幽界行脚

Today:26 / Yesterday:95 / Total:411496

五十四 休戦と幽界

 其後そのごワアド氏は相変らず毎週月曜日にはレックスの家を訪問し、皆と会合して精神の休養をするのでしたが、話題が私事に関して居るため発表すべき事もなくて過ぎました。しかその年一九一八年もだんだん暮れに近づき、十一月十五日の幽界行には、レックスの家にめずらしく叔父さんと陸軍士官を見出したのです。

 叔父さんは休戦が布告されたから来たのだと云っていました。そしてワアド氏に霊界での修行の模様を尋ねられ、近い中に第二層に移る予定だと話すのでした。

 ワアド氏が士官とレックスに向って、此度このたびの休戦が幽界へどう影響したかを尋ねますと、――

 士官。『我々には少し前から解っていました。の理由は最下層に於ける善と悪との戦いにおいて善が勝利を得つつあったからです。しかし悪の力が全く壊滅した訳ではなく、一時根拠を失ったに過ぎないのだから、又何処かに現出しましょう。御互いに警戒せねばなりません。地上においてはロシアに見るがごとき擾乱が起る事でしょうが、長くは続きますまい。独逸ドイツにがい薬を嘗め、墺国オーストリアもお相伴をして国が分裂する事になるでしょう。伊太利イタリアも気を附けぬと少し危うい様子も見える。とにかく人々は休戦休戦といつて騒いでいますが、これからは世界各地において騒擾を見る事でしょう。仮令たとえ印度インドとか埃及エジプトとか……。

うした争乱の間は相応不愉快な時代が来ると覚悟せねばなりますまい。しかし何といっても第一歩の時代は過ぎました。私はあの救済団を続けて、もっと国際的なものにします。ずロシアから来る憐れな悪鬼共を救おうではありませんか。彼等は生きながら地獄の苦を嘗めて居るから、地獄の生活をするには及ばない位悲惨な連中です……。

しかし悲観的の話であなたの喜びを消そうという訳ではない。の条約のために幽界への新来者は大分減じました。もっとも近来流感で大分やられるが……。しかし今の処あまり手を延す事は不可能なので、軍人の救済丈で手一ぱいです。

『兵卒達は何にしても大喜びで、行列をやるやら大騒ぎの有様、まあやりたい丈やれば鎮まるから……。御祝いに一杯飲もうという連中も出来て種々困った事も起ったが、余程鎮まりました。人々はロシアの思想問題を大分気にかけています。中には戦争がやむと仕事がなくなると落胆してる連中もあります。話は違いますが、ロシアの兇悪な奴等は実際手に負えぬ者共ですよ……。私等の仕事も一寸ういう手合にかかると困難でしょう。』

 ワアド。『休戦の締結はどんな方法でお判りでしたか?』

 士官。『全欧から流れて来る念波が非常なものでしたから、自然気が附くのです。私は調印と同時に事態を明瞭に悟り、同時に関係者の思想も感受しました。』

 レックス。『何処の教会でもな礼拝を行いました。僕等の本営では、教会行列をやりました。その時士官の行った演説の一節はうでした。―― 諸君! 善と悪との戦争には休戦がない事を忘れてはいけない! これは我々自身の中にある争闘そうとうおいても、又更に大いなる争闘そうとうおいても同様である事を記憶すべきである! 悪は処を変えたに止まり、決して消滅したのではないのである。今日独逸ドイツの勢力は絶滅したが、明日我々は無政府主義のもたらす悪思想と再び戦わねばならぬのだ。我々の仕事は未だ終ったのではない。ただ内容に相違を生ずるのみである。しかしながら此度このたびの事件が終結を告げた事に対しては、我々は大に喜ばねばならない……。』

 休戦に関する話はこれでやめ、後はよもやまの談話に移り、時間が来た時、ワアド氏は此処ここを立去りました。


五十三 レックスの帰路

目  次

五十五 結末


"A Subaltern in Spirit Land"

底本:「幽界行脚」 嵩山房

発行: 1931(昭和6)年1月15日発行

John Sebastian Marlowe Ward

J.S.M.ワアド著

淺野和三郎・粕川章子共訳

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビ と、入力者による振り仮名は、右の様に表示されます。表示事例ひょうじじれい、その他、難解な言葉遣いに対しては適宜、注記いたしました。

※ 訳者の一人、粕川章子氏の翻訳家著作商用権は2018年まで有効ですが、当サイトは粕川章子氏の御遺族の同意を得て公開しております。なお、本文の転載、商用利用などは御遺族の了承が必要です。


心霊図書館: 連絡先