心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

三十二 第七境まで

 それから吾輩わがはい守護神しゅごじんみちびかれて市外しがいた。途中とちゅういくつかのまちむらぎ、とうとう一つの山脈さんみゃくふもとたっした。吾輩わがはいはそのやまあえあえのぼってったが、のぼるにつれて道路どうろはますます険阻けんそになった。やっとのことでその頂上ちょうじょうたっしてると、前面ぜんめんのすぐちかいところに休憩所きゅうけいじょたっていた。それは今迄いままでいずれよりもおおきく、うつくしく、巍々ききとしてたか空中くうちゅうそびえ、そして最高層さいこうそうからは一だい光明こうみょう赫灼かくしゃくとして闇中あんちゅうらした。

 しかし最後さいごの一と骨折ほねおらずには地獄じごくることはゆるされなかった。吾輩わがはい俄然がぜん一群ひとむれ乱民らんみん包囲ほういされ其所そこ絶壁ぜっぺきからしたにつきおとされんとしたのである。

 が、吾輩わがはいもモーこれしきのことでは容易ようい勇気ゆうきうしなわない。満腔まんこう念力ねんりき集注しゅうちゅうしてちかかるものどもをみぎひだりげつけた。同時どうじ吾輩わがはい守護神しゅごじん全身ぜんしんから光明こうみょうほとばしらしつつそばっていてくださるので、とうとう悪霊あくれいどもはおそおののきつつ敗走はいそうした。

 ひかりは吾輩わがはいりでも非常ひじょう苦痛くつうあたえたが、をくいしばってそれをこらえた。そしてよろめきながらようや休憩所きゅうけいじょ玄関げんかんまで辿たどりつくと、内部なかからいて、だれやらが親切しんせつ吾輩わがはいりてれてくれた。戸外そとには敗走はいそうした乱民らんみん叫喚きょうかんこえがかすかにきこえた。

 そのとき何所どこやらで吾輩わがはい守護神しゅごじんわれた。──

『わがよ、はしばらく姿すがただけかくしてるが、いつもすぐかたわらについてるから安心あんしんしているがよい……。』

 それから吾輩わがはい其所そこ親切しんせつ天使達てんしたちみちびかれて薄暗うすぐらしつはいって休息きゅうそくしたが、光明あかりつよくてけられないので、それがんな風采ふうさい人達ひとたちなのかはさっぱりわからなかった。

 もなく吾輩わがはい其所そこ病院びょういんいれられて一しゅ手術しゅじゅつけた。それは吾輩わがはいよごれたからだから邪悪分子じゃあくぶんし除去じょきょするめであった。その手術しゅじゅつがすむと、おどろいたことには吾輩わがはいからだはめちゃめちゃに縮少しゅくしょうしてッぽけなあかぼうおおきさ[#「おおきさ」は底本では「おおいさ」]になってしまっていた! それからだんだん体格たいかくきずげてって、もなく学校がっこう通学つうがくるところまで発達はったつした。その学校がっこう御目おめにかかったのがPさんで、吾輩わがはい大変御面倒たいへんごめんどうをかけたものです。当時とうじ学校中がっこうちゅう最不良少年さいふりょうしょうねん吾輩わがはいであったが、それでもPさんはどこまでも吾輩わがはい見棄みすててはくださらなかった。

 Pさんは学校がっこう退かれるにのぞみ、是非ぜひあとについてうえ世界せかいのぼってるようにとしきりにすすめられたので、吾輩わがはいもとうとうその覚悟かくごをきめましたが、あと物語ものがたりは次回じかい申上もうしあげます。──

 ワアドはやくそのさきをききたかったが、むをわかれをつげて地上ちじょう肉体にくたいもどりました。


三十一 死後の生活の有無

目  次

三十三 地獄脱出


心霊図書館: 連絡先