心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

九 ダントン征伐

 さていよいよ戦争いくさはなしでありますが、──われわれが敵地てきち闖入ちんにゅうすると同時どうじてき軍隊ぐんたいまたむこうの山丘さんきゅう沿いて集合しゅうごうした。ざッと地理ちり説明せつめいをやると、皇帝こうてい領土りょうどてき領土りょうどとの中間ちゅうかんには一の展開てんかいした平原へいげんがある。あまひろいものでもないが、それが二だい勢力間せいりょくかんの一つの障壁しょうへきたるには充分じゅうぶんで、おそらくダントンの強烈きょうれつなる意思いしちから創造つくしたシロモノかもれません。もっともその地帯ちたいはば幾何いくらながさは幾何いくらということはちょっとべにくい。霊界れいかいには物質界ぶっしつかい所謂いわゆる空間くうかんったようなものが存在そんざいせぬからです。──が、かくそれは相当そうとうひろいもので、二つの大軍たいぐん複雑ふくざつきわまる展開運動てんかいうんどうるのに差支さしつかえがない。地質ちしつ想像そうぞうおよばぬほど磽 确しょうかくで、真黒まっくろげ、ざくざくしたはいが一ぱいつもっている。

 やまは二すじある。ダントンはむこうのやま占領せんりょうし、われわれは手前てまえやま占領せんりょうしてあい対峙たいじした。そらは、地獄じごくでは何時いつでもそうだが、どんよりとくろずんで空気くうききりのかかったように濃厚のうこうであるが、んな暗黒裡あんこくりにありてもおたがい模様もようはよくえる。

 味方みかた重砲じゅうほうは三主力しゅりょくわかれた。──ナニ地獄じごくいくさにも大砲たいほう使用しようするかとッしゃるのですか。──無論むろんですとも! 人間にんげん間断かんだんなく発明はつめいしつつある一さい殺人機械さつじんきかい地獄じごくかずに何所どこきましょう? 半信仰はんしんこう境涯きょうがいだとて、まさか大砲たいほう余地よちはありません。兵器へいきという兵器へいきはその一さい地獄じごくのものです。ところで、ここはなは面白おもしろ現象げんしょうは、地上ちじょうときに、小銃しょうじゅうその近代式きんだいしき兵器へいき使用しようしたことのないもの霊界れいかいてからまるきりそれを使用しようすることがきないことです。地獄じごく兵器へいきたんかたちです。したがって兵器へいきてきくわえる損害そんがい精神的せいしんてきのものであって、ただそのかんじが肉体にくたい苦痛くつうにそッくりなだけです。

 で、地上ちじょうとき、一小銃しょうじゅうきずいたみを経験けいけんしたことのない人間にんげんにはほとんどそのいたみの見当けんとうれません。したがって他人たにんたいしてそのいたみをくわえることもきなければ、また他人たにんによりてそのいたみをくわえらるるおそれもない。きて時分じぶん小銃弾しょうじゅうだんあたえる苦痛くつういくらかかされていたものには多少たしょうのききめはあるとしても、しんはげしいいたみをみずからかんじ、またひとにもかんじさせるのには、是非ぜひとも生前せいぜんおい実地じっちにそのしゅいたみを経験けいけんしたものにかぎります。

 同一理由おなじりゆうで、地獄じごくおいもっと兇悪きょうあくなる加害者かがいしゃは、地上ちじょうおいてみじめな被害者ひがいしゃであったものにかぎります。かれだれかにたいしてつよ怨恨うらみいだいてんだとすれば、自分じぶんけたと同一苦痛おなじくつうをその加害者かがいしゃむくいることがきるからです。かの催眠術さいみんじゅつなどというものも、つまりその応用おうようで、術者自身じゅつしゃじしん砂糖さとうめて、被術者ひじゅつしゃあまかんじをあたえたりなにかします。就中なかんずく神経系統しんけいけいとう苦痛くつうであるとこの筆法ひっぽうくわえることも、またのぞくこともきます。──が、地上ちじょうおいてはその効力こうりょく制限せいげんがあります。それは物質ぶっしつ邪魔じゃまをするからです。しかし、モ研究けんきゅううえ練習れんしゅうめば催眠療法さいみんりょうほ》も現在げんざいよりは余程よほどうま仕事しごときましょう。ついでにここに注意ちゅういしてきますが、この想念そうねんちからなるものは他人たにんえきするがためめにも、また他人たにんがいするがめにも何方どちらにも活用かつようされます。むかし魔術まじゅつなどというものはしゅうとしてこの原則げんそくもとずいたもので、たとえば蝋人形ろうにんげょう眼球めだまはりむということは、たん魔術者まじゅつしゃ相手あいて眼球めだま念力ねんりき集注しゅうちゅうするめの手段しゅだんです。そうすると蝋人形ろうにんげょうあたえたとおりの苦痛くつう先方むこうおこるのです。

 ですから、んなことをるのには、無論むろん相手あいて精神せいしん──すくなくともその神経系統しんけいけいとう攪乱かくらんしていて仕事しごとにかかるほう容易よういであるが、しかしたまには先天的せんてんてき異常いじょう強烈きょうれつ意思いし所有者しょゆうしゃがあるもので、そんなひと直接ちょくせつ物質ぶっしつうえ影響えいきょうあたえる力量りきりょうってます。最高点さいこうてんたっすれば無論むろん精神せいしんちから物質ぶっしつ圧倒あっとうします。地球ちきゅうじょうではそんな場合ばあいはめったにないが、霊界れいかいではそれがザラにおこります。

 かくみぎ次第しだいで、地獄じごく軍隊ぐんたい生前せいぜん自分じぶん使つかいなれた兵器へいき使用しようします。大砲たいほう小銃しょうじゅうをまるきりらないものにはそんな兵器へいきはまるで無用むよう長物ちょうぶつです。

 ところで、ここに一つ可笑おかしな現象げんしょうは、地獄じごく大砲たいほうはあってもうまがないことです。うま動物どうぶつなので各々おのおの霊魂れいこんっている。大砲たいほうその無生物むせいぶつとはちがってたんかたちのみではない。したがって矢鱈やたら地獄じごくにはやってない。

 ただうま不足ふそくはある程度ていどまで人間にんげん霊魂れいこん臨時りんじうまかたち変形へんけいさせることによりてのぞくことがきた。むろんこれは吾輩わがはい皇帝こうてい故智こちまなんでった仕事しごとで、てきのダントンが其所そこがつかなかったのはどれだけ味方みかた有利ゆうりであったかれなかった。一たい人間にんげん霊魂れいこん縦令たとえ時的じてきにもせよ、その原形げんけいうしなわしめるということはなかなか容易ようい仕業しわざではない。何人たれうまいぬ姿すがたにかえられることをたいへんいやがる。なにやら自分じぶん個性こせいほろびるように心細こころぼそかんずるらしい……。ことによるとダントンには、ひといやがる仕事しごと無理むりらせるだけの強大きょうだいなる意思力いしりょくがなかったのかもれません。


九 ダントン征伐 (上)

目  次

十 地獄の戦


心霊図書館: 連絡先