心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

二十八 第五部の唯物主義者

 さて吾輩わがはいまた守護神しゅごじんみちびかれて、はしわたって対岸たいがん哨所しょうしょはいった。が、ここではちょっとあしとどめただけで、ふたた濃霧のうむちこめたやみ戸外おもてあゆみをはこんだ。

 しばらく一つのおおきなきたない河流かりゅうきしあるいてくと、やがて一だい都会とかい到着とうちゃくした。これはにも陰鬱極いんうつきわまるところで、見渡みわたかぎ烟突えんとつばかり、製造所せいぞうしょやら倉庫そうこやらがゴチャゴチャとならんで、そのあいだには塵埃ごみだらけの市街しがい従横じゅうおうつらなってる。何所どこてもむさくるしく、ほこりくさく、そして工場こうじょう内外ないがいには職工しょっこうがゾロゾロ往来おうらいしている。吾輩わがはいあしとどめて職工しょっこう一人ひとりたずねた。──

『一たい君達きみたちはここでなにをしてる?』

工業こうぎょうさ、無論むろん……。』

製造せいぞうした品物しなものうするかね?』

るのだね無論むろん……。しかしみょうなことには、いくってもってもその品物しなものみな製造所せいぞうじょもどってやがる。んなに沢山たくさん倉庫そうこばかりならんでるのはそのめだ。ここではひッきりなしに倉庫そうこててなけりャッつきャしない。邪魔じゃまでしょうがないから一しょう懸命けんめいばしてるんだが、それでもいつのまにやら一つのこらず品物しなものもどってやがる。』

いてしまったらよかろう。』と吾輩わがはい注意ちゅういした。

いてしまえッて………。そりャ無論むろんいてる。一ぺんおおきな倉庫そうこの十むねくのだが、しかし矢張やは駄目だめだね。すぐに全部ぜんぶがニョキニョキともどってる。こいつばかりはしょうがない……。』

『それなら何故なぜ製造せいぞう中止ちゅうししないのかね?』

『ところがそれがきなら。不思議ふしぎちからここはたらいていて、どーしてもひッきりなしにはたらいてはたらいてはたらかなければならなくできている。休日きゅうじつなどはまるでない。莫迦ばか莫迦ばかしいはなしだが、これも性分しょうぶんだからなんとも仕方しかたがない。きている時分じぶんだってこちとらは労働以外ろうどういがいなんにもかんがえたことなんかありャしなかった。のべつまくなしに糞骨折くそぼねおってはたらいたものだ。その報酬ほうしゅうがこれだ。せっせと同一おなじ仕事しごと繰返くりかえ繰返くりかえ繰返くりかえしして、一ねん、二ねん、五ねん、十ねん、百ねん………。何時いつまでもやすみッこなしだ。』

君達きみたちきてる時分じぶんにはただ物質ぶっしつのことばかりかんがえてたに相違そういない。そのせいで地獄じごくてもおなじようなことをさせられるのだ。』

地獄じごくだッて! 地獄じごくだの、極楽ごくらくだのというものがこのにあってたまるかい!』

『それなら此所ここ何所どこだとおもうのかね?』

るもんか、そんなことを……。またりたくもねえや。此所ここには寺院じいんはありャ僧侶そうりょもある。おまえたいな阿呆あほうはなしをする時間じかんはねえ。どりゃ仕事しごととりりかかろう。』

そうってそのおとこ工場こうじょうはいってった。

 吾輩わがはいはやがておおきな広場ひろばたが、そこには寺院じいん三個みっつもあった。一つは英国々えいこくこっきょうかい、一つは羅馬旧教ローマきゅうきょうほかの一つは反英国々はんえいこくこっきょうかい所属しょぞくであった。吾輩わがはいず英国々教派えいこくこっきょうかいは寺院じいんはいってた。一人ひとり僧侶そうりょがしきりに説教せっきょうこころみてたが、随分ずいぶん面白おもしろくない説教せっきょうで、要点ようてんしゅとして他宗たしゅう排斥はいせき寄附金きふきん募集ぼしゅうとであったが、それを社会しゃかい改良かいりょうだの、下層社会かそうしゃかい救済きゅうさいだのという問題もんだいにむすびけて長々ながながてるのであった。

 会衆かいしゅうはとるとか説教せっきょうなどに頓着とんちゃくしてるものはほとんどない。隣席りんせきものをつかまえて、喋々べらべら他人たにん悪口あくこうならべるのもあれば、近所きんじょているひと衣服いふく批評ひひょうこころみるのもある。其他そのた商売上しょうばいじょう相談そうだんをやるもの、議論ぎろんをやるものとう種々雑多しゅじゅざったで、僧侶そうりょこえなどはほとんどきとれない。

 あまりに莫迦ばからしいので、吾輩わがはい其所そこの二つの寺院じいんはいってたが、いずれもたりったりで、面白おもしろくもなんともなかった。

 ぎに吾輩わがはい出掛でかけたのはまちなか売店ばいてんばかりならんでいる一区劃くかくであったが、全体ぜんたい状況じょうきょうすこしも製造場せいぞうばかわってはしなかった。人々ひとびと買物かいものることはるものの、支払しはらった金子かねみなその買主かいぬしもどり、またった品物しなものみなその売主うりぬしもどってくのであった。

 あまりに不思議ふしぎなので吾輩わがはいはとある商店しゃうてん主人しゅじんむかっていた。──

『あなたの品物しなもの何所どこからるのです? 製造所せいぞうじょから仕入しいれてるのですか?』

『いやこれらの品物しなものみなわたしと一しょ此所ここいてたのです。いずれもみなわたしんだときみせいてあった品物しなものばかりですが、そいつがどうしてもこのみせからはなれません。るのもモーうんざりしますがね。』

『それなら商売しょうばいをやめたらいいでしょうに。』

冗談じょうだんちゃけません。商売しょうばいをやめたら仕事しごとがなくなってしまいます。わたし子供こども時分じぶんから品物しなものって一しょうくらして人間にんげんですからね………。』

 かれ吾輩わがはい極端きょくたん没分暁漢わからずや見絞みくびって、プイと先方むこういてしまった。そして一人ひとり婦人ふじんあたらしい帽子ぼうしりつけたが、むろんその帽子ぼうしみぎ婦人ふじんみせて三ぷんたないうちにチャンと自分じぶんみせもどってた。

 そのぎに吾輩わがはい市会議事堂しかいぎじどうはいってた。そこでは議員達ぎいんたちがしきりに改良策かいりょうさくいて火花ひばならして論戦ろんせんしてたが、いくら喋々ちょうちょう議論ぎろんしたところで、いずれその結果けっかつまらないにきまっているのでもなくまた其所そこてしまった。

 とうとう市街まちとおけて郊外こうがいたが、不相変あいかわらずそれは一ぼうがらんとした荒地あれちで、廃物はいぶつばかりがやまのようにまれ、くさなどはただの一ぽんえていなかった。


二十八 第五部の唯物主義者

目  次

三十 第六境 (上)


心霊図書館: 連絡先