿しゃでん修理しゅうりそのこころをくばり、またまつりでももよおされる場合ばあいには、かなら使者ししゃてて幣帛へいはくささげました。なににしろ婦女おんな亀鑑かがみとしてられた御方おかた霊場れいじょうなので、三浦家みうらけでも代々だいだいあそこを大切たいせつとりあつかってたらしいのでございます。そしてわたくし自身じしんもたしか在世中ざいせちゅう何回なんかい走水はしりみずのおやしろ参拝さんぱいいたしました……。

 ナニその時分じぶん記憶きおく物語ものがたれとっしゃるか……随分ずいぶんとおとおむかしのことで、まるきりゆめのようなかんじがするばかり、とてもまとまったことはおもせそうもありませぬ。たしか走水はしりみずというところ浦賀うらが入江いりえからさまでとおくもない、うみやまとのったせま漁村ぎょそんで、そしてひめのおやしろは、そのむら小高こだかがけ半腹はんぷくってり、石段いしだんうえからはうみえて上総かずさ房州ぼうしゅう見渡みわたされたようにおぼえてります。

 そうそういつかわたくしがおまいりしたのは丁度ちょうどはるなかばで、あちこちのやまもりには山桜やまざくら満開まんかいでございました。走水はしりみず新井あらいしろから三四ばかりもへだった地点ところなので、わたくしはよく騎馬きばまいったのでした。うまはもちろんれい若月わかつきで、従者じゅうしゃ一人ひとり腰元こしもとほかに、二三にん家来けらいいてったのでございます。みち三浦みうら東海岸ひがしかいがん沿った街道かいどうで、たしか武山たけやまとかもうす、可成かなたかひとつのやますそをめぐってくのですが、そのおりよくそらあがっていましたので、馬上ばじょうからながむるうみやまとの景色けしきは、まるで絵巻物えまきものをくりひろげたようにうつくしかったことをいまでも記憶きおくしてります。まったくあの三浦みうら土地とちは、うみなか半島はんとうだけに、景色けしきにかけては何処どこにもひけはりませぬようで……。もっともそれは現世げんせでのはなしでございます。こちらの世界せかいには龍宮界りゅうぐうかいのようなきれいなところがありまして、三浦みうら半島はんとう景色けしきがいかにいともうしても、とてもくらべものにはなりませぬ。

 領主りょうしゅ奥方おくがた御通過ごつうかというので百姓ひゃくしょうなどは土下座どげざでもしたか、とっしゃるか……ホホまさかそんなことはございませぬ。すれちがときにちょっと道端みちばたけてくびをさげるだけでございます。それすらわたくしにはづまりにかんじられ、ツイそとるのが億劫おっくう仕方しかたがないのでした。さい わいこちらの世界せかいまいってから、そのてん気苦労きぐろうがすっかりなくなったのはうれしうございますが、しかしこちらのたびはあまり、あっけなくて、現世げんせでしたように、ゆるゆると道中どうちゅう景色けしきあじわうような面白味おもしろみはさっぱりありませぬ……。

 こんな夢物語ゆめものがたりをいつまでつづけたとて致方いたしかたがございませぬから、加減かげんげますが、かく弟橘姫様おとたちばなひめさまたいする敬慕けいぼねん在世中ざいせちゅうからふかふかわたくしむね宿やどってたことは事実じじつでございました。『みことのお身代みがわりとして入水にゅうすいされたときひめのお心持こころもちはどんなであったろう……。』祠前しぜんぬかづいてむかししのときに、わたくし両眼りょうがんからはあつなみだがとめどなくながちるのでした。

 ところがいつか龍宮界りゅうぐうかいおとずれたときに、この弟橘姫様おとたちばなひめさま玉依姫様たまよりひめさま末裔みすえ――御分霊ごぶんれいけた御方おかたであるとうかがいましたので、わたくしひめをおしたもうこころ一層いっそうつよまってまいりました。『是非ぜひとも、一度いちどにかかって、いろいろおはなしうけたまわり、また力添ちからぞえねがわねばならぬ……。』――そうかんがえるとたてもたまらぬようになり、とうとうそのむね龍宮界りゅうぐうかいにおねがいすると、龍宮界りゅうぐうかいでもたいそうよろこばれ、すぐその手続てつづきをしてくださいました。

 わたくしがこちらで弟橘姫様おとたちばなひめさまにお目通めどおりすることになったのはこんな事情じじょうからでございます。


三十五、辛い修行

目  次

三十七、初対面


心霊図書館: 連絡先