心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

十三 自分の葬式に参列

 これは二がつ二十一にち午後ごご叔父おじからの自動じどう書記しょきてき通信つうしんであります。霊界れいかいから出張しゅっちょうして自分じぶん肉体にくたい葬式そうしき参列さんれつしたという奇想きそう天外てんがいしき記事きじで、先入主せんにゅうしゅにとらはれた常識家じょうしきかをまわしそうなシロモノですが、しかしよくんでると情理じょうりそなわり、いかにも正確味せいかくみんでうたがいたいにもうたがうことのできないところがあります。できるだけ忠実ちゅうじつ紹介しょうかいすることにしましょう。──

わしはこれから自分じぶん葬式そうしき参列さんれつしたはなしをするが、そのことおこったのは、霊界こちらてから余程よほど日数にっすうたと自分じぶんにはおもわれている時分じぶんのことであった。

「これよりなんじなんじ葬式そうしきれてまいる。そろそろその準備よういをいたせ!」

『あるわし守護神しゅごじん突然とつぜん教室きょうしつあらわれて、わしにそうわれるのであった。わしむしろびッくりしてさけんだ。──

わたし葬式そうしきございますッて! そんなものはとうのむかしにんでしまったとおもいますが……。」

「イヤそうではない。霊界れいかいほうでは余程よほどながいようにおもえるであろうが、地上ちじょう時間じかんにすればなんじがここへてからわづかに三にしかならないのじゃ。」

霊界れいかい時間じかん……むしろ時間じかんしのヤリかたと、時間じかん厳守げんしゅする地上ちじょうのヤリかたとの相違そういてんわしがついたのは、このとき最初さいしょであった。地上ちじょうではたッた三にしかならぬというのに、わしはたしかにすう月間げつかん霊界こちら勉強べんきょうしてたようにおぼえたのじゃ。つひでにここでべてくが、霊界れいかいにはよるもなければひるもなく、また睡眠すいみんということもない。もっともこれはちょっとかんがえればすぐわかはなしで、霊魂れいこん地上ちじょう時分じぶんからけっしてねむりはせぬ。そしてからだとはちがって休息きうそく必要ひつようもない。

『さてわし守護神しゅごじん学校がっこう先生せんせい行先地ゆくさきちげてわし課業かぎょうやすませてもらうことにした。丁度ちょうどその時刻じこく課業かぎょうはじまりかけてたところで、地上ちじょう学校がっこうおなじように無断むだん欠席けっせき無論むろんゆるされないのである。

ぎの瞬間しゅんかんにわれわれはたちまわし地上ちじょう旧宅きゅうたくいた。最初さいしょ想像そうぞうしてたのとはちがって、エーテルかいつうじての長距離ちょうきょり旅行りょこうなどというものはまったしに、はなは簡単かんたん自分じぶん寝室しんしついてしまったのじゃ。そのとき随分ずいぶん不思議ふしぎかんじられたが、いまわしにはよくわかっている。われわれの世界せかい人間にんげん世界せかいとはけっして空間くうかんったようなものでへだてられてはしない。むしろ双方そうほうともどう空間くうかんるとってよかりそうなのじゃ。が、このてんはまだ充分じゅうぶん説明せつめいしてないとおもうからいつか機会きかいてくわしくべることにしよう。

わし旧宅きゅうたく内部なか家具類かぐるいがすっかり片付かたづけられて平生へいぜいとは大分だいぶ勝手かってちがっていた。不図ふとがつくと、其所そこには一つのかんがある。それにはおおきな白布しろぬのがかかってたが、わしはそれをとうして自分じぶん遺骸いがいをありありとみとめることがきた。

不思議ふしぎなことには最初さいしょ予期よきしてたほどには自分じぶん遺骸いがいがそうなつかしくなかった。ふる馴染なじみともったというよりかも、むしろ一大理石だいりせきざうでも見物けんぶつしてるようにおもわれてならなかった。

なんじいまやその任務にんむおわった。いよいよこれがお訣別わかれじゃ。」

わしはそう低声こごえってはたが、ドーもさっぱりじょうがうつらない。あべこべにほかかんがえがむらむらとむねうかんでてならなかった。

なんじはたしてわし親友しんゆうであったかしら……。それともなんじわし敵役かたきやくであったかしら……。」

『こんな薄情はくじょうらしいかんがえむね何所どこかでささやくのであった。かくわしはこれでいよいよ自由じゆううえだナというがしてうれしくてならなかった。

『しばらくしてわしほか人達ひとたちなにをしているか、それをたいになった。ぎの瞬間しゅんかんわし食堂しょくどうってたが、そこは弔客とむらいきゃく充満いっぱいなので、るべくその人達ひとたちからだれないように食卓しょくたく中央まんなかへんのところをねらって、下方したからうえけた。無論むろん食卓しょくたくなどはすこしもわし邪魔じゃまにはならない。人間にんげんからだとてもあたおそれはないのだが、ただ地上ちじょう生活せいかつあいだにつくられた習慣しゅうかんじょう群衆ぐんしゅなかとおるのはどうやらがさしてならないのであった。

其所そこわしのこらずの人々ひとびとた。おまえた。GもDもMもPもそのほか多数おおぜいた。が、其所そこもあんまり面白おもしろくもないので、わしはやがてつま居間いまであったへやってたが、ここも格別かくべつ感心かんしんもしない。仕方しかたがないのでわしまたフラフラとへやした。』


十二 霊界の学校 (五)

目  次

十三 自分の葬式に参列 (下)


心霊図書館: 連絡先