心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

三十 第六境

 吾輩わがはいあきれて一瞬間しゅんかん牧師ぼくしかお凝視ぎょうしした。──

『それならあなたはうして此所ここへおいでになってるのです?』

『イヤわたくしはなにやらみょうなことでここたのじゃ。わたくし病気びょうきにかかり、やがて意識いしきうしなった。そのあいだすこぶ不思議ふしぎな、そして気味きみのわるいゆめせられたが、勿論もちろんここにててべるだけ価値かちはない。ゆめは五ぞうつかれにぎんからナ………。やがて回復かいふくしてるといつのにかわたくし此所ここる。しかしつまません。ひといてたがだれもくわしいことってるものがない。そのうちこの教区きょうく前任者ぜんにんしゃ不思議ふしぎなことでプイと行方ゆくえ不明ふめいになったので、わたくしがそのかわりに教区きょうくあずかることになって、今日こんにちおよんでるのじゃ。何人なんびと前任者ぜんにんしゃんだものとしてるが、かくこの土地とち生活状態せいかつじょうたいにはなにやら不可解ふかかいてんおおい。ここではだれぬものがない。したがって葬式そうしき必要ひつようもない。ただひとらぬからだ消滅しょうめつするのじゃナ。多分たぶん衛生当事者えいせいとうじしゃがひそかに屍体したい処分しょぶんするものかとおもうが、そんなことはわたくしの職務外しょくむがいのことじゃからふかきただしもしません。何分なにぶんわたくし受持うけもっている教区きょうく中央部ちゅうおうぶにあるので、あさからばんまでかかりりにかかっててもわぬくらい多忙たぼうでナ………。』

『あなたはこちらで結婚けっこんでもなさいましたか?』

無論むろんしました。もとつまわたくし病中びょうちゅうにてっきりんだものとしかおもわれないから、わたくしなん躊躇ちゅうちょするところもなく再婚さいこんしました。もちろんわたくしはモー老人ろうじんべつ結婚けっこんはせずともよいのじゃが、しかしつまてくれんと教区きょうく事務遂行じむすいこうかんしてたいへん差支さしつかえしょうずる。よくをいえば今度こんどつまがモすこ手腕しゅわんがあってくれればとおもうが、まあしかし人間にんげんたいていのところであきらめるのが肝要かんようでナ……。』

『してると、あなたは現在げんざい地獄じごくちてらるることにまだおがつかれないのですか?』

『これこれあなたはんでもないことをッしゃる!』

 仕方しかたがないから吾輩わがはいはここが地獄じごくの一部分ぶぶんであること、また死後しご吾輩わがはいがいろいろのにが経験けいけんをなめたことを物語ものがたってやった。かれきわめてひややかに吾輩わがはいはなしをきいてたがやがてくちさしはさんだ。──

『イヤもうそれで沢山たくさん沢山たくさん!、 わたくしがもし尋常ただ人間にんげんであったならこのままだまってはまされないところじゃが、身分みぶん身分みぶんじゃから、ただこれだけあなたにってかせる。──ほかでもない、それはわたくしがあなたのはなし全部ぜんぶ信用しんようしないということじゃ。今日きょうんでもないひとって時間じかん浪費ろうひしてしもうた! あなたはうそつきか、それともあなたの人相にんそうからさっして、余程よほど悪漢わるものかに相違そういない。一こくはやくこのまちからってください。慈悲忍辱じひにんじょくとしてわたくしからは告発こくはつはせぬことにするが、しこれがほかひとであったらけっしてあなたたいな人物じんぶつ容赦ようしゃせぬにきまってる………。』

 かれ吾輩わがはいをうッちやらかしていて、やがてちかづいた二人ふたり婦人おんな吾輩わがはいのことべラべラ説明せつめいはじめた。吾輩わがはいもこんなところ永居ながい無用むよう早速さっそく寺院じいんから飛出とびだしてしまった。


三十 第六境 (中)

目  次

三十一 死後の生活の有無


心霊図書館: 連絡先