幽界行脚

Today:58 / Yesterday:74 / Total:399190

十五 幽界の売店

 越えて四日目の七月七日に、ワアド氏は又もお馴染なじみ住宅すまいおとずれますと、レックスと叔父さんとが居る丈で、ほかに人影が見えません。理由をいて見ますと、陸軍士官は伝令を連戻しに出かけたまま、まだそれに成功せずに居るのだということでした。

 叔父。『近頃幽界へやって来る人数と言ったら大したものじゃが、その大部分は修羅道しゅらどうおちいって居て、死んでからもさかんに格闘をつづけている。その癖がけるまでには余程の時日つきひがかかりそうじゃ。』

 レックス。『実は僕も一緒に出掛けて行って、戦争いくさめるように戦友みんなを説得してやろうかと思って居るのです。つまり叔父さん達が私に対してってくだすったところを、そっくり受売りするつもりなのですがね、ただ叔父さんの言われるには、お前はまだ弱い。そんな真似をすれば自分も戦争熱にかぶれて逆戻ぎゃくもどりをしてしまう……。』

 叔父。『そうじゃとも! お前はあぶなくてしょうがない。――もっとも、モすこてば意志が強固になって救済事業に当れるじゃろう。また是非当らんければならぬ。他人の救済ができるようにならんければ、真実ほんとうの進歩をげたとは言われぬからナ……。』

 んな会話はなしの後には、家庭の私事に就きての雑談ざつだんがはずみ、その日は格別幽界の奇談を聞かずに、ワアド氏は地上へ戻ってしまいましたが、中間なか三日を置いた七月十日の晩に、ワアド氏は再び二人を訪問しました。今度は陸軍士官も居ることは居たが、例の伝令救済のめにすぐ出掛けてしまい、あとは三人で水入らずの雑話にふけりました。ワアド氏は卓上に大へん精巧な将棋チェスの駒が置いてあるのを見て、ずその事を話題にのぼらせました

 ワアド。『こいつは印度製の象牙そうげの駒じゃありませんか? 一体何所どこからんなものが来るのです?』

 叔父『そりャ近頃地上でほろびたものじゃがネ。』

 ワアド。『それはそうでしょうが、うしてんなものを手にお入れなすったのです?』

 叔父。『幽界にも商店らしいものがあって、其所そこへ滅びた品物の幽体が集まって来るのじゃ。商店にもいろいろ専門があって、象牙の駒のある店には、そればかり山のように積んである。とても地上ではお目にかかれないほど豊富ほうふなものじゃ。中には一と組すッかりそろわんのもある。つまりその残部が地上に残っているのじゃ。このこまを手に入れた店には、ひとり将棋の駒に限らず、あらゆる種類の象牙細工やら、%其他そのほか骨董こつとう品もあって、精巧なのやら醜悪なのやら、さまざま並べてあった。主人というのは地上に居た時分には骨董家じゃったということで、死んで此所ここへ来て見ると所有主もちぬし無しの骨董店があったので、そのままその店に居据わったというのじゃ。主人の話によるといろいろの物品が幽界に出現する状態は頗る奇妙で、何時いつ着くのかは決して判らない。ただいつの間にやら来て居るのだというのじゃ。お前が次回に幽界へ出張して、若し他に格別の用事もなかったら、一つお前を右の骨董店へ連れて行って詳しく説明することにしょう。イヤその主人というのはなかなか気持のよい話相手じゃ。』

 ワアド。『矢張り地上と同様金子かねを出して買うのですか?』

 叔父。『ナニそうではありません。店の主人に一と組しいというと、幾個いくつ幾個いくつも出して見せて気に入ったのを持って行けというのじゃ。その話によると、近い中にまだ幾つも入荷いりにがありそうだということじゃ。この主人などは道楽で店を出して居るのじゃが、中には物品ものを売るのが面白くて店を張っているものがあるらしい。ともすると顧客かいてだまくらかして歓んで居る奴もある。其様そんな連中は折角そうして地獄に入る準備をしているのじゃ。が、わしは平生あまり買物をせんので詳しい事は知らぬ。まだ一度もここで金銭かねを手に入れようとしたことがないので、従って金銭かねは持っていない……。』

 ワアド。『でも幽界ここ金銭かねを手に入れることができますか?』

 叔父。『多分できるじゃろう。――他の物品ものの幽体がある以上貨幣の幽体もある筈じゃ。――そうそう私は一度一人の欲張爺さんが、わざわざきたならしい家屋うちに住んで、っている貨幣をしきりに勘定して歓んでいるところを目撃したことがある。多分その男などはいつまでもそればっかりりつづけ、最後に幽体が失せると共に地獄へちて行くであろう。

『私はまだ、一度もこちらで貨幣蒐聚しゅうしゅうを試みはせぬが、捜せばあちこちに、沢山見つかるだろう。が、ここで記憶せねばならぬは、地上でするように、黄金の壷を溶解ようかいして金貨に改鋳かいちゅうするような真似はできない。霊界と異なってここは純なる形ばかりの境地ところでないと同時に、地上と異なって本式の物質も無い。――私の説明が判るかナ?』

 ワアド。『イヤよくわかります。――ところで、私はかつてビルマ滞在中、在住の支那人が紙幣や衣服などを神殿でもやして、それを他界の霊魂達にそなえるのを目撃したことがありますが、いかがなものでございましょう、それが先方に通ずるでしょうか?』

 叔父。『さァある程度までは通ずるじゃろうナ。若し人が充分精神を統一して、死者を思念すれば右の品物はきっと先方に届くに相違ない。が、むろん品物の幽体と霊体とをごっちゃに考えてはならぬ。霊体というものは単に形だけであるから、それはむろん霊界に現われるけれども、ただそれ丈で格別の効能はない。いくらかの慰安にはなるが、それッきりじゃ。

これに反して幽界の方へは紙幣さつ衣服きものの幽体が出現する。むろんそんなものは余り役には立たない。幽界には衣服や食物の真の必要はない。しいと思えばいくらでも無代ただで獲られるからナ。要するに金銭かねを使って売買することは、単に地上の遺習に過ぎないから、そんな習慣は早くめるに越したことはない。さもないと地獄の物質主義者の仲間にブチ込まれることになる。――オットお前の帰るべき時刻が来た。イギリスではもう夜明よあけじゃ。あの通り夢見る人々の群が急いで帰る最中さいちゅうではないか。』

 気がついて見ると成程その通りなので、ワアド氏は急いで其所そこを辞去しました。


十四 新兵募集

目  次

十六 戦場訪門


"A Subaltern in Spirit Land"

底本:「幽界行脚」 嵩山房

発行: 1931(昭和6)年1月15日発行

John Sebastian Marlowe Ward

J.S.M.ワアド著

淺野和三郎・粕川章子共訳

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビ と、入力者による振り仮名は、右の様に表示されます。表示事例ひょうじじれい、その他、難解な言葉遣いに対しては適宜、注記いたしました。

※ 訳者の一人、粕川章子氏の翻訳家著作商用権は2018年まで有効ですが、当サイトは粕川章子氏の御遺族の同意を得て公開しております。なお、本文の転載、商用利用などは御遺族の了承が必要です。


心霊図書館: 連絡先