心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

九 霊界より見た人間の肉体

 叔父おじさんの霊界れいかいだん何所どこまでってもみな理詰りづめで、学究がくきゅうくさいが、そのかわりごまかしがない。ワアド質問しつもんぶりもどちらかとえばジミで、生真面目きまじめで、霊界れいかい真相しんそうあくまで現代人げんだいじん立場たちばから闡明せんめいしようとせいぜい努力どりょくして様子ようすあきらかにみとめられます。二がつ恍惚こうこつ状態じょうたいける霊夢れいむには、自動じどう書記しょきかんする親切しんせつ注意ちゅういやら、霊界れいかいから人間にんげん姿すがたかんする面白おもしろ観察かんさつやらがあらわれてて、なかなか有益ゆうえき参考さんこう資料しりょうたるをうしないません。これが当夜とうや二人ふたりあいだおこなわれた問答もんどう筆記ひっきであります。──

 叔父。『これから追々おいおいれい陸軍りくぐん士官しかんかかってもらって地獄じごく体験談たいけんだん自動じどう書記しょき発表はっぴょうしてもらうことになるじゃろうが、それをおまえるについては、Kさんその友達ともだちたのんで充分じゅうぶん監視かんしおこたらぬようにしてもらいたい。このしゅ仕事しごとには多少たしょう危険きけんともなうことはドーしてもまぬがれないから、くれぐれも油断ゆだんはせぬことじゃ。もっとも一々わし吩附いいつけ厳守げんしゅしてもらえばめったに間違まちがいおこりッこはないが……。

陸軍りくぐん士官しかん通信つうしんが一りん事実じじつ相違そういせぬことだけはわし保証ほしょうする。あのひとのは大部分だいぶぶん地獄じごくける体験談たいけんだんであるから、それを書物しょもつにして発表はっぴょうするときには、わし物語ものがたり混線こんせんせぬよう、とまとめにしてはなすがよい。わしのとはちがって波瀾はらん重畳ちょうじょうで、なかなか面白おもしろい。ある個所ところなどはたしかにジゴマ以上いじょうじゃ。もっともあのひと地獄じごく体験たいけんったところで、それで地獄じごく全部ぜんぶつくしてるというわけではないにきまっている。あのひとちた場所ばしょよりっとふかいところがあるかもれん。また霊魂れいこんかならずしもあのひとどう経験けいけんかさねてるともかぎるまい。しかしあのひと物語ものがたりをきいてると従来じゅうらい疑問ぎもんとされたたいていの不思議ふしぎ現象げんしょうたとえば幽霊ゆうれい屋敷やしきとか、憑依物つきものとか、たたりとかったような現象げんしょう内幕うちまくがよくわかる。

かく何人だれがおまえからだかかるにしても、わし始終しじゅうそばについているからすこしも心配しんぱいにはおよばない。ただわし吩附いいつけかたまもっていてもらいたい。──なんほか質問しつもんすることはあるまいかナ?』

 ワアド。叔父おじさん、あなたが自動じどう書記しょきをしてらっしゃるときに、ここにあつまっている人間にんげん姿すがたがあなたのにおえになりますか?』

 叔父。『そりャえます。──ただわしるのと、お前達まえたちるのとは、その見方みかたちがいます。私達わしたち人間にんげん正味しょうみのところをるが、お前達まえたち人間にんげん外面うわつらる。──そこがおおい相違そういするてんじゃ。 たとえば人間界にんげんかい美人びじんとして通用つうようするものが、しばしば私達わしたち醜婦しゅうふかんがえらるるようなのがすくなくない。

ようするに私達わしたち肉体にくたいよりはむし霊魂ソールるのじゃ。私達わしたちかられば肉体にくたい灰色はいいろ凝塊かたまりで、丁度ちょうどレントゲン光線こうせんてらしたときほねにくすかしてえるような塩梅あんばいじゃ。もちろん精神せいしん集注しゅうちゅうすれば私達わしたちにもときとして肉体にくたいがはっきりえぬではない。しかし正味しょうみみにく人間にんげんうつくしいものとることはドーしてもきない。彼等かれら霊魂れいこんみにくさが、そのにくとおしてありありといて、ドーしてもごまかしがかない……。

また私達わしたちにはたんきている人間にんげん宿やど霊魂れいこん姿すがたえるばかりではない。肉体にくたいてて独立どくりつしているいろいろの霊魂れいこん姿すがたももちろんすッかりえる。不思議ふしぎなのはある種類しゅるい人間にんげんだの、またある特殊とくしゅ場所ばしょだのがいろいろの霊魂れいこんせるちからがあることじゃ。人間にんげんほうではっともがつかずにるが、霊界こちらからるとなかなかにぎやかなものじゃ。無論むろんせられた霊魂れいこんにはいのもあればるいのもある。ひどいのになるとまるで百夜行やこうかんがある……。』

 そのばん問答もんどうはここでりとなり、叔父おじさんはワアドわかれて早速さっそく自分じぶん勉強べんきょうりかかったのでした。


八 叔父の臨終 (下)

目  次

十 霊界の図表 (上)


心霊図書館: 連絡先