心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 解説

死後の世界

四 著者の態度

 ワアド霊界れいかい探検たんけん続篇ぞくへん『サパルターン・イン・スピリット・ランド』になが序文じょぶんいております。そして自分じぶん立場たちばから心霊しんれい問題もんだいにつきてなかなかくわしく意見いけんいておりますから、その紹介しょうかいしてくことにいたします。―

わたしおとうとはわれわれをまくところの「未知みち世界せかい」とさらあたらしいひとつの連鎖れんさつくることになりました。おとうとったのは霊界れいかいではなく、幽界ゆうかいほうですから、自然しぜんわたし注意ちゅうい後者こうしゃ集注しゅうちゅうされました。幽界ゆうかい当時とうじ戦歿者せんぼつしゃ霊魂れいこん充満じゅうまんし、全然ぜんぜん変調へんちょうていしていましたが、それがかえってあとのこっているわれわれにり一そう興味きょうみふかかんぜられるのであります。

わたし自身じしんで一ねんうち近親みうちのものを三にんまでうしなっておるのですから、ぐる五ヶねん戦役中せんえきちゅう、いかにおおくの人達ひとたちかなしいおもいをなされているかはよくおさっしすることができます。わたしには読者どくしゃおおくの方々かたがためぐまれていないひとつの長所ちょうしょがあります。わたし幽界ゆうかい出掛でかけてって、のあたり死者ししゃ霊魂れいこんとおはなしができるのです。それでありながわたしひとにもつらいものとかんじます。しからばわたしのような真似まねのできない方々かたがた悲痛ひつうさらにいかばかりふかいでありましょう!

わたし本書ほんしょ発表はっぴょうするにいたった動機どうきは、わたし同様どうよう不幸ふこう境涯きょうがいにある方々かたがたにいささかでも慰安いあんあたえたいとかんじたからであります。わたしおとうとぬるずッと以前いぜんから死者ししゃけっしてぬものでないことをよくぞんじていました。しかし死者ししゃ幽界ゆうかいでどんなふう生活せいかつおくっているかは当時とうじわたしにはよくわかりませんでした。幽界ゆうかい事情じじょうはA霊魂れいこんならび陸軍りくぐん将校しょうこう霊魂れいこんからの消息しょうそくによりてすこしばかりわかっているだけで、わたし知識ちしきしゅとして霊界れいかいほうかぎられていました。戦闘せんとう状態じょうたい幽界ゆうかいにつきては何等なんら知識ちしきもありませんでした。

わたしあらわした「ゴーン・ウェスト」の売行うれゆき莫大ばくだいであったと同時どうじに、多数たすう読者どくしゃから奨励しょうれい手紙てがみめぐまれたところからさっすれば余程よほど同書どうしょ世間せけん注意ちゅういいたことはわかります。一たいわれわれが死後しご世界せかい真相しんそう世間せけん発表はっぴょうするについては、一ぱん普通人ふつうじんならびかく既成きせい宗教しゅうきょう牧師達ぼくしたちからの非難ひなん攻撃こうげき覚悟かくごしてかからねばなりませぬ。ときには愚物ぐぶつとしてあざけられ、ときにはまた妖術者ようじゅつしゃとして排斥はいせきされます。はなはだしいのになると少々しょうしょうじるしではないかとうたがわれます。が、これはあたらしい真理しんり最初さいしょ是非ぜひとも遭遇そうぐうせねばならぬ道程どうていであります。とはえ、わたしはまるきり普通ふつう平凡へいぼん人間にんげんであります。すなわ実業界じつぎょうかいき、複雑ふくざつなる現世的げんせてき事務じむ処理しょりしてくことによりて生計せいけいてているところのただの人間にんげんであります。為替かわせ相場そうば変動へんどう原料げんりょう仕入先しいれさき、独逸人どいつじん貿易ぼうえき発展策はってんさく貿易上ぼうえきじょう統計表とうけいひょう――此等これら平生へいぜいわたし関与かんよして問題もんだいで、わたしがこんな事柄ことがらにつきて論文ろんぶんなり、報告ほうこくなりをきますと、方々ほうぼう貿易ぼうえき雑誌ざっし商業しょうぎょう雑誌ざっしよろこんで採用さいよう掲載けいさいしてくれます。

