心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

二十八 霊界の動物

 モリィがたので二人ふたり動物談どうぶつだんには一そうあぶらってました。

 叔父。『ドーも動物どうぶつ地上ちじょうときよりも霊界れいかいてからのほう余程よほど人間にんげんになついてるようじゃ。かく理解わかりがずっとよくなって、物質上ぶっしつじょう娯楽ごらく不足ふそくをさほどにかんじなくなる。

『おまえっているとおり、霊界れいかいではおたがい思想しそうがただただけでよくわかるが、動物どうぶつたいしてもその気味きみがある。ただ動物どうぶつ人間にんげんほどはっきり物事ものごとかんがえるちからとぼしいかなしさに、思想しそうかたちがごちゃごちゃになりやすい。むろんその能力のうりょく次第しだい向上こうじょうはしてるが……。

『しかし動物どうぶつ思想しそうはせいぜい上等じょうとう部類ぶるいでもきわめて簡単かんたんではある。いまモリィはあることかんがえてるのじゃが、ひとこころみにそれをててるがいい。』

 ワアド。わたしわかりますかしら……。』

 ワアドは一しん不乱ふらんにモリィをつめましたが、最初さいしょあいだなにわかりませんでした。

 ワアド。『ドーもなにえませんナ。格別かくべつなにかんがえてはないとおもいますが……。』

 叔父。『イヤいぬにしてはたいへん真面目まじめかんがんでいる。それがわかっているからわしがおまえにきいてたのじゃ。おまえはまだ練習れんしゅうをせぬからわからないのも無理むりはないが、モ一ためしてるがい。頭脳あたま内部なかから一さい雑念ざつねんててしまってモリィのみをかんがえつめるのじゃ。おまえ視力しりょくをモリィのはな尖端さきあつめて……。』

 ワアド。はな尖端さきですか……。』

 ワアドおぼえず噴飯ふきだしてしまいましたが、かく叔父おじさんの命令めいれいどおりそうやってました。するとたちまへや全体ぜんたいせてモリィの姿すがたまでがえなくなり、そのかわりに一しゅ光線こうせんあらわれて、やがてひとつのになりました。

 よくよくその凝視ぎょうしすると、ワアド夫人ふじんのカアリィがボートをいで、モリィは舳先へさきすわってる。やがてボートは艇庫ていこから河面かめんにすべりて、白色はくしょく運動服うんどうふくたカアリィがしきりにオールあやつる。ほかにはだれってない。

 しばらくしてその光景こうけいが一ぺんした。今度こんどはモリィもカアリィもボートから上陸あがって河岸かし公園こうえんやすんでいる。カアリィが紅茶こうちゃをすするにモリィは地面じべた腹這はらばいになってあたえられた一ぺん菓子かしかじっている。

 すると突然とつぜん叔父おじさんが言葉ことばはさみました。──

『ドーじゃ今度こんどはモリィのかんがえてることがわかったじゃろうが……。』

 ワアド。『よくわかりました。が、そのことうして叔父おじさんにおわかりになります?』

 叔父。わしにはおまえ思想しそうもモリィの思想しそうもどちらもよくえているのじゃ。霊界れいかいのものは他人たにん胸中きょうちゅう洞察みぬくことがみな上手じょうずじゃ。

かくこんな塩梅あんばい動物どうぶつ人間にんげんと一しょんでればるほどだんだん能力のうりょく発達はったつしてる。只今ただいまモリィがかんがえてたことなどもなり複雑こみいったものではないか。たいていの動物どうぶつはせいぜいもとつかえた主人しゅじんかおおもくらいのものじゃ。

悧巧りこう動物どうぶつ死後しごへんまで人間にんげんとも向上こうじょうるものかはまだわしにもわからない。しかし霊界れいかいほう地上ちじょうよりも動物どうぶつりて発達はったつ見込みこみおおいことだけは明瞭めいりょうじゃとおもう。むろん動物どうぶつ地上ちじょうときでもある程度ていど読心術どくしんじゅつしき人間にんげん思想しそうみとることができぬではない。しかしおこっているとか、可愛かわいがっているとか、ごくおおざッぱなことのみにかぎられてり、しかもたいていの場合ばあいには人間にんげん無意識むいしき挙動きょどうたすけられている。

今晩こんばんはなしはこのへんでとめてきたいとおもうが、どこかにモすこ説明せつめいようする個所ところがあるならむろんいくらでも質問しつもんして差支さしつかえない。』

 ワアド。『ではついでにうかがいますが、わたし叔父おじさんとはいまいかなる方法ほうほう思想しそう交換こうかんおこなってるのでございます? 外観うわべではあたりまえに談話はなしまじえてるようにえますが……。』

 叔父。『むろん精神感応せいしんかんおうじゃ。人間にんげん談話はなし習慣しゅうかんっているのですぐに思想しそう言葉ことば飜訳ほんやくするが、けっして私達わしたち実際じっさい言語げんごまじえてわけではない。こころみにおまえがフランスじんとでも通信つうしんをやってればすぐわかる。フランスじんみみにはフランスきこえ、おまえみみには英語えいごできこえる。

『われわれが地上界ちじょうかいりて霊媒れいばいからだりて通信つうしんするときにわれわれははじめて実際じっさい言葉ことば使用しようする必要ひつようおこってくる。そのさい速成式そくせいしき外国語がいこくごおぼえる方法ほうほうもあって、あま六ヶ敷むずかし仕事しごとではないが、その説明せつめい他日たじつにゆずることにいたそう。

『われわれはおたがい思想しそう感識かんしきすることができると同時どうじ今度こんどこれかたちにかえることもきる。その原則げんそくちらもどう一で、ともに読心術どくしんじゅつ関係かんけいしたものじゃが、わかやすめに後者こうしゃ霊視れいしほう附属ふぞくさせ、前者ぜんしゃ読心術どくしんじゅつほう附属ふぞくさせるのがよかりそうじゃ。通信つうしんをやるにはちらを使用しようしてもかまわないが、しかし人間にんげんには読心術どくしんじゅつほういくらか容易やさしい。

とこが、動物どうぶつとなるとドーも霊視法れいしほうにかぎるようじゃ。これは動物どうぶつ地上生活中ちじょうせいかつちゅう談話はなしをしたことがなかったせいじゃとおもう。しかしうまでもなく、此等これらふたつの方法ほうほうはときどきごっちゃになってはっきりした区別くべつがない。たとえばおまえ陸軍士官りくぐんしかん物語ものがたりをきいてときに、その言葉ことばみみはいると同時どうじにその実況じっきょううつるようなものじゃ。』

 この説明せつめいおわってからワアド陸軍士官りくぐんしかんってその閲歴えつれきをきかされたのですが、それはべつにまとめてあります。


二十八 霊界の動物 (上)

目  次

二十九 幽界と霊界


心霊図書館: 連絡先