幽界行脚

Today:46 / Yesterday:73 / Total:408755

 

幽界行脚(序説)

二 幽界居住者の序文

 著者の亡弟ぼうていレックス中尉は兄の手をりて幽界から本書の序文じょぶんを書いて居りますが、霊魂が書物の序文をくということそれ自身が破天荒はてんこうであるばかりでなく、その言辞ことばが条理兼ねそなわり、非常に面白いと思われますから、ついでにれを訳出やくしゅつして御覧に入れることに致します――

世間せけんの人はわれわれ戦死者を一時はみとめます。よく死んでくれたとってくれます。が、それッきりわれわれのことをわすれ去ります。永くわれわれをいたみ、われわれを記憶きおくして、人知れず悲歎ひたんの涙に暮るるものはホンの少数しょうすうの人に過ぎません。多くの人は皆各自の間に争闘そうとうをこれ事とし、地上のなやみがさきの世界大戦ではまだりないかの面持おももちをして居ります。彼等はわれわれに「勇敢ゆうかんなる戦死者せんししゃ」という名称を与え、この文句もんくをダシに使って自己じこの野心と意見いけんとを押し売りするめの材料ざいりょうに用います。

『が、われわれをいたむものも、又われわれをわすれ去る者も、いずれもあやまって居ります。われわれは正義と真理しんりと自由とをかすがめに死にました。すくなくとも私は母国ぼこくの自由のめに死にました。んで、そして生きて居ります。死後の生命せいめいは実にわれわれにあたえられたる最大の報酬むくいであります。地上の人がドー気張きばって見ても死後の生命丈はわれわれからうばうことはきません。この新事実を発見はっけんしたわれわれが後に残せる地上ちじょうの人達に早く知らせたく熱望するのは何の不思議ふしぎもありますまい。人を畏縮いしゅくせしむるものは「死」ではありません。「死に対する恐怖きょうふ」であります。死の恐怖きょうふを去れ、さすれば地上の生活は生き甲斐がいのあるものとなります。イヤたんにそれ丈に止まりません。地上の生活せいかつは他のそれぞれの世界にまたがるところの無限の生命せいめいのただ一つの連鎖れんさたるに過ぎません。

『われわれをいたむ人達に向っては私はう申し上げたい――はむしろわれわれの解放者であってわれわれの拘束者こうそくしゃではない。片々たる現世の労苦ろうくと悩みとより眼にもとまらぬ早業はやわざで切りはなしてくれるのは死で、われわれはこれに感謝かんしゃの意を表して居るのであると。

『死後の世界を諸君しよくんの住める世界に比すれば、肌ざわりよき初夏の真昼まひると暗澹たる霜月しもつきの夜とを比較ひかくするが如きものであります。が、われわれの世界せかいとても矢張りその前途ぜんとよこたわれる未来の世界のかげに過ぎません。し私に何等かの恐怖きょうふがありとすれば、それは遠き未来みらいおいてモ一度地上に引きもどされ、人間の肉体に宿やどるべく命ぜらるることであります。あなた方は生死のわかれのつらいことをッしゃるでしょう。しかり、別れはつらいに相違そういない。けれどもあなた方のお児達こたちとて遠く母国を後にして海外かいがいの何所かに移りまるることがあるでしょう。あなた方は地上ならば手紙がとどくが、死んだものは手紙てがみをくれぬとッしゃられるかも知れません。ところがわれわれは毎日手紙をおくるどころかおたずねもいたします。あなた方の所謂いわゆる夢――われわれはそのゆめにあなた方をおとずれるのです。あなた方さえおのぞみならおいくらでもわれわれの通信つうしんを受取る方法ほうほうがあるでしょう。

『われわれはあなた方と違って自由じゆうの身の上ですから御歓およろこびください。われわれの一番の暴君はモーほろびました。われわれを奴隷どれいにするものは肉体です。われわれは最早もはやパンのめに汗水垂あせみずたらしてイヤな仕事しごとをする必要がなくなりました。何人なんびともわれわれの仕事を奪ったり、又われわれに過重かじゅうの仕事を負わせたりすることはきません。われわれは空飛ぶ小鳥ことりよりも自由です。何となれば、鳥でも日毎ひごとに食を求め、人をおそれてビクビクしているではありませんか。

