心霊図書館 ≫「死後の世界」≫ 解説

死後の世界

 一 ワアド氏の人物とその霊能

 近年きんねん欧米おうべい諸国しょこくにはそれぞれ特殊とくしゅ方法ほうほうもっ霊界れいかい消息しょうそくさぐもの雲霞うんかごと蔟出ぞくしゅつし、程度ていどまでその裏面りめん状況じょうきょうことできるようになりましたが、しかしそのなか嶄然ざんぜんとしてぐんくのかんあるものはたしかにジエ・エス・エム・ワアドであろうとわしかんがえます。同氏どうし剣橋ケンブリッジ大学だいがくのトリニティ・ホールのスカラアであり、バチェラア・オブ・アーツの学位がくいゆうしてります。世界せかい霊媒れいばい沢山たくさんありますが、学識がくしき頭脳ずのう品格ひんかくとうそなわり一のただの人間にんげんとしても、しもされもせぬというものはほとんど見当みあたりません。このてんのみでもワアドおおい注目ちゅうもくあたいします。はたせるかな同氏どうし霊界れいかい探検たんけんさいりて条理じょうり整然せいぜんくわうるにその文芸的ぶんげいてき手腕しゅわんあなどるべからざるものがあり、幽界ゆうかい状況じょうきょう躍如やくじょとして紙面しめんうかるのかんがあります。同氏どうし著作ちょさく目下もくかほど出版しゅっぱんされてります。すなわち『ゴーン・ウェスト』とその続編ぞくへんの『サバルタァーン・イン・スピリット・ランド』がそれであります。わたしはじめてこれにせっしたのは一さく大正たいしょう十二ねんなつで、その価値かち甚大じんだいなるに驚歎きょうたん早速さっそくこれ本邦ほんぽう読者どくしゃ紹介しょうかいしたいとおもったのですが、たまたまれい大震だいしん火災かさい勃発ぼっぱつしてなにも一さい焼失しょうしつしました。その同書どうしょ再注文さいちゅうもんはっし、ようや大正たいしょう十三ねんあきこれ入手にゅうしゅしたような次第しだいであります。すでわたしからは直接ちょくせつワアド何回なんかい交渉こうしょうかさね、前記ぜんき名著めいちょ翻訳ほんやく紹介しょうかいかんしてはその快諾かいだくけてあります。

 霊媒的れいばいてき素質そしつ元来がんらい天稟てんぴんで、一の宿命しゅくめいであり、約束やくそくであるようです。ワアド場合ばあいおいてもべつ同氏どうしこれ修得しゅとくすべく努力どりょくしたからその能力のうりょくたというわけではなく、むし同氏どうし叔父おじあたるL霊魂れいこんがワアド霊媒的れいばいてき能力のうりょくのあること察知さっちし、霊界れいかいほうから面倒めんどう同氏どうしをしてこの貴重きちょうなる通信つうしんおこなわしめたのであります。ただしワアド多年たねん心霊上しんれいじょう諸問題しょもんだい没頭ぼっとうしてたことは勿論もちろんであります。

 同氏どうし霊界れいかい探検たんけん方法ほうほうこれを三しゅわかるようです。すなわ霊視れいし能力のうりょく自動じどう書記しょきならび霊魂れいこん遊離ゆうりみっつであります。

 一、霊視れいし能力のうりょく――これは髣髴ほうふつとしてワアド心眼しんがん霊界れいかいの一えいずるのでありまして、最初さいしょ自身じしん普通ふつうゆめかとかんがえたのですが、それが自分じぶん叔父おじ死亡しぼうせる毎月曜まいげつようりかえされ、しかも全然ぜんぜん明瞭めいりょう正確せいかく連続的れんぞくてきで、前回ぜんかいゆめつづきが次回じかいあらわれてるのです。ゆめなかるものはしゅとして霊界れいかい状況じょうきょうで、前人ぜんじん未発みはつ原野げんや縦横じゅうおう探窮たんきゅうし、そしてそれがことごと正確せいかくであったのです。