わたしここ自白じはくしますが、たん金銭上きんせんじょう見地けんちからえば心霊上しんれいじょう書物しょもつくよりも、南米なんべいける英国えいこく貿易ぼうえき進展策しんてんさくとかなんとかいうものをふたみっいたほうはるかに有利ゆうりなのであります。わたし謝礼しゃれい目的もくてきとする職業しょくぎょう霊媒れいばいではないのであります。読者どくしゃ諸君しょくんが、わたし会食かいしょくでもなさる場合ばあいに、わたしなに申上もうしあげなかったならば、おおくの多忙たぼうなる事務的じむてき人間にんげん何等なんら相違点そういてんのないことを発見はっけんされるでありましょう。はたしてしからば、所謂いわゆる批評家ひひょうかたちわたし頭脳ずのう健全けんぜんうたがわるるのはいわれなきことではありますまいか? 普通ふつう明晰めいせき健実けんじつなる実業的じつぎょうてき脳力のうりょくが、心霊しんれい現象げんしょう研究けんきゅうするときかぎりて混乱こんらんきたしたり、詐欺的さぎてき方面ほうめんせたりするという理窟りくつがあるでしょうか? しこの霊界れいかい消息しょうそく真実しんじつでなく、またかなしみにちたる現世界げんせかい人達ひとたちなんやくにもたぬものとかんじたなら、わたしだんじて自分じぶん自身じしんりて絶対ぜったい神聖しんせいなる此等これら文書ぶんしょ公表こうひょうはしなかったでありましょう。

『それはそうとわたしふでれる死後しご生活せいかつ描写びょうしゃ――これがはたして不自然ふしぜんなものでありましょうか? わたしところではこれは絶対ぜったい合理的ごうりてきであり、われわれが幼時ようじ頭脳ずのうなか注入ちゅうにゅうされた天堂てんどう地獄じごくとう空漠くうばくにしてうそらしき物語ものがたりよりも比較ひかくにならぬほど有力ゆうりょくなものであるとかんぜられます。在来ざいらい既成きせい宗教しゅうきょう死後しご生活せいかつきて何等なんら合理的ごうりてき物語ものがたりをわれわれにおしえない。そのてんかんしては羅馬ローマ旧教きゅうきょうが一ばん結構けっこうだとぞんじますが、そのおしゆるところおおくはわたし入手にゅうしゅしつつある通信つうしんによりてはじめて証明しょうめいあたえられます。これようするに、公平こうへいえば羅馬ローマ旧教きゅうきょうは一かっ門戸もんこひらいたが、のちふたたこれとざし、往時おうじ予言者よげんしゃたちがもらしたところのち人達ひとたちによりて曲解きょくかいされたり、誤解ごかいされたりしてかげもないものになってしまったというべきでありましょう。

 大体だいたいおい既成きせい宗教しゅうきょう人類じんるいくちからはっせらるるもっと痛切つうせつ質疑しつぎ――死後しごわれわれは何所いずこくか? というといたいして何等なんら解答かいとうあたえてない。吾々われわれ暗黒あんこくよりでて暗黒あんこくかえる。何所いずこよりきたり、何所いずこくかほとんわからないというのが実際じっさい事実じじつであります。既成きせい宗教しゅうきょうにして人間にんげん痛切つうせつなるこの質疑しつぎこたうることがきない以上いじょう宗教家しゅうきょうか以外いがいのものがこの要望ようぼうあたるよりほか致方いたしかたがありますまい。われわれはすで科学的かがくてき眼光がんこうもって「自然しぜん」の秘密ひみつあばきました。これとどう筆法ひっぽうで「」の最大さいだい秘密ひみつあばこうではありませんか。この仕事しごとすですで着手ちゃくしゅされてります。日毎ひごと真面目まじめなる研究者けんきゅうしゃかずくわわり、日毎ひごとあたらしい発見はっけんあらわれつつあります。宗教者しゅうきょうしゃりゅうがこの大事業だいじぎょう参加さんか協力きょうりょくすることをこばむならば、遺憾いかんながら真理しんり目覚めざめたるわれわれのみで勇往ゆうおう邁進まいしんしようではありませんか。

