心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 解説

死後の世界

 三 著者が接したる霊界の人物

 ワアド霊界れいかいならび幽界ゆうかいおい接触せっしょくした人物じんぶつ余程よほど多数たすうのぼりますが、おおくの場合ばあいおいてそのひと名誉めいよおもんずるめに生前せいぜん実名じつめい素破すっぱかず、たん略字りゃくじのみが使用しようされてります。

 だい一に紹介しょうかいせねばならぬ人物じんぶつ同氏どうし叔父おじにして同時どうじ妻君さいくんちちたりしLで、このひとは一九一四ねんがつ死亡しぼうしたのであります。ワアド霊界れいかい探検たんけんおこなうにいたりましたのはしゅとしてこの叔父おじ斡旋あっせんにかかり、つねにこのひと霊魂れいこん霊界れいかいでワアドきまわしてります。余程よほど世故せこにもけ、またすこぶ事理じりかいせる好老こうろう紳士しんしらしいひとですが、生前せいぜんあま信仰しんこう問題もんだい歯牙しがにかけず、死後しご余程よほどマゴついた様子ようすえます。当人とうにんもこれではけないとがついたので、生前せいぜんつみほろぼしのめに、自分じぶんおい霊媒的れいばいてき天分てんぶん豊富ほうふってるところに着眼ちゃくがんし、これ媒介ばいかいとして現幽げんゆう交通こうつうみちこうずることになったのであります。ワアド霊界れいかいおいていろいろの人物じんぶつ面会めんかいしますが大抵たいていこの叔父おじさんがわきいて顧問役こもんやくけん案内役あんないやくつとめてれます。このひとしゅとして霊界スピリット・プレーンだい段目だんめ――はん信仰しんこう境地きょうちきて説明役せつめいやく受持うけもってります。

 ぎに重要じゅうようなる霊界れいかい人物じんぶつはワアド実弟じっていなるレックス中尉ちゅういであります。このひとまえにもべたとおり一九一六ねん和蘭オランダ塹壕内ざんごうない戦死せんしし、その霊魂れいこんおおくの戦友せんゆう霊魂れいこんおなじく幽界アストラル・プレーンだいだん執着境しゅうちゃくきょうからすすんでだいだんちょう執着境しゅうちゃくきょう居住きょじゅうしてります。したがって其等それら境地きょうち状況じょうきょうもっとくわしくこのひとによりて調査ちょうさ探窮たんきゅうせられ、それがあにのワアド報告ほうこくせられ、ここ霊界れいかい文学ぶんがくとして前後ぜんご匹儔ひっちゅうてる大文字だいもんじ作成さくせいしてります。

 ワアドはは――このひとまたレックス中尉が戦死せんししたと同年どうねんあき帰幽きゆうし、幽界ゆうかいだい段目だんめおいてレックスと邂逅かいこうし、非常ひじょう有意義ゆういぎなる幾多いくた経驗けいけんかさねてります。ワアド叔父おじ霊魂れいこん相携あいたずさへて屡々しばしばははおとうと面会めんかいし、んだところ不可思議ふかしぎなる一団欒だんらんたのしみをあじわってるのです。小説しょうせつてしかも小説しょうせつでなく、空想くうそうえてけっして空想くうそうではなく、人間界にんげんかい出現しゅつげんせる文字もんじなかおよそこれくらい奇抜きばつ意味いみ深長しんちょうで、そして興味きょうみ津々しんしんたるものはめったに見当みあたりません。

 地獄じごくならび幽界ゆうかい罪悪ざいあく方面ほうめん体験者たいけんしゃとしては匿名とくめいぼう陸軍りくぐん士官しかんります。このひと生前せいぜんおい大変たいへん悪漢わるもので、殺人さつじん誘拐ゆうかい詐欺さぎ其他そのたいろいろの悪行あくぎょうかさね、監獄かんごくにもれられたことがあり、またかっ印度いんど日本にほんとうにもるそうです。死後しご地獄じごくち、非常ひじょうにつらいっていますが、のち改悟かいごしてつみほろぼしのめに霊界れいかい目覚めざましい大活動だいかつどう開始かいししたのであります。叔父おじ霊魂れいこん紹介しょうかいによりワアドこのひと霊魂れいこん交通こうつう往来おうらいし、幾多いくた豊富ほうふなる珍材料ちんざいりょうれてります。

 ほか霊界れいかいだい段目だんめにいるPだの、霊界れいかい最上さいじょうきょうぼう僧侶そうりょだの、また幽界ゆうかい平凡へいぼんところにいるAだのというのがあり、そのほかチョイチョイかおすものが沢山たくさんありますが、それは記事きじうち次第しだいわかってまいりましょう。


2 死後の世界

目  次

4 著者の態度


心霊図書館: 連絡先