心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第四巻

編輯室より

▽例年のことですが、いよいよ今年も三伏の酷暑期に入りました。皆様から暑中御見舞を戴きますが、私の方では怠り勝ちでまことに相済みません。略儀ながらここで厚く御礼申上げます。

▽さなきだに暑き最中、御面倒なことを皆さまにお願いするのはいかがと存じますが、実は是非とも心霊事実の報道をお依みしたいのであります。日本国で一番遺憾なことの一つは、あたら大切な心霊資料を記録にとどめず闇から闇へと葬りてしまうことであります。私どもとしても常に最善をつくしつつありますが、これはこの道に理解ある読者諸氏の御助力なしには到底完全にできる筈がありません資料の集まると否とは一にかかりて諸君の双肩にあります。

お資料以外においても感想なり、意見なりドシドシ御投稿を願います。できる丈紙面を割きて、完全に本誌を日本心霊界の機関誌として恥かしからぬものにしたいと存じます。くれぐれも御依頼します。

(二・八・五 憑虚)


底本: 雑誌 「心霊と人生」 第四巻第九号

発行: 1926(昭和2)年9月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、章毎にページを分け、箇条書きに改行を加え、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、強調表記に、置き換えました。

※ 入力:いさお      2008年10月6日

※ 公開:新かな版    2008年11月11日


心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第四巻

心霊図書館: 連絡先