いまあたらしき黎明れいめいひらけつつあります。そして至重しちょう至貴しき知識ちしき吾人ごじん掌裡しょうりしつつあります。ほかでもないそれは死後しご生命せいめい連続れんぞくということの信仰しんこうにあらずして実証じっしょうであります。

霊界れいかい通信つうしんたいして屡々しばしばみみにするところ非難ひなんひとツは、各自かくじえがところ相違点そういてんがあるということです。しかしなが批評家ひひょうかたちひろくそれ諸書しょしょ通読つうどくするならば、重要じゅうようなる諸点しょてんおいことごとく一してり、ただ部分的ぶぶんてき相違そういがあるにぎないことを発見はっけんするでありましょう。この「未知みち世界せかい」は広大こうだい無辺むへんであります。てん存在そんざいすることはむし当然とうぜんでありましょう。火星かせい住民じゅうみんがわが地球ちきゅう数人すうにん特派員とくはいんおくり、地球ちきゅう住民じゅうみん状況じょうきょう無電むでん報道ほうどうせしめたと仮定かていするならば、火星かせい新聞紙しんぶんしおそらく霊界れいかい通信つうしんたいすると同様どうよう酷評こくひょうくだすでありましょう。

こころみに火星かせい新聞しんぶん記事きじ模様もよう忖度そんたくするならばおそらくんな塩梅あんばいではありますまいか。――近頃ちかごろ地球ちきゅう探検たんけん出掛でかけたとしょうする迷信家めいしんかれんれる通信つうしんなるものはじつ荒唐無稽こうとうむけい辻褄つじつまわぬことはなはだしきものである。数人すうにん通信つうしんほとんどその各部分かくぶぶんおい矛盾むじゅんしてる。こう通信つうしんには地球ちきゅうは一の砂漠さばくみずいとある。おつ通信つうしんには地球ちきゅう草木そうもく鬱生うっせいした、じめじめした林野りんやだとある。へい通信つうしんには地球ちきゅうは一の氷原ひょうげんで、その住民じゅうみん毛皮けがわるとある。そうかとおもえばてい地球ちきゅう住民じゅうみんくろぼう陋屋ろうおくんでるとい、機械類きかいるい運輸うんゆ交通こうつう機関きかん完備かんびして大都市だいとし模様もようなどを面白おもしろべている。人間にんげん空中くうちゅうぶなどという報告ほうこくがあるかとおもえば、地上ちじょう人間にんげん黄色おうしょくで、ほとんど機械類きかいるいなどを所有しょゆうせず、くだらない村落そんらく生活せいかついとなんでるなどとも報告ほうこくする。てッきりこれは詐欺さぎにあらずんば狂人きょうじん囈言たわごとぎない……。

ところが、事実じじつ火星かせい特派とくは通信員つうしんいんが、それぞれサハラの砂漠さばく、ロンドン、コンゴー、支那、グリーンランドとう各地かくち着陸ちゃくりくして見聞けんぶんしたままを報告ほうこくしただけのことで、記事きじ相違そういしていることがかえってきわめて合理的ごうりてきなのであります。』

 わたしはこのワアド言説げんせつ余程よほどもっともなところがあるとかんずるものであります。ワアド職業しょくぎょう宗教家しゅうきょうかたち新聞しんぶん記者達きしゃたち態度たいどには余程よほど手古摺てこずっている様子ようすえますが、このてんおいては英国えいこくでも日本にほんでもあま相違そういはないようです。


3 著者が接したる霊界の人物

目  次

5 著者からの来信


心霊図書館: 連絡先