心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

十八 守護の天使

 叔父おじさんはいきついてふたたくちきました。──

今度こんどはおまえほうからなに問題もんだいはあるまいかナ?』

いこともございません。』とワアドこたえました。『わたし霊界こちらてこの風景ふうけいせっするのはこれで三回目かいめございますが、まだ一叔父おじさんを守護しゅごしてなさる天使てんし御姿おすがたせっしたことがございません。わたしがここにさいにはいつも御不在おるすなのでございますか?』

『そうでもない、ときどきはここにおえになる。げんいまもここにおいでじゃ。──守護神しゅごじんさま、どうぞおい心眼まなこをもすこひらいてやっていただきとうございます。』

 そういうとたちま何物なにものかがワアドうえせられたので、ちょっとめくらになりましたが、それがのぞかるると同時どうじにワアドいままでとはってかわり、ずッと視力しりょくくわわりました。

 不図ふとがつくと、叔父おじさんの背後うしろには満身まんしんただ光明ひかりからった偉大いだい崇厳そうごんなる天使てんし姿すがたあらわれてました。そのにまとえる衣裳いしょうはひッきりなしに色彩しきさいかわってありとあらゆるいろがそれからそれへとあらわれる!

 叔父おじさんにくらべると天使てんし姿すがたははるかにおおきい。が、すべてが円満えんまんで、すべてが具合ぐあい大振おおぶり──やや常人じようにんの三ぞうばいもあるかとおもわるるくらい、そしてその目鼻立めはなだちとったらいかなるギリシアの彫刻ちょうこくよりもうつくしい。雄々おおしくてしかも崇高けだかい。崇高けだかくてしかも優雅みやびている。にやけたところなどは味塵みじんもない。親切しんせつであると同時どうじりんとしたかお年寄としよりじみていないと同時どうじ若々わかわかしくもないかおである。はだ金色こんじき──人間にんげんはだいろとはまるでくらべものにならない。頭髪かみ髭髯ひげいずれも房々ふさふさとえもわれぬ立派りっぱさである。

 あまりに崇厳そうごん美麗びれいでとてもあらわすべき言葉ことばがないくらいでした。

うたがいもなくこれがいわゆる天使てんしというものに相違そういない……。』

 ワアドこころなかでそうおもうと同時どうじに、日頃ひごろくせ何所どこかにつばさはないものかしらとさがしましたが、そんなものはひとつもいてはませんでした。

 やがてたずねました。──

わたしにも守護神しゅごじんがあるのでございましょうか?』

 すると巨鐘きょしょうたるちからづよい音声おんせいがただ

よ!』

とひびきました。

 たちまちワアド背後うしろにはモー一人ひとりひかり姿すがたがありありとあらわれました。

 大体だいたいおいてそれは叔父おじさんの守護神しゅごじん姿すがたてはましたが、しかし目鼻立めはなだちそのがはっきりちがっていました。そして不思議ふしぎなことにはワアド何所どこかでかつ出会であったことがあるような、いうにわれぬしたしみをかんじました。が、それはおどろくべく変化へんかせいんだおかおで、同一おなじでありながらしかも間断かんだんなくかわる。ただの一瞬間しゅんかんだってそのままではないが、そのくせすこしもその特色ときしよくうしなわない。ワアドは、しかこの姿すがたゆめたのではないかしらとおもってましたが、ドーしてもおもすことはきませんのでした。髭髯ひげ叔父おじさんの守護神しゅごじんのにくらぶれば余程よほどみじかかったが、全身ぜんしんからほとばし光明ひかり人間にんげんよりはるかにおおきなお姿すがたなどはすべてがみな同様どうようでした。

 ワアド守護神しゅごじんはやがてそのをさしげ、れい巨鐘きょしょう音声おんせいわれました。──

『モー沢山たくさん………。なんじめに、ながるのはよろしくない!』

 ふたた天使てんしはそのであることがこのときはじめてわかったのでした)をワアドうえきました。そしてそのふたたのぞかれたときにはモー二人ふたり天使てんし姿すがたえて、ただ叔父おじさんと四辺あたり景色けしきとのみがもとのままにのこされました。

今日きょうはこれでわかれねばならぬ。』

 叔父おじさんはそうって、たちまちワアド身辺しんぺんから空中くうちゅうはるかに何所いずくともなくりました。

 ワアド四周あたりうるわしき景色けしきつめつつふかふか沈思ちんしうちにしばし自己おのれわすれてしまいました。


十七 問題の陸軍士官 (下)

目  次

十九 実務と信仰


心霊図書館: 連絡先