霊界通信 小桜姫物語

一、その生立

 修行しゅぎょう未熟みじゅく思慮しりょりない一人ひとりむかし女性じょせいがおこがましくもここにまかりまくでないことはよくぞんじてりまするが、うも再々さいさいしにあずかり、是非ぜひくわしい通信つうしんをと、つづけざまにお催促さいそくけましては、ツイその熱心ねっしんにほだされて、無下むげにおことわりもできなくなってしまったのでございます。それにまた神様かみさまからも『折角せっかくであるから通信つうしんしたがよい』との思召おぼしめしでございますので、今回こんかいいよいよおもってお言葉ことばしたがうことにいたしました。わたくしとしてはせいぜいふる記憶きおく辿たどり、自分じぶんっていること、また自分じぶんかんじたままを、つくらず、かざらず、素直すなお申述もうしのべることにいたします。それがいささかなりとも、現世げんせ方々かたがた研究けんきゅう資料たしともなればとねんじてります。何卒どうぞあまり過分かぶん期待のぞみをかけず、お心安こころやすくおききりくださいますように……。

 ただわたくしとして、まえもってここにひとつおことわりしてきたいことがございます。それはわたくし現世げんせ生活せいかつ模様もようをあまり根掘ねほ葉掘はほりおたずねになられぬことでございます。わたくしにはそれがなによりつらく、今更いまさらなん取得とりえもなき、むかし身上みのうえなどをつゆほども物語ものがたりたくはございませぬ。こちらの世界せかい引移ひきうつってからのわたくしどものだい一の修行しゅぎょうは、るべくはやみにく地上ちじょう執着しゅうじゃくからはなれ、るべくすみやかにやくにもたぬ現世げんせ記憶きおくからとおざかることでございます。わたくしどもはこれでもいろいろと工夫くふう結果けっか、やっとそれができてまいったのでございます。で、わたくしどもにむかって身上みのうえばなしをせいとッしゃるのは、わばかろうじてなおりかけたこころ古疵ふるきずふたたえぐすような、随分ずいぶんむごたらしい仕打しうちなのでございます。幽明ゆうめい交通こうつうこころみらるる人達ひとたちつねにこのこと念頭ねんとういていただきとうぞんじます。そんなわけで、わたくし通信つうしんは、おもわたくしがこちらの世界せかい引移ひきうつってからの経験けいけん……つまり幽界ゆうかい生活せいかつ修行しゅぎょう見聞けんぶん感想かんそうったような事柄ことがらちかられてたいのでございます。またそれがこのみちにたずさわる方々かたがたわたくし期待きたいされるところかとぞんじます。むろん精神せいしん統一とういつして凝乎じっふかかんがめば、どんなむかし事柄ことがらでもはっきりおもすことができないではありませぬ。しかもその当時とうじ光景こうけいまでがそっくりそのまま形態かたちつくってありありとまえうかてまいります。つまりわたくしどもの境涯きょうがいにはほとんど過去かこ現在げんざい未来みらい差別さべつはないのでございまして。……でも無理むりにそんな真似まねをして、足利あしかが時代じだい絵巻物えまきものをくりひろげておにかけてたところで、たいした価値ねうちはございますまい。現在げんざいわたくしとしては到底とうていそんな気分きぶんにはなりかねるのでございます。

 ともうしまして、わたくしいまいきなりんでからの物語ものがたりはじめたのでは、なにやらあまり唐突とうとつ……現世このよ来世あのよとの連絡つながりすこしもわからないので、りつくしまがないようにおもわれるかたがあろうかとかんぜられますので、はなは不本意ふほんいながら、わたくし現世げんせ経歴けいれきのホンの荒筋丈あらすじだけをかいつまんで申上もうしあげることにいたしましょう。りかけたふねとやら、これも現世げんせ通信つうしんこころみるものまぬががた運命うんめい――ごうかもれませぬ……。

 わたくしは――じつ相州そうしゅう荒井あらい城主じょうしゅ三浦みうら道寸どうすんそく荒次郎あらじろう義光よしみつもうものつまだったものにございます。現世げんせ呼名よびな小櫻姫こざくらひめ――時代じだい足利あしかが時代じだい末期まっき――いまからやく四百余年よねんむかしでございます。もちろんこちらの世界せかいには昼夜ちゅうや区別くべつも、歳月つきひのけじめもありませぬから、わたくしはただ神様かみさまからうかがって、るほどそうかとおもだけのことにぎませぬ。四百ねんといえば現世げんせでは相当そうとうなが星霜つきひでございますが、不思議ふしぎなものでこちらではさほどにもかんじませぬ。多分たぶんそれは凝乎じっ精神こころしずめて、無我むが状態じょうたいをつづけて期間あいだおおせいでございましょう。

 わたくし生家さとでございますか――生家さと鎌倉かまくらにありました。ちち大江おおえ廣信ひろのぶ――代々だいだい鎌倉かまくら幕府ばくふつかえた家柄いえがらで、ちち矢張やはりそこにつとめてりました。はは袈裟代けさよ、これは加納家かのうけからとついでまいりました。両親りょうしんあいだにはおとこはなく、たった一粒種ひとつぶだねおんながあったのみで、それがわたくしなのでございます。したがってわたくし小供こどもときから随分ずいぶん大切たいせつそだてられました。べつうつくしいほどでもありませぬが、体躯からだ大柄おおがらほうで、それにいたって健康たっしゃでございましたから、わたくし処女むすめ時代じだいは、まった苦労くろうらずの、丁度ちょうどはる小禽ことりそのまま、たのしいのんびりした空気くうきひたっていたのでございます。わたくしおさな時分じぶんには祖父ぢい祖母ばばもまだ存命ぞんめいで、それはそれはにもれたいほどわたくし寵愛ちょうあいしてくれました。日和ひよりおりなどにはわたくしはよく二三の腰元こしもとどもにかしずかれて、長谷はせ大仏だいぶつしま弁天べんてんなどにおまいりしたものでございます。せてはかえす七はま浪打際なみうちぎわ貝拾かいひろいもわたくしなによりきなあそびのひとつでございました。その時分じぶん鎌倉かまくら武家ぶけ住居やしきならんだ、物静ものしずかな、そしてなにやら無骨ぶこつ市街まちで、商家しょうかっても、品物しなものみな奥深おくふか仕舞しまんでありました。そうそうわたくしはツイ近頃ちかごろ不図ふとした機会おりに、こちらの世界せかいから一鎌倉かまくらのぞいてましたが、赤瓦あかがわら青瓦あほがわらいたちいさな家屋かおくのぎっしりんだ、あのけばけばしさには、つくづくあきれてしまいました。

『あれがわたくしうまれたおな鎌倉かまくらかしら……。』わたくしはひとりそうつぶやいたような次第しだいで……。

 そのころ生活せいかつ状態じょうたいをもっとくわしく物語ものがたれとっしゃいますか――致方いたしかたがございませぬ、おしゃべりのついでに、すこしばかりおもしてることにいたしましょう。もちろん、順序じゅんじょなどはすこしもってりませぬから何卒どうぞそのおつもりで……。


解説

目  次

二、その頃の生活


心霊図書館: 連絡先