心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

二十 地獄の図書館

 これは六がつにち霊夢れいむ陸軍士官りくぐんしかんからきかされた物語ものがたり記録きろくです。れいによりて理窟りくつヌキで短刀直入たんとうちょくにゅうてき自己じこ体験たいけんのつづきをべています。

 さっそく前回かいのつづきを物語ものがたります。

 吾輩わがはいをつかまえた四にん奴原やつばらさかんに吾輩わがはいなぐりましたが、そのぐさふるっている。──

べつきさまなぐりたいわけではないが、うしてせないと、何方どちらつよいかわからないからナ……。』

 じつをいうと吾輩わがはい以前いぜん地獄じごくにいたときにはこれとおなじようなことをしてたのだ。で、んまり口惜くやしいので一たんは一しょう懸命けんめい反抗てむかってたのであるが、ドーも今度こんど勝手かってちがってさッぱりおもうようにかない。べつ吾輩わがはい意思いしよわくなったわけではないが、ただ悪事あくじはたらこうとする意思いしがめっきりよわったので、これでは喧嘩けんかをするのにはなは不利益ふりえきにきまっている。しかし吾輩わがはいめにはこれがかえってくすりなので、地獄じごくはばがきくような時代じだいにとてもすくわれる見込みこみはないにきまっている。

 随分ずいぶんひさしいあいだ吾輩わがはいは四にんものからいじかれたものだが、ようやくのことでちょっとの隙間すきまつけてした。あとから四にん追跡ついせきしてたものの、悪事あくじはたら意思いしよわくなったと反比例はんぴれい吾輩わがはいげる意思いしつよくなったおかげで、なんなく彼等かれらりにすることができだ。

 吾輩わがはいはそれから幾週間いくしゅうかんかにわたりて小石こいしまじりのやみ野原のはらをひたはしりにはしったが、そのあいだほとんどひと一人ひとりにもわず、まんったときにはつとめて此方こちらけてとおることにした。最後さいご吾輩わがはい一個ひとつおおきな建物たてものあたった。だんだんしらべてるとそれはおもいもよらず一の図書館としょかんであることがわかった。吾輩わがはいかんがえた。──

自分じぶんはドーにかしてこの地獄じごくから脱出だっしゅつするつもりだが、それにはいまうちにできるだけ地獄じごく内幕ないまく調査ちょうさをしていて、やがてそれを地上ちじょう学界がっかい報告ほうこくしたいものである。それには図書館としょかんとは難有ありがたい。まった註文ちゅうもんどおりのシロモノだ………。』

 少々しょうしょう薄気味うすきみわるいが、おもって建物たてもの内部なかはいってることにした。と、入口いりくちのところでたちま人相にんそう極度きょくどにわるい一人ひとり老人ろうじんにぶッつかった。

吾輩わがはい図書館としょかん内部ないぶせていただきたいので………。』

 仕方しかたがないからそう吾輩わがはいからした。

せてやるよ。』と老人ろうじんこたえた。『俐巧りこうなものはみなここへやってる。一たい地獄じごく有力者ゆうりょくしゃになろうとおもえば、だれでもここ勉強べんきょうせんと駄目だめじゃ。人間界にんげんかいでもそのとおりじゃが……。』

まった御説ごせつとおりです。──ところで御尋おたずねしますが、その図書館としょかん蔵書ぞうしょ憎悪ぞうあくぽうのものばかりですか? それとも科目かもくたとえば愛慾あいよくものなどもまじっているのですか?』

おも憎悪ぞうあくもの、残忍ざんにんものばかりじゃが、もちろん愛慾あいよくものもすこしはまじっている。──しかし純粋じゅんすい愛慾あいよくものをしらべようとおもえば愛慾あいよく都市とし附近ふきんもうけてある同市どうし専属せんぞく図書館としょかんかにゃならん。おまえさんなども其所そこ出掛でかけてって、もすこ勉強べんきょうしたがよかろう。そんにはならんぜ………。』

 んなことをしゃべりながら自分達じぶんたち図書館としょかん内部なかあゆったが、それは途方とほうもなく宏大こうだいなもので、組織そしきは三部門ぶもん分類ぶんるいされていた。すなわち──

  一、書籍部しょせきぶ

  二、思想画部しそうがぶ

  三、思想活画部しそうかつがぶ

である。書籍部しょせきぶには憎悪ぞうあく残忍ざんにんかんする一さい専門書せんもんしょ網羅もうらされてた。たとえば宗教裁判しゅうきょうさいばん記録きろく毒殺どくさつ手引書てびきしょ拷問ごうもん史実しじつならび説明書せつめいしょったようなものである。ただ其所そこ生体解剖等せいたいかいぼうとうかんする医書いしょ陳列ちんれつされているので吾輩わがはい不審ふしんおこした。

『一たい地獄じごくって書物しょもつとそうでない書物しょもつとの区別くべつなんできめるのです?』と吾輩わがはいは一さつ医書いしょして質問しつもんした。『たとえばこの生体解剖書せいたいかいぼうしょですが、こりゃフランスで出版しゅっぱんされたものです。このしゅ書物しょもつ全部ぜんぶ地獄じごくへまわされるのですか?』

『イヤそうはかぎらないよ。』と老人ろうじんこたえた。『地獄じごくるのとないのとは、その書物しょもつ目的もくてきならびにそれにともな影響えいきょうによりてきまるのじゃよ。』


十九 地獄の第二境 (下)

目  次

二十 地獄の図書館 (下)


心霊図書館: 連絡先