心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

四 信仰の意義

 ワアド自動じどう書記しょき最初さいしょの一二かいのぞけば全然ぜんぜん無意識むいしき状態じょうたいったのですが、これはひと自動じどう書記しょきかぎらず、あらゆる神懸かみがか現象げんしょうおいてそうなることがのぞましいようであります。人間にんげんからだ使つかみちが二たとおりあります。おおざッぱにいうとこう頭脳あたま使用しようするやりかたおつ頭脳あたま使用しようせぬやりかたであります。頭脳あたま使用しようするのは平生へいぜいわれわれがりつけの方法ほうほうで、学問がくもん研究けんきゅうだの、事務じむ処理しょりだのはみなこれでくのが本当ほんとうであります。頭脳あたま使用しようせぬのは変態中へんたいちゅう変態へんたいで、そのとき人間にんげんからだが一つの機械きかいかわりをし、これうごかすところ原動力げんどうりょくからはいってまいります。それがすなわ神懸かみがか現象げんしょうであります。そんなさいにはできるだけ本人ほんにん意識いしきかげかくれ、かかってるところのものをして自由じゆう手腕しゅわんふるわしむることがのぞましいことはもうすまでもありません。

 自動じどう書記しょきにもふかいのとあさいのといろいろあります。あさいのになると、本人ほんにん自身じしん意識いしき混入こんにゅうして不純性ふじゅんせいびることをまぬがれません。ドーシてもじゅんじゅんなる自動じどう書記しょき産物さんぶつようとするには当人とうにん全然ぜんぜん無意識むいしき恍惚こうこつ状態じょうたいはいり、からだ全体ぜんたい憑依霊ひょういれい貸切かしきりにする必要ひつようがあります。ただんな場合ばあいには心霊しんれい問題もんだいたいして充分じゅうぶん理解りかい同情どうじょうとをゆうする立合人たちあいにんそばりにして監視かんしおこたらぬことがなにより肝腎かんじんであります。さもないことには無抵抗むていこう本人ほんにんからだ憑依霊ひょういれいめにんなイタズラをされるかれたものではありません。ワアド場合ばあいにはさいわいK夫妻ふさい立合人たちあいにんとしてあらゆる警戒けいかい保護ほごにんあたりつつありましたので大変たいへん好都合こうつごうであったのであります。

 一がつ二十四にはK居宅きょたく自動じどう書記しょきおこなわれましたが、そのさいの三箇条かじょう質問しつもん紙片しへんいて提出ていしゅつされました。

 一、P何処どこにましたか?

 二、あなたが『信仰しんこう』とおっつしゃるのはどういう意味いみですか。なに信仰しんこうすることです?

 三、あなたは祖先そせん親戚しんせき史上しじょう人物じんぶつにおいになりましたか?

 みぎたいする返答へんじはやがてぎのごとあらわれました。――

わし出掛でかけてましたよ。だい一の質問しつもんかんしてはじき調しらべてあげる。それからだい三の質問しつもんじゃが、わしはまだ歴史上れきしじょう知名ちめい人物じんぶつにはいません。しかしそれはきないのではない。もっとうえくみすすめばきっとえるとおもう。――ア、いまPさんからきいたが、同氏どうし極東ファーイースト……日本にほんんだとってる。

近頃ちかごろわし仕事しごとたいへん順調じゅんちょうにすすんでる。ぎの月曜日げつようびにはまたかならずおまえのところへかけます。ときわしはおまえにきかせることがあるが、じつはホンの昨今さくこんしたくみから私達わしたち境涯ところあがって一人ひとりおとこがある。それがまた素的すてき面白おもしろ人物じんぶつで、きて時分じぶんには極端きょくたん悪漢わるものじゃったということで、死後しごいろいろのおそろしいっている。そのはなしあまりに面白おもしろいものだから、わし目下もくかしきりに根掘ねほ葉掘はほりほじくってきいてるところじゃ。それからだい二の質問しつもんじゃが、信仰しんこうというのはつまり死後しご生活せいかつしんじ、かみしんずることで、べつあたらしいものではない。すべて人間にんげん真先まっさきになんでもいいから信仰しんこうがかりをつけることじゃ。信仰しんこうしさえすれば、その対象たいしょうんでもかまわない。野蛮人やばんじんのやってる動植物どうしょくぶつや、無生物むせいぶつ信仰しんこうでも無信仰むしんこうよりはまだましじゃ。しかしおまえ大分だいぶつかれたネ。三十分間ぷんかんばかりやすんでからモ一るとしよう。』

 それで一たん自動じどう書記しょき中止ちゅうしされました。みぎ自動じどう書記しょき正味しょうみりのままのものであることは、立合人たちあいにんのK自筆じひつ証明しょうめいあたえてります。またPという人物じんぶつ日本にほんんだということは、当時とうじワアドにも立合人たちあいにんにもわからなかったが、後日ごじつ調査ちょうさ結果けっか正確せいかく事実じじつであることが立証りっしょうされました。


三 自動書記の開始

目  次

五 無名の陸軍士官


心霊図書館: 連絡先