心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(下編) 陸軍士官の地獄めぐり

一 死の前後

 ればかかり役人やくにんつくえりかかって吾輩わがはいるのをってた。わきつくえには書記しょきた。仕方しかたがないから吾輩わがはい脱帽だつぼうしてこうべをさげたが、無作法ぶさほうやつがあればあったもので一こうらぬかお半兵衛はんべえでいる。

わたし契約書けいやくしょ調印ちょういんをしにまいりましたが……』

 吾輩わがはいがそうってるのにやっこさん依然いぜんとして返答へんじをしない。ぎの瞬間しゅんかん書記しょきほういてんなことをっている。──

『モー十分間ぷんかんってても彼奴あいつなかったら事務所じむしょめてしまおう。』

『このつんぼ野郎やろう! おれはここにるじゃないか!』

 吾輩わがはいちから一ぱいそうさけんだが、先方むこうでは矢張やはましっている。いろいろってたが、先方むこうはとうとうあがって、吾輩わがはい約束やくそく無視むししたことをくちをきわめてののしりながらへやしまった。

 吾輩わがはいけずにののしかえしてたものの、うにもしょうがないので、あきらめてへやた。

彼奴あいつおれよりももッとってやがる……』

 吾輩わがはいこころなかかたくそうしんじた。

 ふたた玄関げんかんとおけたとおもった瞬間しゅんかんなにやら薄気味うすきみのわるい笑声わらいごえ耳辺みみもとにきこえたのでかえってると、むかし吾輩わがはい悪友あくゆうであったビリィが其所そこってた。さすがの吾輩わがはいもびッくりした。

んじゃビリィか! とうきさまんだはずじゃないか!』

あたまえさ!』とかれこたえた。『しかしおまえもとうとうんじゃったネ。容易よういにくたばりそうなやつではなかったがナ……。』

『この出鱈目野郎でたらめやろう! おれんでんでるものか。おれすこしばかりっているだけだ。』

ってる!』ビリィはキイキイごえわらった。『ってだけけたり、姿すがたえたりしてたまるものか! おまえがただっているだけならあの役人やくにんにおまえ姿すがたえるはずではないか。』

 そうわれて吾輩わがはい成程なるほどおもった。同時どうじ自分じぶん屍骸しがいさがしたいになった。

 ぎの瞬間しゅんかんにわれわれはストランドがいってた。するとビリィは其所そこ一人ひとり美人びじん姿すがたつけた。

うだいあのおんなは?』

 かれ無遠慮ぶえんりょおおきなこえでそう吾輩わがはいった。

『これこれきさまはそんなこえして……。』

莫迦ばか! 先方むこうおんなにこのこえきこえるもんか! おれ彼女あいつあとけてくのだ。』

けてってうするなのだ? おんなはそんな代物しろものではない。』

莫迦ばかだナおまえは!』とかれ横目よこめでにらみながら、『おまえもモすこしこの世界せかいのことがわかってればそんなくだらない心配しんぱいはしなくなる。おれかくってる。』

 ぎの瞬間しゅんかんにビリィはなくなってしまった。

 吾輩わがはいもビリィになくなられてきゅうびしくかんじたが、やがて自分じぶん屍体したいになった。不思議ふしぎなもので幽界ゆうかいると、いぬのような嗅覚きゅうかく出来できて、自分じぶん屍体したい臭気しゅうきがするのである。

 臭気しゅうきをたよりにあしはこぶと、もなく傷病者しょうびょうしゃ運搬車うんぱんしゃあたって、それに自分じぶん屍体したいまれてあることがすぐわかった。くるま病院びょういんくところなので、吾輩わがはいもそのくるまわきについてるいてった。

 やがて医者いしゃ吾輩わがはい屍体したい検査けんさした。

『こりャモー駄目だめだ!』と医者いしゃった。『なかなか手際てぎわよくやりやがった。うだい、この気楽きらくかおは!』

 吾輩わがはいしもきることならこの籔医者やぶいしゃ頭部あたまをウンとなぐりつけてやりたくて仕方しかたがなかった。

可哀かわいそうに……。』

ったのは看護婦かんごふであった。

 するといて巡査じゅんさった。──

『ナニべつ可哀かわいそうなやつじゃない。かれたときにすッかり泥酔でいすいしてたのじゃからせめ全然ぜんぜん本人ほんにんにあるのじゃ。わし這奴こやつをようつとるが、なんともえぬ悪党あくとうじゃった。這奴こやつったのはかえって社会しゃかい利益ためになる。』

 その瞬間しゅんかんにケタケタと気味きみのわるい笑声わらいごえがするのでかえってると、そこにるのはにも獰猛どうもう面構つらがまえ化物然ばけものぜんたるやつであった。

『一たいきさまは何者なにものだい?』

吾輩わがはいたずねた。

『フフフフおれことをまだらんのか?』と其奴そいつこたえた。『おれ何年間なんねんかんかおまえまとってるものだ!』

……んだと……?』

おれはおまえ親友しんゆうだ! おまえ気性きしょうんでかげからおおい手伝てつだってやっている一つの霊魂れいこんだ。まァおれあとについてい。すこ方々ほうぼう案内あんないしてやるから……。』

 その瞬間しゅんかん病院びょういんせてしまった。


一 死の前後 (上)

目  次

二 酒亭 (上)


心霊図書館: 連絡先