幽界行脚

Today:19 / Yesterday:63 / Total:403259

 

幽界行脚(序説)

三 本書の翻訳

 私が本書の翻訳ほんやく紹介しょうかいを始めましたのは『死後の世界』の翻訳の直後ちょくご、大正十五年の春のことで、当時私は大阪に客寓きゃくぐうの身の上でした。間もなく『心霊しんれい科学かがく研究会けんきゅうかい』が東京に引移ると共に私もこれにともないて鶴見に移り住み、其所そこでしばらく翻訳のふでをつづけ、毎月一部分づつ『心霊と人生』誌上に発表はっぴょうして居ました。が、第二十回『地獄行じごくゆきたまり』を終った時に、私の筆はしばらく中絶ちゅうぜつすることになりました。それは私がこの翻訳にきためではなく、他に緊急きんきゅうの仕事ができて、この翻訳の筆をって居るいとまがなくなっためでした。私は常にその事が気にかかり『あれは早く完成かんせいせんとかんが……』とおもって居ました。何となれば本書の内容がいかにも充実じゅうじつして居り、これを日本の読書界どくしょかいに紹介することは非常に大切たいせつな仕事であると信じって居たからであります。

 私のこの遺憾は粕川かすかわ章子あきこ女史じょしによりてようやのぞかれました。粕川氏は私の文体を精細せいさいに調査研究した上で、成るべく同様の措辞そじ文脈ぶんみゃくを用い、第二十一回以下の翻訳ほんやくを続けてくれました。これは誠に至難のわざで、決して誰にもできる芸当げいとうではないのですが、粕川氏はその豊富ほうふなる語学と,自由なる詞藻しそうとをもってして、ほとんど遺憾なくこの難事業を完成かんせいしてくれました。お私としてもできる丈筆をくわえて文体の一融合ゆうごうを企てましたから、誰が御覧になっても木に竹をいだような遺憾いかんずなかろうかと惑じます。今回本書が刊行かんこうされるにつき一言その次第を附記ふきして大方の清鑑せいかんを仰ぐ次第であります。

昭和五年秋十月

         鶴見の草堂にて       .

浅野和三郎識


"A Subaltern in Spirit Land"

底本:「幽界行脚」 嵩山房

発行: 1931(昭和6)年1月15日発行

John Sebastian Marlowe Ward

J.S.M.ワアド著

淺野和三郎・粕川章子共訳

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビ と、入力者による振り仮名は、右の様に表示されます。表示事例ひょうじじれい、その他、難解な言葉遣いに対しては適宜、注記いたしました。

※ 訳者の一人、粕川章子氏の翻訳家著作商用権は2018年まで有効ですが、当サイトは粕川章子氏の御遺族の同意を得て公開しております。なお、本文の転載、商用利用などは御遺族の了承が必要です。


二 幽界居住者の序文

目  次

一 亡弟との邂逅


心霊図書館: 連絡先