明道会問題一束

 昭和五年十二月十七日夜「東京心霊科学協会」の忘年懇話会が市ヶ谷八幡社務所で開かれ、五十余名の出席者があった。晩餐後同会の会員で明道会と関係ある佐藤一郎氏から明道会の成立次第並にその事業に就きての報告があった。又会員の岡野建虎氏から先般来明道会で試みつつある霊写真の実験報告があった。同協会者では右に対して各出席者の意見及び感想を求めたが、本誌の〆切までに集まったのは僅かに左の数篇に過ぎなかった。紙数に限りがあるのでその要点のみを抄出紹介する。この点寄稿者諸氏の御諒恕を乞う。(記者誌)


◇明道会についての一考察

粕川 章子

◇雑誌「国教」の主張を難す

浅野正恭


明道会事件の学術的批判

(四) 明道会の主張

 

明道会についての一考察


心霊図書館: 連絡先