心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第三巻

編輯室より

△二月もあわただしく過ぎて早くもモー原稿〆切の期日になってしまいました。近頃東京附近は近年に稀なる好晴つづき、出入往来にはすこぶる好都合ですが、そのかわり空気が乾き過ぎて塵埃が多く、風邪が相当跋扈しているようです。お蔭様で私は頑健で、とも角も独力で編輯へんしゅうと実験とに忙殺されていますから御安心を願います。

△本誌は昨年の十月号までは博文館印刷所で印刷していましたが、その博文館が共同印刷となり、お気の毒にも近頃労働争議で業務を休んで居ります。これには多数の雑誌社が迷惑し、三月号休刊の向きもあるとききますが、本誌は印刷所を他にかえていましために幸にその厄を免れました。これも御安心をお願いします。

△一月から二月にかけては私は例の四年越しの宿題、品川守道さんの『刀剣引寄』の実験遂行に努力し、二月一日品川さんの守護神に願って、いよいよ二月二十一日午後二時からこれを実行する運びになりました。科学画報社と主婦之友社とがこの仕事に共鳴されて種々の便宜を与えられたことはここに斯学の為めに大慶の次第であります。ただ遺憾なことは場所の都合で立会人員を限定すべく余儀なくされる事です。

△但し今後は機会を見てボツボツ各地で実験会を催す筈ですから、順次に皆様の御出場をお願いすることができようと存じます。その点悪しからず御諒察をお願いします。お実験の成績はつとめて詳細に誌上で御報告致します 。

(憑 虚)


底本: 雑誌 「心霊と人生」 第三巻第三号

発行: 1925(大正15)年3月1日 心霊科学研究会

※ 青空文庫の「旧字、旧仮名で書かれた作品を、現代表記にあらためる際の作業指針」に準拠して、底本の旧字表記をあらためました。

※ 底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ また、HTML化に際して、底本中の傍点表記を、下線表記に、白丸傍点表記を、強調表記に、黒丸傍点表記を、下線付強調表記に置き換えました。

※ 入力:いさお      2007年12月18日

※ 公開:新かな版    2008年1月12日


心霊図書館雑誌総合案内> 「心霊と人生・第三巻

心霊図書館: 連絡先