心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 解説

死後の世界

 五 著者からの来信

 ついでに一八二五ねんがつ十八にち日附ひづけでワアドから訳者やくしゃおくられた長文ちょうぶん書簡しょかんの一せつ抄訳しょうやくして読者どくしゃ諸氏しょし御紹介ごしょうかいいたします。――

『……日本国にほんこくにも貴下あなたうな心霊しんれい研究けんきゅう熱心ねっしんなる鼓吹者こすいしゃがあって、そのひとから懇篤こんとくなる手紙てがみいただくことはわたしにとりてまこと光栄こうえい至極しごくであります。わたし直感ちょくかんでは、地上ちじょうかずある国土こくどうちで、にか卓抜たくばつ優秀ゆうしゅう心霊しんれい事実じじつ世界せかい供給きょうきゅうするもののひとつはかならず貴国きこくであらねばならぬとぞんじます。わたし貴国きこく心霊しんれい研究者けんきゅうしゃたち営利えいり売名ばいめい横道よこみちはいらず、世界せかい人類じんるい先頭せんとうちて貴重きちょうなるこの新興しんこう学問がくもん大成たいせい貢献こうけんせられんことを切望せっぼうしてまぬものであります。

『ここにでてわたしから御注意ごちゅういするまでもありますまいが、貴国きこくおい心霊しんれい研究けんきゅう遂行すいこうするにはできだけ帰幽きゆうせる貴国きこく先輩者せんぱいしゃたちのお宗教的しゅうきょうてき儀式ぎしき尊重そんちょうすることが肝要かんようぞんじます。たとえば日本にほん死者達ししゃたちおおくは生前せいぜんかならず神道しんとうもしくは仏教ぶっきょう信者しんじゃであったでしょう。したがって神道しんたうならば祝詞のりと仏教ぶっきょうならばその経文きょうもんまた題目だいもくなどをとなえるのが、きッと彼我ひがあいだ共鳴的きょうめいてき通路つうろつくることになりましょう。しも日本にほん心霊しんれい研究者けんきゅうしゃたち西洋せいようりゅう讃美歌さんびかでもとなえたならかえってあべこべの結果けっかはらむに相違そういないとぞんじます。顕幽けんゆう両界りょうかい交通こうつう大部分だいぶぶん精神せいしん感応かんおう結果けっかです。ゆえなにはともあれ、先方せんぽうとの意気いき投合とうごう必要ひつよう条件じょうけんです。世間せけん心霊しんれい研究者けんきゅうしゃのあるもの全然ぜんぜんこのてん無視むししてかかるようですが、実験じっけん実修じっしゅうからおすすみになられた貴下あなたとしてはかならずわたし意見いけん御賛成ごさんせいくださること確信かくしんしてうたがいませぬ。

わたしの二著書ちょしょ老練ろうれんなる貴下あなたによりて日本語にほんご翻訳ほんやく紹介しょうかいせられ、日頃ひごろわたし敬愛けいあいする貴国民きこくみんあいだ流布るふするということはまことにこのうえなきよろこびであります。おのぞみならば序文じょぶんでもいておくりましょう。おなじく心霊上しんれいじょう研究けんきゅうもうしましても、われわれ欧米人おうべいじんのヤリかた東洋流とうようりゅうのヤリかたとはそのおもむきがよほど相違そういしてるでしょう。このさいわたし著書ちょしょがどちらのヤリかたにも堪能たんのうなる貴下あなたによりて紹介しょうかいされるというのはかえすがえすも幸福こうふくわねばなりません。

残念ざんねんなことにはわたし東洋とうよう方面ほうめんはラングーンまでしかったことがありません。が、いつかうるわしい貴国きこく機会きかいがあることとしんじます。貴国きこくこうむりたるかの大災厄だいさいやくたいしては同情どうじょうえませんが、貴国民きこくみん鋭意えいいその回復かいふくつとめられてるとの事故じこならずもととおりの繁栄はんえいることとしんじます。復旧ふっきゅう工事こうじできだけ日本にほん建築けんちく特色とくしょく保存ほぞんし、西洋せいよう諸国しょこく山河さんがきずつけつつあるような、あんな醜悪しゅうあく造営物ぞうえいぶつけられることを切望せっぼうしてみませぬ。……』


4 著者の態度

目  次

上篇 一 誕生日と命日


心霊図書館: 連絡先