心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

二十五 霊界の病院

私達わしたちさらだいしつはいってると、一人ひとり催眠術者さいみんじゅつしゃ手術しゅじゅつをやっている最中さいちゅうで、一人ひとり男性患者だんせいかんじゃむかってしきりに按手法あんしゅほうほどこしてるところであった。

術者じゅつしゃ私達わしたちるとすぐに挨拶あいさつした。そして手術中しゅじゅつちゅう患者かんじゃ病状びょうじょう説明せつめいしてくれたが、その患者かんじゃ生前せいぜんひどい怪我けがをした記憶きおく容易よういれないのだということであった。かれくわえた。──

「この患者かんじゃたいしてわたしはモーひさしい間催眠術あいだ さいみんじゅつほどこしてりますがなかなか捗々はかばかしくまいりません。しかしそのうちたしかに回復かいふくします。」

其所そこ私達わしたち今度こんど割合わりあいちいさなしつはいってったが、内部なかには一人ひとり婦人患者ふじんかんじゃ寝椅子ねいすよこたわってた。同行どうこう博士はかせ説明せつめいした。──

「これはじつ不思議ふしぎ患者かんじゃで、死後しご何時いつまでも生前せいぜん記憶きおくつよのこってるのにはおどろります。彼女かのじょ生前せいぜん片輪かたわ歩行ほこうできないものとかたおもんでたのです。機質的きしつてきには何等なんら故障こしょうもないのにみぎ錯覚さっかくつよまるとともにとうとう現在げんざいるような跛者びっこになりました。しも彼女かのじょ病気びょうき肉体的にくたいてきのものであったならからだせると同時どうじ病気びょうき消失しょうしつしたでありましょうが、彼女かのじょ疾患しっかん純然じゅんぜんたる精神的せいしんてきのものでありましたのでんでからも依然いぜんとして跛者びっこのままにのこってるのです。大体だいたい彼女かのじょ生来しょうらいしゅ変態心理へんたいしんり所有者しょゆうしゃで、片輪者かたわものるとみょう快感かいかんおぼえたといいます。そのくせそのほかてんではべつかわったところもなく、性質せいしつ兇悪きょうあくであるというようなところもありません。んな患者かんじゃはめったに私達わたしたち境涯ところへはまいりません。地獄じごくったら多分たぶんこのしゅ患者かんじゃおおいこととぞんじます。」

「この患者かんじゃにはんな手術しゅじゅつほどこすのでございますか?」

しゅとして磁気療法じきりょうほうならび暗示療法あんじりょうほうふたつであります。私達わたしたちはもちろん肉体にくたい欠陥けっかん霊体れいたいうつるものでないことを極力きょくりょく説明せつめいしてやります。たいていの霊魂れいこんはそれを会得えとくしますが、ただこの婦人ふじん精神せいしん非常ひじょうくもってるので容易よういにそれがめません。しかしいかに頑固がんこ疾患しっかんでも霊界れいかい手術しゅじゅつければやがて平癒へいゆします。手術しゅじゅつよりも、そのあとけねばならぬ教育きょういくほうはるか時間じかんようするように見受みうけられます。」

私達わしたちはそれからいくつもいくつも室々へやべや巡覧じゅんらんし、教授達きょうじゅたち講義こうぎなども傍聴ぼうちょうした。最後さいごわし同行どうこう博士はかせいてた。──

「ドーも地上ちじょう病院びょういんるように外科手術げかしゅじゅつっているのを見掛みかけませんが、あんなものの必要ひつようはないのですか?」

外科手術げかしゅじゅつ必要ひつようはありません。霊界れいかいでは最早もはやあんな不器用ぶきよう真似まねいたしません。勿論もちろん地上ちじょうでは多少たしょうその必要ひつようがあります。肉体にくたいというものの性質上せいしつじょうそれはいたかたがありません。ただドーも必要ひつよう以上いじょう外科手術げかしゅじゅつ濫用らんようする傾向けいこうがあります。霊体れいたいとなると余程よほど微妙びみょう方法ほうほうようし、矢鱈やたら切開せっかいしたり、切断せつだんしたりしても駄目だめです。地上ちじょう外科手術室げかしゅじゅつしつ幾分いくぶん類似るいじしたものは地獄じごくくとられます。」

病院びょういん説明せつめいはざッとこのへんでとどめてくことにしよう。くわしくべると大変たいへん時間じかんがかかる。かく霊界れいかい病院びょういんでは宗教的しゅうきょうてき勤行きんぎょうがなかなか大切たいせつ役目やくめってることを最後さいごくわえてくにとどめる。

わし病院びょういん境内けいだい博士はかせたもとわかち、それからここへもどってたのじゃ……。』


二十五 霊界の病院  (上)

目  次

二十六 無理な注文


心霊図書館: 連絡先