心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

二十七 守護の天使との邂逅

 吾輩わがはいがつづいてたずねた。──

『そんなるいことをするのはしん悪魔あくまなのですか、それとも普通ふつう人間にんげん霊魂れいこんなのですか?』

『それは普通ふつう人間にんげん霊魂れいこんなのじゃ。彼等かれら地上ちじょう悪漢あっかん同様どうよう自分達じぶんたち仲間なかま彼等かれらをはなれて正義せいぎみちくことをきらうのじゃ。なんじいまべたようなしん悪魔あくまなどというものは、地獄じごく最下層さいかそう以外いがいにはめったにるものではない。地獄じごく上層じょうそうるのはたいてい人間にんげん霊魂れいこんであるとおもえば間違まちがいはない。』

『それなら自殺じさつしたもの何所どこるのでございますか?』

『そんなものはたいてい地獄じごくだい憎悪ぞうあく境涯きょうがいってるが、たまにだいるのがあるかもれん。また幽界ゆうかい時分じぶんに、そのつみつぐなってしまって地獄じごくちずにものすくなくない。』

『それはそうと天使様てんしさまなにやら光明あかりがだんだんつよく、行先ゆくさきあかるくなってまいりました。これはうしたのでございます?』

『われわれはだんだん光明こうみょう地域ちいきちかづきつつあるのじゃ。のみならず休憩所きゅうけいじょ天使達てんしたちが、われわれのちかづくのをって、われわれのめにかみ祈願きがんをこめてくださるのじゃ。ひかりというものはじつ信念しんねんそのものである。ゆえにわれわれのめにいのりをささげてくれるものがあれば、その信念しんねんひかりとなってわれわれをみちびいてくださる。』

 次第しだい次第しだいひかりつよさをくわえ、しまいにはまぶしくてしょうがなくなった。が、さいわいにも吾輩わがはい人格じんかくにこびりついた最劣悪部さいれつあくぶはすでにえつくしてしまったものとえ、このまえよりもいたみをかんずることがすくなかった。

 もなくわれわれは休憩所きゅうけいじょ辿たどりつき、その入口いりくち階段かいだんのぼりつめてまえった。守護神しゅごじんさえかける模様もようもなくするするとけて内部なかはいったが、しばしののち内部なかからひらかれ、吾輩わがはいだれかにみちびかれて室内しつないあゆった[#「った」は底本では「いつった」]。

 うまでもなく室内しつない極度きょくど光線こうせんがつよいので、吾輩わがはいは一すっかり盲目めくらとなってしまったが、それでもれるにつれて次第しだい勝手かってわかってた。きけばここに駐在ちゅうざいする天使達てんしたち任務にんむというのは、一つにはれい瀑布たき附近ふきん道路どうろ破壊はかいされるのをふせぎ、また一つにはだい居住者きょじゅうしゃがうっかりみちまよい、だいほうちてるのを監視かんしするめでもあった。

 ここで一ごんくわえてきたいのは、だい住民じゅうみんから排斥はいせきされたものが、ときとすればその境界線きょうかいせんにある絶壁ぜっぺきからだいおとされることである。だい大体だいたいおい大変たいへん格式かくしきおもんずるところで、規則違反者きそくいはんしゃれば、けっして容赦ようしゃしない。この休憩所きゅうけいじょはそんな連中れんちゅうをもできるだけすくうことにしているのである。

 おこの休憩所きゅうけいじょ前面ぜんめんにはインキいろ真黒まっくろかわながれているが、そのかわにかかっている橋梁きょうりょう警備けいびまたこの休憩所きゅうけいじょ天使達てんしたち引受ひきうけているのであった。


二十七 守護の天使との邂逅 (上)

目  次

二十八 第五部の唯物主義者


心霊図書館: 連絡先