『が、これ等のいずれよりも難有ありがたいのは霊魂の最大仇敵きゅうてきたる、肉慾のわずらいから免れ得たことです。地上の生活中のもっともよきものは残り、もっとわるきものは去り、そしてそのかわりにはるかにすぐれたる幾多いくたたのしみが与えられて居ります。しからばあなた方がモ一度地上にもどれとわれわれに望まるるのはいささか利己的りこてきではありませんか。あなた方は地上ちじょうをさほどに結構な愉快なところと思召おぼしめされますか。それほどそれが幸福にち、平和に充ちて居りますか。いなし私に一人のにくにくい人がありとすれば、その人が永久えいきゅう地上に住むことを祈るほど深きのろいはないのです。

『神がわれわれの地上生活を短縮たんしゅくしてくだすったことは何よりの恩恵おんけいであります。われわれは地上の生活の取るにらぬを知るにはあれだけの経験けいけんで沢山です。ですからわれわれのめには少しもいたんでくださいますな。若し是非ぜひそうしたいと思召すなら、無事に兵火のちまたをくぐりぬけ、母国にかえりてその高き理想のむなしく破壊され、その青春の血汐ちしおれ果てたことを発見して失望しっぼうの淵に沈む人達のめに哀悼あいとうの意を表して下さい。

『イヤ実際に私は幸福こうふくであります。又私達の中で一意向上こうじょうの進路を辿たどるものは皆幸福であります。「恐怖きょうふおう」――死の通過と同時に一切の恐怖おそれは消え失せ、われわれは安心してくらしています。われわれの前には金色こんじきの広い光のみちが眼もはるかにひろがり、その両側にはすぐれてうるわしき不朽の花が咲き乱れ、そして一歩足を転ずるごとに前よりもはるかに美しき光景こうけいが展開して行きます。進めば進むだけ人生じんせいの暗い森が遠ざかり、やがていくばくもなくして世上生活の記憶はただ一場の朦朧もうろうたる悪夢と消えてしまうでしょう。勿論むろん現在のわれわれのよろこびは全きものではありません。理想りそうは常に遠き未来みらいに残されます。が、少しもおそるる所なくわれわれは前進をつづけ、時々足をとどめて地上に向ってわれわれの通信つうしんを送るだけであります。いつでもお出でください。友として歓迎致かんげいいたします。地上において点火されたるあいはここでは一層明るくえますが、これれに反して憎みの念は次第しだいに消え去ります。われわれは地上ちじょうでわれわれの仕事をはたしました。今はここで仕事しごとをやりつつあります。何卒なにとぞ諸君は現在のわれわれをよく理解して、いつも地上に居った時の旧阿蒙きゅうあもうであるとかんがえてはくださいますな。何卒なにとぞわれわれの自由をおよろこびください。そしていずれ再会のおりまでは、あなた方はあなた方の胸に宿やどる信仰の光のあとを追って行ってください。そのひかりは死の門があなた方の後に固くとざされた時にいよいよ赫灼かくしゃくたる光輝をはなつでありましょう。』


"A Subaltern in Spirit Land"

底本:「幽界行脚」 嵩山房

発行: 1931(昭和6)年1月15日発行

John Sebastian Marlowe Ward

J.S.M.ワアド著

淺野和三郎・粕川章子共訳

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に基づいて、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、斜字に置き換えました。また、底本中のルビ と、入力者による振り仮名は、右の様に表示されます。表示事例ひょうじじれい、その他、難解な言葉遣いに対しては適宜、注記いたしました。

※ 訳者の一人、粕川章子氏の翻訳家著作商用権は2018年まで有効ですが、当サイトは粕川章子氏の御遺族の同意を得て公開しております。なお、本文の転載、商用利用などは御遺族の了承が必要です。


一 本書の著者

目  次

三 本書の翻訳


心霊図書館: 連絡先