心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

二十七 公園の道草

 五がつ十八にちよる霊夢れいむ形式けいしきはいつもとはややおもむきことにし、ワアド自分じぶん肉体にくたい寝台しんだいなか熟睡じゅくすいしてるのをはっきりみとめたのでした。そうするうちへやはだんだんとおざかりてもやもやなものになり、一なにきりうみなかとざされてしまいましたが、やがてそのきり次第しだい次第しだい形態けいたいし、たちま日頃ひごろ見覚みおぼえのある霊界れいかい山河さんががありありと眼前がんぜん展開てんかいしました。

 其所そこにはやわらかな夕陽ゆうひひかりにつつまれた風光絶佳ふうこうぜっか田園でんえんもはるかにひろがってるではないか。空中くうちゅうからって、青草あおくさきつめたおかうえから瞰下みおろせば彼方かなた低地ていちには叔父おじさんの市街しがいあらわれ、校舎こうしゃ屋根やねひとひとつにかぞえられる。ワアドはそちらをしてあゆみをはこびました。

 同氏どうし通過つうかしたのは見事みごともりなかで、周囲しゅういには小鳥ことり面白おもしろそうにさえずってました。やがてかの立像りつぞうやら彫刻物ちょうこくぶつやらのならべる公園こうえんちかづくと附近ふきん花壇かだんからはえもわれぬ芳香ほうこうはなちました。

 その附近ふきんには沢山たくさん霊魂れいこん達がぞろぞろ往来おうらいしてましたが、いずれもワアド姿すがた物珍ものめずらしそうに凝視ぎょうしするのでした。同氏どうし様子ようすには何所どこやらちがったところがあったからでしょう。──と、二人ふたり若者わかものあしとどめてワアド言葉ことばをかけました。

『あなたさまは何誰どなたです? んだおかたございますか? ドーも何所どこやら霊界れいかいのものとは勝手かってちがいますがね。──けれどもんでないとすればドーしてんなところへおでになったのです?』

『イヤわたしはまたんではませんよ。』とワアドこたえました。『ただうしたことやらわたし叔父おじ歿なくなってからちょいちょい霊界こちら出掛でかけてまして、いろんな事柄ことがらたりいたりしてかえることにいたしてります。』

『こいつァドーも奇妙きみょうだ!』とそのなか一人ひとりいました。『わたしきてときにそんな芸当げいとうがやれるとよかった。』

 一人ひとりもつづいて、

『あなたはたん此所ここばかりでなく、ほか方面ほうめんとも往来おうらいをなさるのですか?』

『イヤなかなかそうもまいりません。けれどもほか方面ほうめんってかたでも、わたし叔父おじ適当てきとうおもえばんでわたし紹介しょうかいしてくれますので、お蔭様かげさま地獄じごく状況じょうきょうだの、幽界ゆうかい事情じじょうだのがちょいちょいわかってまいりました。』

んてあなたはのいいかたでしょう!』と最初さいしょ言葉ことばをかけた、身材せいたかほうのがもうしました。『私達わたしたちなどはんでるくせに地獄じごくことなどは一さい無我夢中むがむちゅうくらしてります。いくらか私達わたしたちわかってるのは幽界ゆうかい事情じじょうぐらいのものです。後生ごしょうです、しばらくこの泉水せんすいのほとりにこしでもかけて、その方面ほうめんはなしをきかせてください。』

 たッての懇望こんもうもだしがたく、ワアド二人ふたりそばこしをおろして陸軍士官りくぐんしかんからきかされた地獄じごく状況じょうきょう物語ものがたろうとしてりますと、突然とつぜん彼方むこうから叔父おじさんが大急おおいそぎでやってて、大分だいぶ不興ふきょうらしい顔容かおつきをしてワアドをたしなめました。──

『これこれおまえんなところで道草みちくさなどをっていてくれてはこまるじゃないか! 陸軍士官りくぐんしかんわしもせっかくおまえるのをってるのに……。』

 二人ふたりはかわるがわるワアドめに弁解べんかいし、道草みちくさわしたのは自分達じぶんたち過失かしつであると散々さんざんびました。

『それはよくわかってます』と叔父おじさんはこたえました。『もちろんあなたがた格別かくべつ悪意あくいがあったわけではないにきまってますが、ただそれことをききたいならわしところへおでなさるがよい。おい任務しごと地上ちじょうきて人達ひとたち当方こちら状況じょうきょうらせるのが目的もくてきで、にもんで霊界れいかいるあなたがた説教せっきょうするめではありません。』

御尤ごもっともさまで………。イヤんともんだ不調法ぶちょうほうをして相済あいすみません。』

 二人ふたり恐縮きょうしゅくていでさんざんあやまりました。

 そのまま二人ふたりわかれてワアド叔父おじさんにれられてれい校舎こうしゃはいってきますと、はたして其所そこにはれい陸軍士官りくぐんしかんるのをけてりました。かれはワアドかた握手あくしゅしながらいました。──

『ワアドさん、ちとおをつけなさらんと、霊界れいかいほう面白おもしろくなってかえがしなくなりますぜ……。』

 それから陸軍士官りくぐんしかん帰幽後きゆうご面白おもしろ実験譚じっけんだんのつづきをかたしたのでした。


二十六 無理な注文

目  次

二十八 霊界の動物 (上)


心霊図書館: 連絡先