心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

三十 第六境

 モーこんなものの見物けんぶつにはウンザリしたので吾輩わがはい守護神しゅごじんところ立返たちかえり、それにみちびかれて市街しがい中央部ちゅうおうぶをさして出掛でかけた。すると、其所そこには煉瓦造れんがづくりのゴシックまがいのろくでもない寺院じいんがあったのでこころみにこれにはいってた。

 丁度ちょうど内部ないぶでは祈祷きとうはじまって最中さいちゅうで、でッぷりふとった一人ひとりそうがねばねばした偽善者声ぎぜんしゃごえしてなにしゃべっているので吾輩わがはい癇癪かんしゃくにさわった。おいのりの文句もんくなどはただべらべらと器械的きかいてきにのべるのみで、ねつすこしもない。すべてがただ形式けいしきぺんしゃべほうほうもおたがいにおちゃにごしているにぎない。

 かれの説教せっきょううちみみにとまった文句もんくの二三をすこ紹介しょうかいするとうだ。──

親愛しんあいなる兄弟姉妹諸氏きょうだいしまいしょし、あなたがたわたくしたすけてこの大都市だいとしうち何等なんら悪徳あくとくかげもひそまぬようにちからをつくしていただかねばなりません。裏面りめんおい何等なんらかの不倫ふりん行為こういふけっているものがあらば、その真相しんそう徹底的てっていてきにあぱきすことが必要ひつようであります。たとえそれがあなたがた親友しんゆうであり、また親族しんぞくでありましても容赦ようしゃなく弾劾だんがいすることがあなたがた責務せきむであります。しあなたがた大事業だいじぎょうに一ちからえられようと思召おぼしめさるるなら何時いつでもわたくしところにおでになり、うたがわしいとおもわるるところを御遠慮ごえんりょなくわたくしに密告みっこくしていただきます。悪事あくじ跋扈横行ばっこおうぎょうほどおそろしいものはないのですから、つねにそれをふたばうちることの工夫くふう肝要かんようであります。わたくしつねにあなたがた味方みかたであります。悪徳駆除あくとくくじょめには如何いかなる手段しゅだんえらびません。

『ここに一れい申上もうしあげてきます。あなたがた御友人ごゆうじん某夫人ぼうふじん近頃ちかごろ寺院じいん参拝さんぱいしない。ドーもそのほうがある紳士しんし姦通かんつううたがいがある。──そんな場合ばあいにはあなたがたはそのかた同情どうじょうするふりをするのです。そうしてるべくそのひとをおびきして自白じはくさせるのです。同時どうじ彼女かのじょ良人おっとにはひそかに警告けいこくをあたえ、就中なかんずくわたくしまで一さい事情じじょう報告ほうこくしていただくのです。』

 んな調子ちょうしでしばらくろんじたて、最後さいご結論けつろんした。──

にもかくにも罪悪ざいあく証拠充分しょうこじゅうぶんなりとればそんな社会しゃかい公敵こうてきたいして何等なんら慈悲恩恵じひおんけいほどこすべきでありません。一はやくかの城壁じょうへきとうより永久えいきゅうかえることのない大奈落だいならくおとすべきであります。──きましては明日あす皆様みなさまと一どうかいして大宴会だいえんかいもよおし、そのさい寺院改良じいんかいりょうつべき資金しきん調達ちょうたつこころみたいとぞんじます。何卒なにとぞ公共こうきょうめに皆様みなさま御出席ごしゅっせき希望きぼういたします。』

 んだ説教せっきょうもあったものだ。吾輩わがはい寺院じいんようとすると、聴衆ちょうしゅうがひそかにんなことをかたってた。──

牧師ぼくしさんはいつもいつも寺院改良じいんかいりょうめだとって資金しきん募集ぼしゅうをやるが、一たいあの金子かねうするのでしょうナ?』

『そりャむろん自分じぶん懐中ふところじこむのでさ。すくなくともその大部分だいぶぶんを……』

わたしもそうおもいますね………。しかしあの金子かねんに使つかうのでしょうナ?』

『二じゅう生活せいかつをすると金子かねがかかりますよ。──御承知ごしょうちとおりあのひとには妻君さいくんほかかこものがありますからネ。』

 吾輩わがはいはそれだけしかかなかった。が、翌日よくじつ大宴会だいえんかいというものには是非ぜひ出席しゅっせきしてようと決心けっしんした。で翌日よくじつ都合つごうをつけて、すこ早目はやめ寺院じいん出掛でかけてってると、大会堂だいかいどうには牧師ぼくしひかえ、周囲しゅういにはかれ崇拝すうはいする婦人ふじんの一だんやぎッしりあつまってた。牧師ぼくしにかことしゃべれば、いずれもせんあらそってそれに調子ちょうしあわせ、そして隙間すきま見計みはからってだれかの告口つげぐちをする。なかには随分ずいぶんくちにするにもえないような悪口わるくちまじってた。

