心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第五巻

◆流行

 △流行というものは何所から来り、ちらの方面に移って行くのか、その正体の捕え難きことはたしかにバケモノ以上である。恐らく流行の背後には余ほど有力な超物質的原動力でも控えて居るのであろうが、心理学者や霊学者の間にもまだ定説は出来て居ないようだ。

 △流行の本体の何であるかは別問題として流行の結果丈は印刷術の進歩のお蔭ですぐ判るような仕掛になっている。曰く新聞、曰く雑誌、曰く各種各様の宣伝ビラ………。就中最後のものが一番軽便安値である丈それ丈何より早く流行の先駈をする。毎朝くばらるる新聞折込みの広告ビラ丈見て居てもほぼ世の風潮の向う所がつかめるかも知れない。

 △流行物にも種類はもちろん幾通りもあるようだが、近頃めきめき眼につき出したものの一つはたしかに霊的方面の事柄の流行である。曰く妖怪小説、曰く神秘物語、曰く心霊療法並に健康法、曰く霊術伝授……。活字屋さんにきいたら、きっと「霊」だの、「魂」だの、「怪」だの「奇」だの、「秘」だの、「密」だのという活字の製造がめっきり殖えたと答えるに相違ない。

 △この流行が単なる一時的のものとして案外尻切トンボに終るか、それとも他日何かもっとしっかりしたものに結晶するかは容易に逆賭し得る限りでないが、すくなくとも識者の見のがし難き一の面白い社会現象には相違ない。

(憑  虚)


底本: 雑誌 「心霊と人生」 第五巻第二号

発行: 1927(昭和3)年2月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 入力:いさお      2009年2月23日

※ 公開:新かな版    2009年3月8日


心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第五巻

心霊図書館: 連絡先