心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

五 無名の陸軍士官

 三十分間ぷんかん休憩きゅうけいのち今度こんど質問しつもんヌキで自動じどう書記しょき開始かいしされました。とき午後ごご時半じはん

先刻さっきわし面白おもしろ人物じんぶつったとおまえったが、その人物じんぶついまわしのすぐそばている。もと立派りっぱ身分みぶんかたで、せき陸軍りくぐんいていたが、なに背徳はいとく行為こういがあったので、陸軍りくぐんから除名じょめい処分しょぶんけた。手初てはじめにかれ一人ひとり処女しょじょ結婚けっこんしてその財産ざいさんをまきげた。それから印度いんどって、ここでもまた一人ひとり婦人ふじんだまして金子かねしぼげ、また一人ひとり土人どじん殺害さつがいした。婦人ふじんけん官憲かんけんつけられたが、土人どじんけんやみからやみほうむられた。それから英国えいこくもどって泡沫ほうまつ会社かいしゃ製造せいぞうをたくらみ、さんざん貧乏人びんぼうにん金銭かねをまきげた挙句あげく法網ほうもうれて、五ねん懲役ちょうえきわたされた。つまほうから離婚りこん訴訟そしょうおこして、そのとおりになったのは在監中ざいかんちゅうのことであったそうな。

監獄かんごくると早速さっそく賭博場とばくじょうひらいた。が、それもたちま世間せけんれて、方々ほうぼう倶楽部くらぶから除名じょめい処分しょぶんけた。今度こんどなにやらの発明はつめいをした青年せいねんみ、しばらくその提灯ちょうちんちをしていたものの、結局けっきょくこれを殺害さつがいして発明品はつめいひんぬすみ、やがて資本家しほんか口説くどいて金子かねさせることにした。が、いよいよ契約けいやく証書しょうしょ調印ちょういんという段取だんどりすすんだときに、ロンドンのストランドがい自動車じどうしゃころされてしまった。んでもそれは当時とうじ出来立できたての乗合のりあい自動車じどうしゃであったそうな。ざっとういったうえなのじゃが、この人物じんぶつがおまえからだりて自動じどう書記しょきりたいというのじゃ。しばらくらせてることにしよう……。』

 ここまでいたとき筆蹟ひっせきががらり一ぺんして、速力そくりょく非常ひじょうくわわり、同時どうじにワアド態度たいどまでがまるで別人べつじんのようになりましたので、そばいてるK夫妻ふさい余程よほどおどろいたということであります。

 さてその文句もんくうでした。――

吾輩わがはいがちょっとこの肉体にくたいりてたが、なかなかうまくきません。吾輩わがはい面白おもしろ半分はんぶんためしてるだけである。吾輩わがはい生前せいぜん野獣やじゅうのような生涯しょうがいおくったものじゃ。そのつみほろぼしのきることがあれば、なにか一つやりたいとおもう。吾輩わがはいには自動じどう書記しょきがまだうまきない。吾輩わがはい生前せいぜん大失敗だいしっぱい歴史れきしのこした。しかしL助力じょりょくもって、かならずそのりかえしをる。これでLからだゆずる……。』

 叔父おじのLが交替こうたいして、ぎの文句もんくきつづけました。――

ことによると、只今ただいま人物じんぶつがおまえからだつたらせたかもれん。わし未熟みじゅくだが、このひとときては尚更なおさら未熟みじゅくである。霊界ここ修行しゅぎょうんでいないのでうもあらくてけない……。にしろ極度きょくど刑罰けいばつからしてたばかりで、只今ただいまのところでは精神せいしんすこしも落付おちついていないが、これでも霊界ここおだやかな空気くうきひたってればだんだん立派りっぱなものがけるようになるだろう。当人とうにんはやなにことをしたいとって一しょう懸命けんめいあせってるものだから、わしほうでもむをずちょっとらせてることになったのじゃ。後日ごじつ機会きかいて、変化へんかんだその閲歴えつれきべさせることにしましょう。わしのとはまるきり種類しゅるいちがっているから面白おもしろい。霊界こちらたのはかえってわしよりも先輩せんぱいじゃ。んだのはたしか一九〇五ねん明治めいじ三十八ねん)で、乗合のりあい自動車じどうしゃはじめて運転うんてん開始かいしした時分じぶんじゃとってる。イヤこのひと風評うわさですっかり時間じかんをつぶしてしもうた。今日きょうはこれでおわりじゃ。』

 それがんだのは午後ごご時半じはんでした。ちなみみぎ陸軍りくぐん士官しかん死後しご体験たいけん本書ほんしょ後篇こうへんまとめられてあります。


四 信仰の意義

目  次

六 霊界の分野(上)


心霊図書館: 連絡先