 ようやくのことで、吾輩わがはいはある機会きかい見付みつけて牧師ぼくしはなしかけた。──

牧師ぼくしさん、わたし折入おりいって一つの簡単かんたん問題もんだいについておたずねしたいのですが、一たいあなたさまはキリストきょうこころから御信仰ごしんこうなさいますか? それとも博学はくがく高僧達こうそうたちおおくとおなじくそれをただ一ぺん神話しんわ御考おかんがえになられますか? つまりかみ天国てんごく地獄じごくなどというものがはたしてあるものかな

いものか、御腹蔵ごふぞうのないところをうかがいとうございます。』

 かれ両手りょうてあわせ、れいのねばねばした句調くちょうこたえた。──

『そりャ信仰しんこうという言葉ことば意味次第いみしだいであります。牧師ぼくしというものには大責任だいせきにんがありますから、めったに心弱こころよわきものをつまずかせるようなことわれません。』

 いろいろとげん左右さゆうたくしてげをったが、吾輩わがはい追窮ついきゅうしてまないので、とうとうかれ本音ほんねいた。──

『イヤ個人こじんとしていうならば、わたくしはキリストの物語ものがたりを一つの神話しんわ………はなはうつくしき一ぺん神話しんわかんがえます。せんとポールをはじめ、古代こだいのキリスト教徒きょうとおそらくみなそうかんがえたに相違そういありません。キリストの事蹟じせきは一だい真理しんりおしえたところの一つの象徴しょうちょうであります。丁度ちょうどエジプトじんがオリシスしん復活ふっかつとをくようなもので、教育きょういくのあるエジプトじんがオリシスしん実在じつざいしんじていたとはドーしてもおもえない。あれはたんなる一つの寓言ぐうげんぎません。不幸ふこうにも無智むち無学むがくはこれ寓言ぐうげん字義通じぎどおりに信仰しんこうし、中世ちゅうせい時代じだいおよんで、それが一ぱん信仰しんこうとなってしまった。近頃ちかごろになってから、われわれは次第しだい真理しんり眼覚めざめ、迷信めいしんかすなかから脱却だっきゃくしつつある。──が、もちろんわれわれはおおきなこえ此等これら事実じじつを一般人ぱんじんにきかせることはきません。しもそんなことでもしようものならおそらく牧師ぼくししょくぼうにふることになるかもれません……。』

『そうしますと、しもキリスト教義きょうぎ全体ぜんたいたんなる寓言ぐうげんぎないとすれば、教会きょうかい必要ひつよう何所どこございましょうか?』

『そりャ大々だいだいてき必要ひつようがあります。本来ほんらい教会きょうかいというものは偉大いだいなる道徳的勢力どうとくてきせいりょく源泉げんせんであるべきで、今後こんごおそらく一さい迷信的分子めいしんてきぶんしから脱却だっきゃくすることになりましょう。が、現在げんざいではまだそうするのは早過はやすぎます。大多数だいたすう民衆みんしゅうめにはるにもらぬ寓言比喩ぐうげんひゆをも政策上せいさくじょう使用しようせねばなりません。』

『では天国てんごく地獄じごくかみなどは実際じっさい存在そんざいせぬと御考おかんがえですか?』

『そのてんかんしてはわたくし明答めいとうけたい。人々ひとびとにとりては、かみ観念かんねんゆうすることが必要ひつようである。さもないと道徳的法則どうとくてきほうそく遵守じゅんしゅせぬことになりますからナ。が、わたくし私見しけんとしては、かならずしもかみはないものと断定だんていもせぬが、またかみ必要ひつようくべからざるものともかんがえない。わたくしはこの世界せかいがいくつかの法則ほうそく司配しはいされ、就中なんずく道徳的法則どうとくてきほうそくなによりとうといものであるようにおもいます。道徳的法則どうとくてきほうそくやぶるものは早晩そうばんその法則ほうそくによって懲戒ちょうかいけますから、かならずしも万能ばんのう創造者そうぞうしゃ必要ひつようとはみとめられない。──いやしかしわたくしはこんなことを一ぱん民衆みんしゅうには公言こうげんするわけではありません………。』

『けれども』と吾輩わがはいかれ雄弁ゆうべんさえぎってった。『にもかみ万能ばんのう専制君主せんせいくんしゅ見做みな必要ひつようはないでしょう。かみは一さい見通みとおすところの賢明けんめいなる審判者しんぱんしゃであって、あなたの所謂いわゆる法則ほうそくなるものはつまりかみからはっするもの、かみ整理せいりさるるものではないでしょうか?』

『それはそうかもれない。しかし淡泊たんぱくにいうと、天国てんごくだの地獄じごくだのというものはあれはみなうそです。各人かくじんうけ賞罰しょうばつは、つまり疾病しっぺい有無うむまた社会しゃかい待遇等たいぐうとうによりてきまるもので、けっして天国てんごくだの地獄じごくだのがあって賞罰しょうばつあたえるのではない。わたくし地位ちいとしては死後しご生活せいかつがないと公言こうげんすることをはばかるが、しかしじつはあんなことは到底とうていしんじられない。』


三十 第六境 (上)

目  次

三十 第六境 (下)


心霊図書館: 連絡先