心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

三十一 欧州の戦雲

 叔父おじさんからの半歳はんさい以上いじょうわたってつづけられた霊界通信れいかいつうしんもいよいよ一段落だんらくをつけるべき時期じきおもむろにちかづきました。ほかでもない、それはしゅとして欧州おうしゅう全土ぜんどわたりて、かの有史ゆうし以来いらい類例ためしのない大戦乱だいせんらん勃発ぼっぱつせんとしつつあったからで、それが人間界にんげんかいはもとよりとお霊界れいかいおくまでも大影響だいえいきょうおよぼすことになったのであります。

 一九一四ねんがつ二十七にちよる、ワアドれいによりて叔父おじさんの学校がっこうおとずれ、不取敢とりあえず戦争せんそうことについて質問しつもんはっしました。

 ワアド。叔父おじさん、あなたは最近さいきん欧州おうしゅうおこったこの暗雲あんうんがやがて戦争せんそうみちびくものとおかんがえでございますか? なにやらすこぶ険悪けんあく模様もようえますが……。』

 叔父。うも戦争せんそうになりそうじゃ。わしあま地上ちじょうとの密接みっせつ関係かんけいってないからくわしいことはわからぬが、霊界れいかいでの風説ふうせつによると、目下もっか幽界ゆうかいほう純然じゅんぜんたる混沌状態こんとんじょうたいおちいり、あらゆる悪霊あくれいどもがいたるところに殺到さっとうして、死力しりょくをつくして戦争熱せんそうねつあおっているそうじゃ。

霊界れいかい方面ほうめんはすべてそれ動揺どうようほか超然ちょうぜんとしてりをしずめてるものの、しかしわれわれはへん予感よかんたされている。多分たぶんこれから数日すうじつうち和戦わせんいずれとも決定けっていするであろう。が、わし予言よげん絶対ぜったいにせぬ。わしはそんな能力のうりょくっているとはおもわない。

かく私達わしたち通信事業つうしんじぎょう急激きゅうげき中止ちゅうしちかづきつつあるが、また中止ちゅうししたほうよろしい。しも戦争せんそうはじまれば、わしたすけてこの霊界通信れいかいつうしんをしてくれている人達ひとたちも一解散かいさんせねばなるまい。おのおのみな自分じぶん任務にんむってるからナ。

『それからまたまえ健康状態けんこうじょうたいが、ドーも面白おもしろくない。来週らいしゅうになっても回復かいふくせぬようなら、からだがすっかりよくなるまで当分とうぶん霊界出張れいかいしゅっちょう見合みあわせるがよい。健康けんこうときには霊界旅行れいかいりょこうすこしもからだそこねるうれいはないが、病気びょうきときには全精力ぜんせいりょくげて病気びょうきたたかわねばならぬ。いずれにしても、おまえ剣橋ケンブリッジ講義こうぎをやる一ヶ月間げつかん自動書記じどうしょきこころみるわけにもくまい。

したがって今晩こんばん陸軍士官りくぐんしかんとの会見かいけんめてく。ひとつはおまえ健康けんこうなが滞在たいざいゆるさぬし、またひとつにはあのかた戦争せんそうめに昂奮こうふんっているし、ドーも面白おもしろくない。あのかたむかし所属しょぞくであった連隊れんたい復帰ふっきして出征しゅっせいするとってがつけられないので、みんなでいろいろなだめてるところじゃ。むろん私達わしたちはこの有益ゆうえき通信事業つうしんじぎょう永久えいきゅう放棄ほうきしようとはけっしておもわないが、当分とうぶんうちあの士官しかんやくちそうもない。あとになればたいへん見込みこみのある人物じんぶつじゃが、目下もっかのところでは、まるでとら血汐ちしおにおいぎつけたような塩梅あんばいじゃ。いずれにしても、あの陸軍士官りくぐんしかん異常いじょう挙動きょどうなり、また幽界方面ゆうかいほうめん風評ふうひょうなりから綜合そうごうして、もしかんでもない大事だいじになりはせぬかとわしたいいへん懸念けねんしている。

『まず今晩こんばんはこれでかえるがよい。よくをつけて、できるだけはや達者たっしゃからだになることじゃ。おまえ緬甸ビルマ出発しゅっぱつするまでには是非ぜひともこの書物しょもつ形付かたずけてしまいたい……。』

 で、ワアドただちに地上ちじょうもどったのですが、そのとき霊界旅行れいかいりょこうにはめっきり疲労ひろうおぼえたそうであります。

 えて八がつワアド講義こうぎめに剣橋ケンブリッジおもむきましたが、叔父おじからのかねての注意ちゅういのとおり其所そこ急性きゅうせい肋膜炎ろくまくえんにかかり、八がつ一ぱいそれになやまされました。したがってその期間きかん霊夢れいむ自動書記じどうしょきまった休業きゅうぎょうで、九がついたり、はじめてKたく自動書記じどうしょきこころみたのでした。


三十 幽界見物 (四)

目  次

三十二 戦端開始


心霊図書館: 連絡先