心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 上編

(上編)叔父さんの住む霊界

二 規則の異った世界

 まえゆめてから丁度ちょうど週間目しゅうかんめ、一がつ十九にちばんにワアドまた恍惚こうこつ状態じょうたいおい叔父おじ姿すがたました。二人ふたりあいだには早速さっそくれい問答もんどうです。――

 ワアド。『いかがでございます、不相変あいかわらず御勉強ごべんきょうですか?』

 叔父。『さァ、あま捗々はかばかしくもないがネ……。』

 ワアド。わたしは――というよりも私達わたしたちはあなたにおきしたいことが沢山たくさんございますが……。』

 叔父。んでもくがよい。ただうまくわし返答へんじができればよいが……。』

 ワアド。『一たい叔父おじさん、あなたは目下いま何処どこらっしゃるのです? 何所どこ遠方えんぱうからおましになるのですか?』

 叔父。『そうでもない。わし始終しじゅうここる。私達わしたち世界せかいとお前達まえたち世界せかいとははなれたものではない、ただちがった規則きそく司配しはいされている。私達わしたち世界せかいには時間じかん空間くうかんとが存在そんざいしない。こんなことははなは陳腐ふるくさくきこえるじゃろうが、真理しんりというものは大抵たいていみなそうしたものじゃ。真理しんりであるから、いずれの時代じだいにもてはまる。』

 ワアド。『しかし叔父おじさん、あなたはいまここにおでなさるでしょう。それなら空間くうかん存在そんざいしてるではありませんか?』

 叔父。『さァわれわれ霊界れいかいものは、一の思想しそうのかたまり、もしくは思想しそうのつながりとおもってもらえばよかろう。大概たいがいそれで見当けんとうがつくじゃろう。いま前達まえたち地上ちじょうでロンドンのことかんがえる。するとお前達まえたちにロンドンの光景こうけいうかんでる。そのてんまではわれわれとお前達まえたちとがよくる。しかしお前達まえたちって霊妙れいみょう機能はたらき肉体にくたいおさえつけられてるので、ロンドンにおこりつつある時々じじ刻々こくこく変化へんかまではわからない。――おまえはあの精神感応テレパシーというものをってるとおもうが……』

 ワアド。ってります。』

 叔父。『あれじゃ、あの精神感応法テレパシーほうですべてがわかる。あれはわれわれ霊界れいかいものってる能力のうりょく発露はつろしたもので、霊界れいかい物質界ぶっしつかいとの連絡れんらくはあれでれるのじゃ。おまえっとるとおり、霊媒的れいばいてき素質そしつものには遠方えんぱう事柄ことがら感識かんしきされる。ところが霊界れいかいものにはだれにでもそれがきる。私達わしたちはその方法ほうほう意思いしつううので、言葉ことばというものは全然ぜんぜん使つかわない。バイブルにもそんなこといてあろうがナ。それで霊界れいかいではうそいたり、かれたりすることがまるきりきない。――が、これだけの説明せつめいではまだ不充分ふじゅうぶんである。霊界れいかいでは個々ここ思想しそうことごと独立どくりつして存在そんざいし、そして思想しそうかたちことごとえるのじゃ。霊界れいかい刑罰けいばつしゅとしてこれでおこなわれる。自分じぶんおかしたつみるいかんがえがありありとかたちあらわれる。しかもその附帯ふたい物件ぶっけんまでがうつる……。』

 ワアド。付帯物件ふたいぶつけんもうしますと……。』

 叔父。『さァわし自身じしんはじをさらすのもきまりがわるいから、りに架空かくうの一れいいて説明せつめいするが、たとえばここ一人ひとりおとこ生前せいぜん殺人罪さつじんざいおかしたと仮定かていする。するとたんにその犯行はんこうばかりでなく、その犯行はんこうおこった周囲しゅうい状況じょうきょう――たとえばへやだの、什器じゅうきだのにいたるまですっかり形態かたちあらわれるのじゃ。』

 ワアド。実際じっさいつみおかしたのと、ただ犯意はんいだけにとどまるものとのあいだには、何等なんらかの相違そういございますか?』

 叔父。『さァそれは一がいにもわれまいナ。たとえばおまえ劣情れつじょう打勝うちかってなにかのつみおかしかけても、おまえ良心りょうしん最後さいごにそれをおさえつけたとすれば、そんな場合ばあいには自分じぶんるい思想しそうかたちったのちで、やがてまた自分じぶん思想しそうかたちってるから、こころ余程よほどなぐさめられるわけじゃ。ところがなにかの故障こしょうめに犯行はんこうかったとしても、犯意はんい存在そんざいする場合ばあいには、それをすものがないからなかなかくるしいに相違そういない。――かく霊界れいかいものは、自分じぶん自身じしんつくげた一つの世界せかいむのじゃ。したがって自分じぶんつくった世界せかい周囲しゅうい人達ひとたちつくった世界せかいちかければちかいだけ道連みちづれがおおくてさびしくない……。孤独こどく霊界れいかいでは一ばん刑罰けいばつじゃ。欠点きずのあるものでも他人ひとあいして友達ともだちをこしらえておけば、霊界れいかいでそれだけの報酬むくいる。』


一 誕生日と命日 (下)

目  次

二 規則の異った世界(下)


心霊図書館: 連絡先