心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

十三 自から作る罪

 俄然がぜんとして魔術者まじゅつしゃくちひらいた。──

『この莫迦者ばかもの! んだッて[#「んだッて」は底本では「んだツつて」]ここへやがった? きさまはこれでいよいよ滅亡めつぼうじゃ!』

 そうってなにやらのろいの文句もんくとなえた。同時どうじにわれわれ悪霊あくれいってたかってこのあわれなそう武者振むしゃぶりついた。

 ふたた魔術者まじゅつしゃさけんだ。──

明日あすこそいよいよなんじ罪悪ざいあくひろ世間せけんにあばかれるじゃ! おれ配下はいか二人ふたり婦女おんなる。そいつたちが、きさま出来合できあって、ここを密会みっかい場所ばしょにしていたと、そう世間せけん自首じしゅしてる。──今度こんどこそいよいよなんじ急所きゅうしょをおさえた。いよいよモー逃路にげみちはない。生意気なまいきにもきさまおれ神聖しんせい仕事しごとにケチをつけ、悪魔あくま交通こうつうしている、などと世間せけんいふらした。不埓者奴ふらちものめがッ!』

 そう血涙けつるいしぼってさけんだ。──

うそうそだ! そんなことはまッかなうそだ!。拙者せっしゃ何者なんら罪悪つみおかさない。拙者せっしゃえん社会しゃかいうったあわせてなんじ悪魔あくま取引とりひきしていることを公然こうぜん社会しゃかい発表はっぴょうしてやる。』

『フフフフどこにそんな囈語たわごとしんずる莫迦者ばかものがあるものか! コレ大将たいしょうモー駄目だめじゃ駄目だめじゃ! あんまりじたばたせずにおとなしく往生おうじょうしたがよかろう。』

 散々さんざんあざけりながらなにやらおもいものをそうたたきつけたので、そう気絶きぜつしてゆかうえたおれた。

『まだころすのは早過はやすぎますぜ!』と吾輩わがはい魔術者まじゅつしゃ制止せいしした。『すッかり世間せけん信用しんようおとさしてからが可いです……』

『ナニころしはせぬ。うしていて此奴こいつからだにつけている品物しなものを二つ三つってやるまでのことじゃ。頭髪かみのけが二三ぼん、それに手巾はんけち時計とけいくさりにブラさげている印形いんぎょう……。そんな品物しなもの二人ふたり婦女おんなわたしてけば色情しきじょう関係かんけいのあった証拠しょうこ物件ぶっけんになる。』

『それよりは』と吾輩わがはい入智慧いれぢえした。『この坊主ぼうずおんなとを実際じっさいにひツつけてやりましょう。』

るほどそいつァみょうじゃ!』

 魔術者まじゅつしゃ大歓おおよろこびで吾輩わがはい提議ていぎ賛成さんせいした。──が、その瞬間しゅんかんにバッと[#「バッと」は底本では「バット」]満室まんしつにそそぎひかり洪水こうずいなにもオジャンになってしまった。イヤそのひかりあつさとったらにくとかし、ほねこがし、いかなるものでもとおさずにはかない。あとわかったが、このひかりそう守護しゅごする大天使だいてんしからはっするところの霊光れいこうなのであった。

 いつのにやら天使てんし現場げんじょうちかづいて、威容いよう儼然げんぜん喇叭らっぱたる明々ろうろうたるこえべるのがきかれた。──

かみ抵抗ていこうちからうしなえる人間にんげん悪魔あくま誘惑ゆうわくにかかるのを黙認もくにんしているわけにはかぬ。これまでなんじをして勝手かってにこの人物じんぶつをくるしめさせたのはかれたいする一の試練しれんであったのじゃ。かれをして首尾しゅびよくその誘惑ゆうわくたせんめのふかなさけかみしもとであったのじゃ。されどなんじ悪事あくじもいよいよ今日きょうかぎりじゃ[#「今日きょうかぎりじゃ」は底本では「今日きょうぎりじゃ」]。なんじ不義ふぎ不正ふせいはその頂点ちょうてんたっした。即刻そっこく地獄じごく奥深おくふかしずめ! 同時どうじ地獄じごくからのがれでたるなんじ悪霊あくれいなんじまた地獄じごくもどれ! なんじまえおとされたるところよりもさらに一だんふかさまで……。』

 そうべるもなく火焔かえん吾輩わがはいからだきにいた。魔術者まじゅつしゃまた一とたまりもなくんでたおれた。かれ霊魂れいこん迅促じんそくにその肉体にくたいから分離ぶんりし、そしてその幽体ゆうたい烈々れつれつたる聖火せいかめに一しゅんにして消散しょうさんり、赤裸々せきらら霊魂れいこんのみが一せい悲鳴ひめい名残なごりに、何所いずくともなくってしまった。吾輩わがはいまた無限むげん空間くうかんとおしてしたしたへとはかりられぬ暗闇くらやみうち転落てんらくしたのであった。

 最後さいごにやッとある地点ちてんにとどまりついたが、それは吾輩わがはいかつ君臨くんりんせる王国おうこくでもなければまたかの憎悪ぞうお大都市だいとしでもないのであった。そんなところよりはもッともッと下方したほとんど地獄じごく最下層さいかそうたっしてた。──が、其所そこんなったかというはなしいずまた機会おりておはなししましょう。──

 

 ワアドはそのとき質問しつもんはっしました。──

『ちょっとおたずねしますが、貴下あなた地上ちじょうときからだいろ赤黒あかぐろかったというのはありャ一たいどういうわけございます?』

『それは多分たぶん』と叔父おじさんがわきから言葉くちしました。『霊衣オーラいろ赤黒あかぐろかったのじゃろう。おまえっとるとおり霊衣オーラというものはそのとき感情かんじょう次第しだいいろがいろいろにかわる。赤黒あかぐろいのはいうまでもなく憎悪ぞうおいろじゃ。』

『それはそうと陸軍士官りくぐんしかんさん、あなたのおはなしきへすすめばすすむにつれてだんだん途方とほう途徹とてつもないものになってまいりますナ。』とワアドかさねていました。『就中なかんずく今回こんかい魔術者まじゅつしゃ物語ものがたりときてはいかにもはなれていますから、はたして世人せじんこれをきいても信用しんようするでしょうか? 近頃ちかごろ魔術まじゅつなどというものはまるですたれてしまっていますから、おそらくこんなはなし真面目まじめ受取うけとるものはないでしょうナ……。』

『イヤ世人せじん信用しんようするかせんかは吾輩わがはいすこしも頓着とんじゃくせん。』と陸軍士官りくぐんしかんこたえました。『吾輩わがはい物語ものがたりは一から十までみな事実じじつだんじゃ。このはなしをしてかんと吾輩わがはいぎの物語ものがたりうつわけかん。吾輩わがはいがこの魔術者まじゅつしゃとグルになったればこそあんな地獄じごく最下層さいかそうまでちこむことになったので……。』

『そうじゃとも。』と叔父おじさんがふたた言葉くちはさみました。『世間せけん思惑おもわく心配しんぱいして事実じじつぐることは面白おもしろうない。──しかし今日きょう時間じかんた。おまえはよ地上ちじょうもどるがよい………。』

 ぎの瞬間しゅんかんにワアド意識いしきうしなってしまいました。


十三 自から作る罪」(中)

目  次

十四 真の悪魔


心霊図書館: 連絡先