心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第三巻

謹告

――個人雑誌の名称を廃めて自由な共同機関とすること――

――実生活との接触を深くして心霊問題を民衆化すること――

 昨年六月本会が大坂から東京に引移ると共に、周囲の事情止むことを得ず私が会の番犬として個人雑誌の銘を打って雑誌の発行をつづけてまいりましたが、幸に大過なくしてここに一年を送りました。これは偏に会員並に読者諸氏の深厚なる御同情の賜であります。

 この一年間に心霊問題に対する一般の理解と興味とがめっきり加わって来ましたことは御同様大慶の至りでございます。日本に於ける心霊熱は昨年の今時分と只今とではほとんど隔世の感があります。殊に最近に至りて本誌のめに全精力を傾けて尽瘁してくださ ろうという特志家が一人ならず現われましたことは誠に歓ぶべき事柄でございます。時勢はうして暗黙の間に進展しつつあるのでしょう。

 就きては丁度ちょうど満一週年に該当する七月号から私の個人雑誌という名称を撤廃して本誌を会員読者その他一般特志家の自由な共有機関とし、同時にできる丈実生活との接触を深くして心霊問題の民衆化をつとめることに致しました。これは恐らく皆様の御賛同を博し得ることと信じます。何卒皆様に於かれましても本誌を御自分のものとして愛養撫育されることを切にお願い致します。日本でたッた一つのこのしゅの雑誌を立派に仕立て上げるも上げざるも皆様の御尽力次第できまります。

  大正十五年六月

浅野和三郎誌


底本: 雑誌 「心霊と人生」 第三巻第六号

発行: 1925(大正15)年6月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ HTML化に際して、白丸傍点表記を、強調表記に置き換えました。

※ 入力:いさお      2007年12月18日

※ 公開:新かな版    2008年2月14日


心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第三巻

心霊図書館: 連絡先