 二、自動じどう書記しょき――ワアドのは全然ぜんぜん無意識むいしき恍惚こうこつ状態じょうたいはいりてこれおこなうので、したがって当人とうにん意識いしき全然ぜんぜん混入こんにゅうしてりませぬ。一心理しんり学者がくしゃなどはすぐにこれ潜在せんざい意識説いしきせつなどに帰着きちゃくせしめんとしますが、それは無理むりであります。ワアド自身じしん潜在せんざい意識説いしきせつには大反対説だいはんたいせついだいてります。氏は『ゴーン・ウェスト』の序文じょぶんなかべてります。――『わたし潜在せんざい意識いしきなるものの存在そんざいみとめますが、しかしおおくの場合ばあいおいこの言葉ことば科学者かがくしゃたち普通ふつう物理的ぶつりてき法則ほうそくもっ説明せつめいざる現象げんしょう説明せつめいするに使用しようするひとつのカラクリです。科学者かがくしゃたち其等それら現象げんしょう霊魂れいこん所為しょいであるとみとめることをきらってるのです。よし潜在せんざい意識説いしきせつ最高さいこう価値かち見積みつもってたところで、わたしたる霊界れいかい消息しょうそく――かく方面ほうめん研究けんきゅう結果けっか全然ぜんぜん正確せいかくなりとみとめられたる消息しょうそく出所しゅっしょ説明せつめいすることはきません。わたしここおおくの実例中じつれいちゅうから一れいげます。それはPというひと霊魂れいこんからわたしあたえられた通信つうしんの一せつですが、それにはうあります――。

わたし(Pの霊魂れいこん)は当地とうちおい会合かいごうせる一友人ゆうじん姓名せいめい貴下きかにおらせしますがかれ浸礼しんれい教徒きょうとであって、そのをリチャルド・グレシャム・バアカーとい、一八〇七ねんがつ二十うまれであります。かつてノッティンガムの執行官シェリッフであり、またバビングトンで炭坑たんこう支配人しはいにんをつとめたことがあります。かれは一八九二ねんがつ二十一にちもっし、その兄弟きょうだいのジョンというひとは二ノッティンガムの市長しちょうをつとめました。」

 みぎ霊界れいかい通信つうしんは百ぽう調査ちょうさ結果けっか寸分すんぶん事実じじつ相違そういないことが証明しょうめいされました。この一事丈じだけでも潜在せんざい意識説いしきせつ打破だはするに充分じゅうぶんです。』云々うんぬん

 三、霊魂れいこん遊離ゆうり――これがワアド最後さいご発揮はっきした能力のうりょくで、『ゴーン・ウェスト』の一にもそれがありますがことにその続編ぞくへんたる『サバルターン・イン・スピリット・ランド』の全部ぜんぶしゅとしてこの方法ほうほう出来できあがってります。これは恍惚こうこつ状態じょうたいおい同氏どうし霊魂れいこん肉体にくたいから離脱りだつし、霊界れいかい実地じっち探検たんけんおこなうのであります。ワアド実弟じっていのレックスというひと陸軍りくぐん中尉ちゅういで一九一六ねんがつ欧州おうしゅう戦場せんじょう戦死せんしげましたが、ワアド恍惚こうこつ状態じょうたいおいてしばしばこの実弟じってい霊界れいかい会合かいごうし、つね相携あいたずさえて種々しゅじゅ雑多ざった実験じっけん調査ちょうさあたりました。ワアド霊能れいのうここいたりて最高潮さいこうちょうたっしてるようで、記事きじ精確せいかく観察かんさつ鋭利えいりまたその描写びょうしゃたくみなることは到底とうてい空漠くうばくたる普通ふつう神懸かみがかりの産物さんぶつ同日どうじつだんずべくもありませぬ。全篇ぜんぺん何処どこ通読つうどくしてもあだやおろそかな文字もんじ見当みあたりませぬが、わたしはそのなかとく本邦ほんぽう心霊しんれい研究家けんきゅうかりて多大ただい参考さんこうになる部分ぶぶんを、順次じゅんじ紹介しょうかいしてきたいとぞんじます。


「死後の世界」

目  次

2 死後の世界


心霊図書館: 連絡先