心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

八 叔父の臨終

 まえ通信つうしんおい約束やくそくされたとおり、この自動じどう書記しょき同夜どうや午後ごごはじまり、叔父おじさんは、自分じぶん自身じしん臨終りんじゅう模様もようならび帰幽後きゆうごだい印象いんしょうといったようなものをきわめて率直そっちょくに、またすこぶ巧妙こうみょうかたしました。『とはなんぞや。』『死後しご人間にんげん何所いずこくか。』──これ痛切つうせつなる質問しつもんたいして満足まんぞくすべき解答かいとうあたえ、有力ゆうりょく参考さんこうになるものはひとり帰幽きゆうせる霊魂れいこん体験譚たいけんだんのみで、そうでないものは、西洋せいようったことのない人達ひとたち西洋せいよう物語ものがたり同様どうよう、いかに巧妙こうみょうでもさしたる価値かちみとめられません。叔父おじさんの霊界れいかい通信つうしんはこのへんからそろそろその真価しんか発揮はっきしてまいります。──

『それでは約束やくそくどおり、わし自身じしん臨終りんじゅう体験たいけん物語ものがたることにしましょう。わし最初さいしょまった意識いしきうしなってた。それがしばらくぎるとすこ回復かいふくしてた……。イヤ回復かいふくしたような気持きもちがした。頭脳あたまみょうにはッきりして近年きんねんにない気分きぶんなのじゃ。が、ういうものかからだおもくてしょうがない。するとそのおもみが次第しだい次第しだいせてた……。イヤただせるというのではなく、むしわしからだおもみのなかからるような気分きぶん……。丁度ちょうど濡手袋ぬれてぶくろから手首てくびすような塩梅あんばいになったのじゃ。やがてからだの一たんきゅうかるくなり、たいへんきいてた。

『さッきまではさッぱりわからなかった室内しつない模様もようだの、へやあつまっている人達ひとたち様子ようすだのがふたたしたナとおもった瞬間しゅんかん俄然がぜんとしてわし自由じゆう自在じざいになってしまった! 自分じぶんからだ寝台しんだいうえ横臥おうがし、そしてなにやら光線こうせんひもらしいものをくちからいてるではないか! と、そのひもは一瞬間しゅんかんビリビリと振動しんどうして、やがてプッリ! とれてくちから外方そとってしまった。

「いよいよこれが臨終りんじゅう御座ございます……」──たれやらが、そんなことをきながらった。わしはこのときはじめて自分じぶん死顔しにがおなるものをはッきりとたが、イヤ平生へいぜいかがみ見慣みなれているかおとはなんという相違そういであったろう! あれがはたして自分じぶんかしら……。わし実際じっさい自分じぶん自分じぶんまなこうたがいました。

『が、そうしているうちにもひしひしとかんぜらるるのは、なんとも名状めいじょうすべくもあらぬはげしいはげしいさむさであった。イヤそのときさむさとったらいまおもしてもぞっとする!』

 れいによりて友人ゆうじんのKならび人達ひとたちが、ワアド自動じどう書記しょき状況じょうきょう監視かんししてたのでありますが、このへん数行すうぎょうきつつあったあいだに、ワアド総身そうみさむさに戦慄おののき、そばるのもどくでたまらなかったといいます。

 自動じどう書記しょきおつづきました。

まったくそれは骨身ほねみしみさむさで、とてもそのかんじをくちふでつたえることはきない。なにつめたいとっても人間界にんげんかいにはそれに比較ひかくすべきものがない。わしひと法師ぼっち全裸体まるはだか、あたためてくれるひともなければまたあたたまるべき材料ざいりょうもない。ブルブルガタガタ! イヤそのあいだながかったこと、まるで何代なんだいかにわたるようにかんぜられた。

『と、にわかにそのさむさがいくらかしのぎよくなってた。そしてがついてるとだれやらわしそばっている……。イヤわしにはとてもこの光彩こうさい陸離りくりたる御方おんかた姿すがたえが力量ちからはない。そのときは一さい夢中むちゅうで、とん見当けんとうなにもつかなかったが、そのえずその御方おんかたのお侶伴ともをしているので、いまではすこしはわかってた……。イヤいまでも本当ほんとうわかってはしない。その御方おんかた姿すがた時々じじ刻々こくこくかわる。よッぽどよくつきとめたつもりでも、ぎの瞬間しゅんかんにはモーそれがかわってしまっていてつかまえどころがない。かすかにひらめく。パッとかがやく。キラリとひかる。お召物めしものも、おかおも、おからだわばじゃ、のかたまりじゃ。イヤではない、ひかりじゃ………。イヤひかりってもはッきりはしない。しかも一さい色彩しきさいがそのなかこもっている。──霊界こちらわしまもっていてくださるのはこんな立派りっぱ御方おんかたじゃ!』


七 五歳の女児
と無名の士官」

目  次

八 叔父の臨終 (下)


心霊図書館: 連絡先