心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

二十一 地獄の病院

 このなが物語ものがたりをきいて吾輩わがはいはニニィにむかってたずねた。──

きみは、ジューのことをあんなひどいわせてどくにはおもわんかね?』

どく? なにどくなものですか! あれぐらいことをしてやるのはあたまえだワ。──しかしんぼんでもこの解剖室かいぼうしつかれるのは真平まっぴらですワ。』

 吾輩わがはい今度こんどわか医者いしゃむかってった。

『それにしてもあなたはこのおんなくるしめてなに愉快ゆかいなのです? そりャこのおんないま随分ずいぶんみにくいことはみにくい。おかした罪悪つみめにさっぱり標緻きりょう駄目だめになっている。──しかしこれでも矢張やはおんなです。個人こじんとしてにもあなたに損害そんがいあたえたわけではないじゃありませんか。なぜこんなひどいわせるのです?』

『それでは』と医者いしゃこたえた。『このおんなかわりにきみ解剖かいぼうしてあげるかナ。』

吾輩わがはい御免蒙ごめんこうむる! それにしてもきみ解剖かいぼうするのが愉快ゆかいなのかね?』

愉快ゆかいなのかッって? っとも愉快ゆかいじゃないさ。そりャ最初さいしょひとくるしがるのをると一しゅ悪魔的あくまてき快楽かいらくかんぜぬではなかった。自分じぶんがつまらないとき他人たにんをつまらなくしてやるのはなんとなくれるものでね……。しかし、しばらくっているとそんな虚欺うそたのしみはだんだんいやになる。現在げんざいのわれわれは格別かくべつ面白おもしろくも可笑おかしくもなく、ただ器械的きかいてき解剖かいぼうをやっている。自分じぶんにかける犠牲者ぎせいしゃたいして可哀相かわいそうだの、どくだのという観念かんねんすこしもおこらない。われわれはぬるずッと以前いぜんから、そんなしゃれた感情かんじょうおとしてしまっている。のみならずここるもので憐憫れんびんあたいするものは一もない。いずれもみなわれわれ同様どうよう残忍性ざんにんせいびたものばかりだ。かく地獄じごくというところなにをしててもはなは面白おもしろくない空虚くうきょところだ。ここでは時間じかんのつぶしようがまったくない。イヤ時間じかんそのものさえもいのだから始末しまつけない………。』

 そうおわって、かれはプイとあちらをいて、グザと解剖刀かいぼうとうをば婦人ふじん胸部きょうぶてた。

 吾輩わがはいおぼえずかおをそむけてそのへやからようとすると、たちまち三四にん学者がくしゃどもが吾輩わがはいッつかまえた

いましたやつのかわりに此奴こいつにあわせてこうじゃないか。』

 そう彼等かれらの一さけぶのである。

冗談じょうだんっちゃこまる!』

 吾輩わがはい呶鳴どなりながら生命いのちがけで反抗はんこうしてたが、とうとう無理無体むりむてい解剖台かいぼうだいうえ引摺ひきずりあげ、しっかりとひもくくしつけられてしまった。それから解剖刀かいぼうとうからだの所々方々しょしょほうぼうえぐりまわされたそのつらさ! イヤとてもおはなしかぎりでありません。

 が、そうされながらも吾輩わがはい油断ゆだんなくすべき機会きかいねらいつめてた。

 もなくその機会きかい到来とうらいした。二人ふたり医者いしゃあいだなにかのことから喧嘩けんか開始かいしされた。てんあたえと吾輩わがはいだいからり、一しん不乱ふらん神様かみさま祈願きがんしながら玄関げんかんさしてした。

 一人ひとり二人ふたり吾輩わがはいきとめにかかったが、こんな事件じけんはここでは所中しょっちゅうありちのことえて、おおくは素知そしらぬふうよそおうて手出てだしをしない。とうとう吾輩わがはい戸外おもてし、それからまた荒涼こうりょうたる原野げんや生命いのちかぎりこんかぎりげることになった。

 が、しばらくしても、べつ追手おってのかかる模様もようえないので、やがて歩調ほちょうをゆるめ、病院びょういんける吾輩わがはい経験けいけん回想かいそうしてることにした。

 吾輩わがはい当時とうじ痛感つうかんしたことの一つは、地獄じごく住民じゅうみんはなはだしく共同性きょうどうせい団結性だんけつせいけていることであった。しばしのあいだなかよくしていても、それがけっして永続えいぞくしない。たとえば吾輩わがはいしたさいなどでも、医者達いしゃたちが、どこまでも一して吾輩わがはいつかまえにかかったなら到底とうていおうせるのぞみはないのである。ところが一たんげられると、そんなことはすっかりわすれてしまって、やがて相互そうごあいだ喧嘩けんかはじめる。げん吾輩わがはい病院びょういんあいだにも一人ひとり医者いしゃがその同僚どうりょうからつかまえられて解剖台かいぼうだいせられていた。

 ある一つの目的もくてきむかって義勇的ぎゆうてき協同きょうどうする観念かんねん絶無ぜつむなこと──これはたしかに地獄じごく特色とくしょくの一つである。

 イヤ今日きょうはなしはこれで一段落だんらくとしてきます。左様さようなら。──

 かたおわって陸軍士官りくぐんしかん室外しつがいあゆましたので、ワアド叔父おじさんに暇乞いとまごいをして地上ちじょう肉体にくたいもどることになったのでした。


二十一 地獄の病院 (中)

目  次

二十二 救いの曙光


心霊図書館: 連絡先